ケア資格ナビ> 介護予防ガイド> 介護予防の資格「介護予防運動指導員」と「介護予防指導士」の違い

介護予防の資格「介護予防運動指導員」と「介護予防指導士」の違い

Kaigoyobo Shikaku
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

高齢化が進み介護人材の不足がますます叫ばれる中、要介護状態にならずに元気で豊かな生活を送ることのできる高齢者を増やすことが大切です。そこで国で注力しているのが介護予防です。
介護予防とは、高齢者が要介護・要支援状態になることを予防、そして要介護・要支援状態の軽減や悪化防止を目的として行う活動全般のことをいいます

介護予防には関連した資格があります。基本的な知識から実践的な予防プログラムなども学べることから、介護従事者にも注目されている資格です。今回は人気の2つの資格「介護予防運動指導員」と「介護予防指導士」について、紹介していきましょう。

「介護予防運動指導員」講習概要

介護予防運動指導員は東京都健康長寿医療センター研究所がカリキュラムを開発。資格を取得すると高齢者筋力向上プログラムの実施、トレーニングの指導、介護予防プログラムの効果測定などができます。

取得方法

上記研究所が指定したスクール、団体で全講習を受講後、1時間の修了試験に合格すると取得できます。不合格の場合は初回受験年月日から1年以内なら再受験が可能。なお、3年ごとに登録の更新が必要です。

講習期間

合計31.5時間の講義を5日間~約1カ月で受講します。

受講内容

科目・講座名 時間
介護予防概論 講義0.75時間
介護予防評価学 講義1.5時間
実習1.5時間
介護予防統計学 講義1.5時間
行動科学 講義1.5時間
リスクマネジメント 講義1.5時間
高齢者筋力向上トレーニング 講義1.5時間
実習10.5時間
転倒予防 講義1.5時間
プログラム実習1.5時間
失禁予防 講義1.5時間
プログラム実習1.5時間
高齢者の栄養改善活動 講義1.5時間
口腔機能向上 講義1.5時間
認知症予防 講義1.5時間
うつ・閉じこもり 講義0.75時間
合計 31.5時間

受講資格

医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士介護福祉士、精神保健福祉士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、ケアマネージャー(介護支援専門員)、健康運動指導士等、介護職員基礎研修課程修了者、実務者研修修了者、訪問介護員2級以上あるいは初任者研修修了者で実務経験2年(主任運動指導員は実務経験3年)以上の人、および上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)

介護や医療、福祉関係の資格保有者が対象で、介護関係の資格の場合は実務経験が必要です。資格取得のためには一定以上の知識と実務経験が必要だと考えられます。

参考 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター

合格率

合格率は正式には公表されていませんが、修了試験は講習内容を理解しているかどうかを確認する試験なので、合格するには「すべての講習をしっかり学ぶこと」「不得意分野がある場合は復習をすること」が大切です。

「介護予防指導士」講習概要

介護予防指導士講習は、日本介護予防協会が介護予防を推進する人材を育成すること目的に開講しています。資格取得後は筋力訓練指導、ストレッチ、転倒予防などの指導を行うことができます。

取得方法

受講証明書および認定証は、すべての科目を受講された人に授与されます。
試験はありません

講習期間

合計21.5時間の講座を3日間で受講します。

受講内容

科目 時間
介護予防概論 2.5時間
ストレッチング 2時間
筋力訓練指導 2.5時間
測定と評価 2.5時間
救急蘇生 2時間
栄養ケア 1.5時間
口腔ケア 2時間
リハビリテーション 3時間
転倒予防 2時間
認知症ケア 1.5時間
合計 21.5時間

受講対象者

介護福祉士初任者研修修了者、ヘルパー1級・2級、ケアマネージャー(介護支援専門員)などの 介護に関わる資格を有する人。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、あん摩・マッサージ指圧師、社会福祉士、社会福祉主事、歯科衛生士、栄養士、保健師、医師・歯科医師などの医療系、看護師などの看護系の資格、レクリエーション系の資格、健康運動指導士などの運動指導系 の資格を有する人。
※上記以外も相談可能 問い合わせ先:日本介護予防協会

参考 特定非営利活動法人 日本介護予防協会

介護や医療、福祉関係の資格保有者が対象となっており、資格取得のためには一定以上の知識が必要だと考えられます。

「介護予防運動指導員」と「介護予防指導士」どっちがいいの?

「介護予防運動指導員」と「介護予防指導士」は、何がどう違うのでしょうか?
以下の表をご覧ください。

条件 介護予防運動指導員 介護予防指導士
受講資格 介護の資格には実務経験が必要なものもあり 実務経験は問わない
受講時間 31.5時間 21.5時間
受講日数 5日~1カ月程度 3日~
修了試験 あり なし


2つの資格を比較すると、介護予防指導士は短時間で受講でき、修了試験がないので、手軽に受講できる資格と言えます。
一方、介護の資格で介護予防運動指導員の受講を考えている人には、実務経験が必要なものがあります。介護予防運動指導員は大手の求人サイトでも募集のある資格なので、受講資格を満たしている人は、仕事として実績のある介護予防運動指導員を受講するのも良いでしょう

どちらの資格も、高齢者の要介護状態の予防に必要な指導能力を身に付けることができます。超高齢化社会を迎えるにあたり、今後、地域社会に貢献したい人は注目の資格です!

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護予防>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.