ケア資格ナビ> 介護予防ガイド

介護予防とは?最短4日間で資格を取得!

  • 介護保険制度改正でニーズが上昇中!今すぐ始めて4日間で取得「介護予防」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護予防とは?

介護予防とは、高齢者の要介護状態を予防するさまざまな取り組みのことです。心身機能を改善したり、今の状態をできるだけ維持することを目的としています

今までの介護予防は、心身機能の改善を目的とした機能回復訓練を中心に行われてきました。これからの介護予防は、心身機能の改善だけでなく高齢者が趣味や生きがい、役割を持って生活できるよう家庭や社会参加を促すことも重要とされています。

介護予防のポイント
  • 要介護状態の軽減、悪化の防止
  • 日常生活の活動を増やすための生活環境の調整
  • 生きがいや役割を持って参加できる居場所づくり

高齢者が地域社会とつながりを持てる居場所に参加し、社会的な役割を持つことで、高齢者は生き生きと暮らすことができ結果として介護予防につながります。

国でも地域の高齢者が参加できる「通いの場」を充実させることを推進しています。介護施設だけでなく、通いの場などでも介護予防プログラムを実施できる人材が求められており、介護予防の資格は注目を集めています

コロナ禍における介護予防

新型コロナウィルスの流行により、高齢者は長い期間外出を控えることとなりました。運動や人とのつながりが減ったことにより、心身機能が低下し要介護状態へ移行するリスクが非常に高くなっている状況です。

このリスクを回避するために、多くの自治体では介護予防の取り組みを開始しています。 感染対策に十分注意しながら少人数での介護予防教室を開催したり、自宅でできる介護予防を自治体のホームページなどで紹介しています。

2021年の介護報酬改定も自立支援は重要項目!

2018年度の介護報酬改定では、高齢者が住み慣れた地域でできるだけ長く暮らせるよう、自立支援や重度化防止がテーマのひとつとされていました。
2021年度に行われる改定では、

  • 地域包括ケアシステムの推進
  • 自立支援・重度化防止の推進
  • 介護人材の確保・介護現場の革新
  • 制度の安定性・持続可能性の確保

が主要テーマとされており、新型コロナウィルスなどの影響から「感染症や災害への対応力強化」も加えられると見られています。

自立支援・重度化防止の推進の要となるのが「介護予防」です。高齢者の自立に欠かせない介護予防の重要性は、今後ますます高まっていくと言えます。

介護予防の資格について

介護予防の資格には、最短3日で取得できる「介護予防指導士」や、より専門性の高い「介護予防運動指導員」などがあります。
介護予防の資格を取得するには、まずはスクール講座を受講しましょう。講座の受講後または受講後に修了試験に合格することで、資格を取得することができます。

介護職員におすすめの「介護予防運動指導員」

介護の資格を持っている人に特におすすめなのが、介護資格が受講要件にもなっている「介護予防運動指導員」の資格です。
講座では介護予防の意義や役割、行動科学や具体的な手法を学ぶことができます。高齢者の筋力向上トレーニングなどを学べ、介護予防のトレーニングを実施できる知識とスキルが身に付きます。

東京都健康長寿医療センターが発行するテキストを用いて、17講座31.5時間の講習を受けます。修了試験に合格すると、介護予防運動指導員として認定されます。

おもな介護予防の資格の種類

通信 通学 資格を取得するには 特徴
介護予防運動指導員 修了試験に合格すること
  • 東京都健康長寿医療センター研究所の養成講座
  • 受講に医療系や介護・福祉系の資格が必要
  • 3年ごとに登録更新が必要
介護予防指導士 講座をすべて受講
  • 日本介護予防協会主催
  • 受講日数3日
  • 誰でも受講可能
介護予防指導員 * 修了試験に合格すること
  • 受講日数3日
  • 講師育成講座もある
  • 誰でも受講可能
介護予防健康アドバイザー 資格認定試験となる修了課題あり
  • 修了課題は合格するまで何度も在宅で受験可能
  • 誰でも受講可能

*介護予防指導員の講座は地域によっては通信講座のみの紹介になっています。

介護予防運動指導員についてはこちら >>

介護予防運動指導員と介護予防指導士の違いについて詳しくはこちら >>

介護予防の資格は就転職に役立つ!

デイサービスや施設などでは介護予防プログラムを行うところが増えています。資格を取得することで介護予防の指導ができることが証明され、就転職の際に有利に働きます。実際に指導する際にも自信が持てるようになります。 また、スクールによっては就職サポートを行っているところもあり、求人を紹介してくれることもあります。

すでに保有している介護系資格に加え介護予防の資格を取得することで、専門知識の幅が広がりスキルアップにもつながります。

資格を生かす場所

  • 介護予防通所介護(デイサービス)
  • 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
  • 介護予防訪問介護
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設などの施設
  • 地域包括センター
  • 病院
  • 地域の通いの場 など
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防の講座について

介護予防の講座を受講すると、高齢者に介護予防のトレーニングやアドバイスができる知識と技術を身に付けることができます
通信講座と通学講座があり、通信講座の受講でもしも分からないところが出てきても、メールで質問できるなどのサポート体制もあります。通学講座では、実際に介護施設等で指導の経験がある講師から、講義と演習を受けることができます。

受講料が減額に!?

講座の中には、介護関連の資格を持っている場合は一部講座や受講料が減額されるものや、60歳以上の人、学生などが割引になるものがあります。
スクール講座の資料を請求して、利用できる割引制度を確認しましょう。

介護予防資格の需要と将来性

高齢者人口が年々増えるなか、介護が必要な人を少しでも減らすために「介護を予防する」という考え方がスタンダードになりつつあります。

介護保険制度でも、要介護と要支援の一部が介護予防サービスに移行しており、予防に重点が置かれる仕組みになっています。介護予防は大きな役割を持っているため、今後とも介護予防の指導ができる人材は需要が高まることが予想されます。

「地域の通いの場」も増えていくと見られ、介護予防プログラムが実施される機会も増えていくと見られています。介護予防の資格は、いま注目の資格となっています。

参考:厚生労働省 これからの介護予防

 2018年度介護報酬改定について詳しくはこちら>>

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

介護予防資格を取得したら

介護予防資格を取得すると、認知症予防プログラムの立案やトレーニング指導を行えるため、さまざまな場所での活躍が期待できます。プラスアルファのスキルを身に付け、活躍の場を広げられることから介護職員として働く人にもおすすめしたい資格です。

活躍できる介護施設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.