ケア資格ナビ> 登録販売者ガイド> 登録販売者の仕事内容を詳しく解説!薬剤師との違いも確認!

登録販売者の仕事内容を詳しく解説!薬剤師との違いも確認!

Shigoto
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

登録販売者は2009年の薬事法改正で生まれた資格です。
登録販売者は薬剤師の代わりにドラッグストアなどで薬を販売することができますが、ほかにはどのような仕事をしているのでしょうか? 薬剤師と仕事の違いはあるのでしょうか?

こちらの記事では登録販売者の仕事内容をはじめ、職場での一日の流れや薬剤師との仕事の違いなどについてご紹介します。

目次

登録販売者の仕事内容は?メインは医薬品の販売

ドラッグストアや薬局など薬を売る店舗には登録販売者がいる必要がある登録販売者がドラッグストアなどでレジ打ちをしたり、品出しをしている姿を目にすることがあると思います。それらももちろん仕事内容のひとつですが、登録販売者が行うメインの仕事は、一般医薬品(第2類・第3類のみ)の販売業務です。

医薬品は資格がない方だけで販売することはできず、ドラッグストアや薬局など薬を売る店舗には、必ず有資格者がいる必要があります。

登録販売者が扱う一般医薬品とは、医師の処方箋がなくても購入できる市販薬で、その中でも第2類・第3類の一般医薬品になります。第2類・第3類の一般医薬品は第1類と比べて飲み合わせや副作用のリスクが低めのものになります。

登録販売者は第1類医薬品の販売はできませんが、ドラッグストアなどで扱う医薬品は第2類と第3類で9割以上を占めますので、店舗にあるほとんどの商品は扱えることになります。

医薬品の販売のほか、登録販売者は以下のような仕事をします。

登録販売者のおもな仕事
  • 医薬品販売
  • 医薬品の情報提供
  • 医薬品選びのサポート
  • 商品の補充
  • 商品の在庫管理
  • マネジメント業務(管理者)
など

メインは医薬品の販売や医薬品選びのサポート

登録販売者はドラッグストアなどに来店したお客様に、薬の成分や飲み合わせ、服薬の注意など薬に関する情報を提供します。困っているお客様には薬選びのサポートをするなどの接客・販売をします。

接客の合間に商品の補充も行う

ドラッグストアのようにさまざまな商品を扱う店舗で働く場合は、薬だけでなく日用品や食品などを含めた商品の販売業務になります。レジ打ちや接客業務をこなしながら、同時に商品の補充や発注業務なども行います。

パートでも在庫管理を行うこともあり

なお、在庫管理や発注業務に関しては、パートやアルバイトも行う店舗もあればそうでない店舗もあります。その店舗の店長により、まかせる業務は変わってくることがあります。

管理者や正社員はマネジメント業務も行う

正社員や店舗管理者は、在庫管理や売上管理など店舗運営に関わる仕事や、他のスタッフの管理などのマネジメント業務まで仕事は広がります。

登録販売者が活躍できる職場は?職場によって仕事内容は変わる?

登録販売者の資格を取得した後、就職先として一番多いのはドラッグストアです。そのほかにも医薬品を販売している店舗は大型スーパーやコンビニエンスストア、ホームセンターや家電量販店まであり、登録販売者の活躍の場は広がっています。

基本的にはどの職場でも医薬品の販売がメインの仕事になります。
違いがあるとすれば、ドラッグストアやコンビニではお店で扱うすべての商品を同時に販売することになりますが、大型スーパーやホームセンター、家電量販店では医薬品の販売コーナーが別に設けられていることも多く、コーナー担当としてコーナーにある商品を販売する場合もあります

そのほか、調剤薬局で薬剤師のサポートとして働く方や、製薬会社の営業職、医薬品の卸売業者、一般医薬品のネット販売業者などで薬の知識をいかして活躍する方もいます。

登録販売者が活躍する職場
  • ドラックストア
  • 大型スーパー
  • コンビニエンスストア
  • ホームセンター
  • 家電量販店
  • 調剤薬局
  • そのほか製薬会社や医薬品の卸売業者、医薬品のネット販売業者など

登録販売者の1日は?仕事のタイムスケジュール

登録販売者の仕事は医薬品の販売がメインとなりますが、1日の仕事はどのように流れていくのでしょうか? ドラッグストアで働く登録販売者のタイムスケジュールを見ていきましょう。

ドラッグストアで働く登録販売者のタイムスケジュール例

8:30
出勤。開店準備をします。店舗の清掃や商品の補充、レジの準備をします。
9:45
ミーティング。声出しなどをするお店もあります。
10:00
開店。薬選びのサポートやレジ対応をしながら商品の補充や発注業務を行います。
13:00
休憩。交代で昼休みを取ります。
14:00
接客やレジ業務、商品の補充を行います。売り場のメンテナンスも行います。
17:00
事務所内で業務日誌を記入したり、遅番のスタッフに引継ぎを行います。
17:30
業務終了。退勤。

ドラッグストアは営業時間が長いため、「早番」か「遅番」のシフト勤務が主流です。上記は早番のシフトで開店準備がありますが、遅番になると開店準備はない代わりに、閉店対応や次の日の準備をすることになります。

ドラッグストアは駅前の店舗の場合、朝・昼・夜とそれぞれお客様の来店が多くなりますが、それ以外の立地の店舗は夕方以降が来店のピークとなり、夕方から接客対応が多くなります。

登録販売者の働き方と給料は?パートから正社員も目指せる!

