ケア資格ナビ> 介護予防ガイド

介護予防指導員など介護予防の資格を3日間で取得

  • 介護保険制度改正でニーズが上昇中!今すぐ始めて3日間で取得「介護予防」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

2018年度介護報酬改定のテーマは自立支援!

2018年度の介護報酬改定では、高齢者が住み慣れた地域で長く生き生きと暮らせるよう、自立支援や重度化防止に重点が置かれ、介護予防資格も注目の資格となっています。またリハビリにより要介護度が改善した場合に、介護事業所に対し介護報酬を加算する施策も開始されます。このことからも、事業所が自立支援の取り組み、つまり介護予防にも力を入れることが考えられます。

 2018年度介護報酬改定について詳しくはこちら>>

介護予防の資格

介護予防とは、高齢者が要介護状態にならないように予防したり、介護が必要な人の症状悪化を防いだり、回復を目指すことです。運動能力や栄養状態を改善することで心身機能を維持・改善するとともに、高齢者ができるだけ長く自立した生活を送ることを目指します。

介護予防の資格には、最短3日で取得できる「介護予防指導員」や、より専門性の高い「介護予防運動指導員」(3年ごとに登録更新が必要)などがあります。
介護予防運動指導員についてはこちら >>

介護予防の知識と技術を習得するには、スクール講座を受講します。講座をすべて受講する、または修了試験に合格することで、修了証や認定証が交付されます。

ケア資格ナビで紹介している
介護予防の資格の種類

通信 通学 資格を取得するには 特徴
介護予防指導員 * 講座最終日の修了試験に合格すること
  • 受講日数3日
  • 講師育成講座もある
  • 誰でも受講可能
介護予防運動指導員 講座最終日の修了試験に合格すること
  • 東京都健康長寿医療センター研究所が提供する養成講座
介護予防健康アドバイザー 資格認定試験となる修了課題に合格すること
  • 資格取得の試験も在宅受験
  • 誰でも受講可能

*介護予防指導員の講座は地域によっては通信講座のみの紹介になっています。

就転職に有利

一部の介護予防の資格には受験要件に介護や福祉系の資格があります。すでに保有している介護や福祉系の資格に加え介護予防の資格を取得することで、専門知識が豊富にあることが証明され就転職に有利になります。また、デイサービスや施設などで介護予防プログラムを行うことも増えており、介護予防の指導ができることは、就転職の際のアピールに役立ちます

資格を生かす場所

  • 介護予防通所介護(デイサービス)
  • 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設などの施設
  • 地域包括センター
  • 病院
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防の資格を取得する方法

介護予防の資格は、スクールで実施されている講座を受講して取得します。

受講要件

資格によっては受講資格がある講座もあります。例えば介護予防運動指導員の講座では、医療系あるいは介護・福祉系の資格が必要です。

受講費用と期間

スクールや団体によって異なります。

資格取得方法

講座の受講や修了試験に合格することで、資格を取得できます。

介護予防の講座について

介護予防の講座では、高齢者に介護予防のトレーニングやアドバイスができる知識と技術を身に付けることができます。通信講座の場合、もしも分からないところが出てきても、メールで質問できるなどのサポート体制もあります。通学講座では実際に介護施設等で指導の経験がある講師から講義と演習を受けることができます。

受講内容

詳細はスクールにより異なりますが以下のような内容を学びます。

  • 介護予防概論
  • 行動科学
  • 栄養学
  • 口腔ケア
  • 高齢者筋力向上トレーニング講義・実技
  • 転倒予防講義・実技
  • 認知症予防

受講料が減額に!?

講座の中には、介護関連の資格を持っている場合は一部講座や受講料が減額されるものや、60歳以上の人、学生などが割引になるものがあります。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防の資格を取得するとできること

主に高齢者施設の機能訓練スタッフや高齢者向けのスポーツトレーナーとして、下記のようなプログラムの立案からトレーニング、そして効果測定を行うことができます。

  • 介護予防プログラムの立案
    高齢者の心身機能の低下を予防するために、プログラムを立案します。プログラムの内容は、身体的なトレーニングから栄養状態の改善、認知症予防まで幅広く網羅しています。
  • 介護予防プログラムの実施
    運動機能を向上する筋力トレーニングやストレッチ、栄養指導などを実施していきます。
  • 事前・事後評価を行う
    トレーニングが終了したら、トレーニング前と比べてプログラムがどの程度の効果を上げたのか評価します。

介護予防の資格単体での求人はあまり見かけませんが、上記の場所などで介護予防の知識を生かすことができます。
また高齢者向けプログラムのあるスポーツクラブや自治体主催の運動教室では、講師として求人が出されることもあります。

なぜ今、介護予防の資格を取得するべきなのか

増え続ける介護保険料の給付を少しでも減らし、介護保険制度を持続させるために、国では要介護・要支援者をできるだけ増やさないことを目標に取り組みを行っています。そのような流れから、介護予防の分野は注目されるようになりました。
2017年から始まった総合事業では、地域で支え合う体制作りを推進し、高齢者が住み慣れた地域で生き生きと暮らすことを目指しています。
自宅で自立して暮らし続けていくためには介護予防の取り組みは重要で、介護予防の知識を備えた人材は今後ますます需要が増えると見込まれます

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

介護予防資格を取得したら

介護予防資格を取得すると、認知症予防プログラムの立案やトレーニング指導を行えるため、さまざまな場所での活躍が期待できます。プラスアルファのスキルを身に付け、活躍の場を広げられることから介護職員として働く人にもおすすめしたい資格です。

活躍できる介護施設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.