働き方を選べます

登録販売者の働き方は、正社員、パート・アルバイト・派遣社員などがあり、ライフスタイルにより選ぶことが可能です。
女性の場合、子育て中はパートとして働いて、子育てが落ち着いた頃に正社員を目指す方もたくさんいます。

職場によっては正社員登用制度がありますので、パートとして応募する場合も先を見据えて制度を確認しておくと良いでしょう。

登録販売者の給料は?

給料は地域や職場によるところも大きいですが、求人を見ると正社員の場合で年収300万円以上が目安となりそうです。資格手当は5,000円~15,000円程度になります。

店舗管理者になると基本給も上がり役職手当も支給されますので、年収も400万円以上になるようです。

パート・アルバイトの場合は時給1,000円前後~が一般的です。パート・アルバイトは登録販売者の資格があることで、他の無資格の販売スタッフよりも時給が良くなります。 派遣社員は時給1,300円以上が一般的です。

登録販売者の給料目安
正社員 年収300万円程度~
正社員(店舗管理者) 年収400万円程度~
パート・アルバイト 時給1,000円前後~
派遣社員 時給1,300円前後~

登録販売者の仕事の勤務形態。残業や休日は?

店舗の登録販売者は2交代シフト勤務が主流

ドラッグストアは年中無休で22時頃まで開いていることも多いため、「早番」「遅番」の2交代のシフト制勤務になることがほとんどです。24時間営業の店舗の場合は夜勤があることもあります。

正社員やフルタイムの場合は実働8時間勤務で働くことが一般的で、パート・アルバイトの場合は1日4~6時間程度働くことが多いようです。

残業は多少ある店舗が多い

登録販売者は基本的に交代制のシフト勤務ですので、シフトで決まった時間で帰ることとなっています。ただし、ほとんど残業がない店舗もありますが、求人を見るとフルタイム勤務の場合で月の残業10~20時間以内と記載されている店舗も見かけます。

お客様を相手にするサービス業ですので、業務終了時間にちょうど来店客が多くなったり、接客中だったときは残業になることもあります。
残業はできるだけしたくないという方は、求人で「残業少なめ」「残業ほぼなし」と記載しているところを選ぶのがおすすめです。

休日は平日が多い

ドラッグストアをはじめとする一般医薬品を販売する店舗は、「年中無休」がほとんどです。特に土日・祝日はお客様の来店も増えますので、休日は土日・祝日以外になることが多いと思った方が良いでしょう。

ただし、土日の休みがまったく取れないわけではなく、他のスタッフとの調整しながら取ることもでき、連休にすることも可能です。

登録販売者と薬剤師の仕事の違いは?

ドラッグストアで医薬品の販売をしているといえば、薬剤師を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 同じような仕事をしているように見えますが違いはあるのでしょうか。
こちらで確認してみましょう。

取り扱える医薬品が違う

登録販売者は第2類、第3類の一般医薬品のみを販売できますが、薬剤師はすべての医薬品を扱うことができます。

薬剤師は調剤ができる

薬剤師は医薬品の販売のほか、薬を調剤することができます。調剤薬局併設のドラッグストアで調剤ができるのは薬剤師のみになります。登録販売者は調剤することはできません。

管理者になれる条件が違う

医薬品を販売する店舗では、「店舗管理者」を必ず配置しなければならないのですが、薬剤師と登録販売者も店舗管理者になることができます。
ただし、店舗管理者になる条件は登録販売者と薬剤師では異なります。

登録販売者の場合は、
「直近5年間で2年分の実務経験を積んでいること」が条件となり、
薬剤師の場合は特に要件はなく、任命されれば「管理薬剤師」として店舗の管理者として働くことができます。

上記のような違いはありますが、例えばドラッグストアに置いてある医薬品のほとんどは登録販売者でも扱えるものです。調剤がない店舗や第1類の一般医薬品が少ない店舗の場合、登録販売者と薬剤師の仕事内容に大きな違いはないといえるでしょう。

管理者となった場合でも行うべき仕事はほとんど変わりません。

店舗管理者とは?
一般医薬品を販売している店舗は必ず「店舗管理者」を1人設置する義務があります。
店舗管理者は、店舗が適切に運営できるようにマネジメントをします。
おもな仕事は
  • 店舗に勤務する薬剤師・登録販売者及びそのほかすべての従業員の監督
  • 店舗の設備、医薬品やそのほかの物品管理、業務に必要なものの注意喚起
  • 保健衛生上の支障が生じないように必要な意見を述べること
となっており、薬剤師や条件を満たした登録販売者が管理者になることができます。

登録販売者の求人の傾向

医薬品を扱う店舗はドラッグストアだけでなく大型スーパーやコンビニでの販売も増えているため、求人もたくさん見つけられる状況が続いています。
首都圏はもちろん地方にも多数の求人があり、登録販売者の資格があれば希望に合った求人を見つけやすいといえるでしょう。

ただし、コンビニや大型スーパーなどで働きたい場合は登録販売者が1、2名体制のこともありますので、1人でも店舗に立てる店舗管理者の資格要件を求められることもあります。
資格を取得してはじめて働く場合は、未経験者の受入れ体制が整っているドラッグストアに就職して経験を積むと良いでしょう。

登録販売者は資格のない販売スタッフに比べ給料は優遇されており、さらに店舗管理者になると手当がつくなど給料アップやキャリアアップの道もあります。

登録販売者は働き方も選ぶことができキャリアアップも目指せます。試験に受験要件はなくどなたでも目指せる資格ですので、興味のある方はぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

登録販売者になる方法をくわしく知りたい方はこちら>>

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?登録販売者>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

 
自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2021 Network21, Inc. All rights reserved.