ケア資格ナビ> 認知機能低下予防シナプソロジー(株式会社ルネサンス)> 認知機能低下予防プログラム シナプソロジーの活用方法や効果とは?

認知機能低下予防プログラム シナプソロジーの活用方法や効果とは?

Interview

脳を活性化して認知機能の低下を予防するプログラム「シナプソロジー」をご存じですか?介護老人保健施設ゆうゆう 通所リハビリテーション(デイケア)勤務の黒木勝紀さんに、シナプソロジー活動やその効果についてお話を伺いました。

笑顔やコミュニケーションが生まれるシナプソロジー

--シナプソロジーを知ったきっかけを教えてください。

私がおもに活動する茨城県では、大田仁史先生が開発したシルバーリハビリ体操の普及に力を入れており、自助、共助による地域での支え合いの運動が盛んです。そして、もし要介護状態になったときでも、できるだけ進行を抑え、最期まで人間らしくいられるよう支えていきたいということで、介護福祉士の方で介護予防体操を実践できる専門家を育成しています。

そのような専門家を育成する場で講師として一緒に活動している方が、講義の冒頭にシナプソロジーを行いました。すると、あっという間に参加者が笑顔になりました。周りの方と打ち解けていく様子を見て、これだ!と思いました。

--シナプソロジーについて教えてください。

シナプソロジーとは、脳を活性化するメソッドにもとづいて開発されたプログラムです。「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きで脳を適度に混乱させ、認知機能低下を予防します。笑顔やコミュニケーションが生まれるので、楽しく続けられるのが特徴です。

--どのような効果がありますか?

大学などの研究機関や国のプロジェクトにおいて、注意機能の向上や認知機能の向上などの効果が立証されています。「認知機能をつかさどる脳」や「運動に関係した脳」を活性化させると同時に、楽しさや爽快感から「情動に関係した脳」にも刺激を与えますので、精神面での抑うつ感の改善なども期待されます。

「いい日一日」をモットーに笑顔あふれる施設に

--施設ではどのようなことを大切にされていますか?

当施設では開設当初より「いい日一日」をモットーとして地域の方に安心して利用して頂き、家庭的な雰囲気の施設を目指そうと取り組んでまいりました。今年のスローガンは「利用者、家族、スタッフともに笑顔あふれる施設にしよう!」です。ご利用者が笑顔になるためには、 ケアを提供する私たちが笑顔でなければなりません。そのために、学びの姿勢を忘れず、新しいことにチャレンジし、ご利用者、スタッフそれぞれの価値観を大切にした取り組みをし続けようとがんばっています。

--黒木さんの一日のスケジュールと、その中でどのようにシナプソロジーを活用しているのか教えてください。

通所リハビリテーションのプレイング・リーダーとして毎日現場に入ってご利用者と接しています。当施設では昼食前に口腔嚥下体操、帰宅前にリハビリ体操の時間を設けていますが、そのプログラムの中でシナプソロジーを取り入れてご利用者、スタッフともに脳の活性化を図っています。

--シナプソロジーを受けている方の年齢層や介護度などは?

研修講師活動では、20歳代から60歳代まで幅広い方に受講していただいています。また、当施設のご利用者は、40歳代から100歳までの方が介護保険で利用されています。介護老人保健施設の通所リハビリテーション(デイケア)に通われている方で平均要介護は2.3です。

一気に雰囲気が明るくなり、仲間意識が芽生えます

--黒木さんはセミナーの講師もされていますが、その際に大切にしていることはなんですか?

楽しく、分かりやすく、役にたつ研修講師でありたいと思っています。参加されている方は、貴重な時間とお金を使われて参加されている方ばかりです。そしてその先には、ご利用者、ご家族、スタッフ、地域の方々などがいて、自分の講義を受けて影響を受ける方が無限に広がります。そう考えると講師として前に立つ責任感を感じます。

私が一方的に伝えるのではなく、受講者の方が主体的に参加し、仲間と一緒に深く考えながら課題を解決できたり、はっとする気づきが得られたりできるようアクティブラーニングの手法を使って講義を進めています。

--シナプソロジーの活動に対して楽しいと感じる瞬間を教えてください。

研修の冒頭は私も受講者も緊張したり、どんなことを学ぶのか不安だったりします。そこでシナプソロジーを行うことで、一気に雰囲気が明るくなり、初めて会う参加者同士でも一体感というか、今日一日一緒に学びを深める仲間意識が芽生えるような気がします。

--シナプソロジーの資格を取得して良かったと思うことはなんですか?

受講者や要介護高齢者はもちろん、会議や朝礼などでスタッフと行うことで、コミュニケーションの輪が広がり笑顔が増える効果を実感します。そのようなときにシナプソロジーの資格を取得して良かったと思います。

子どもから高齢者まで、大人数でもひとりでも活用できます

--シナプソロジーを受けた方は、どのような様子になりますか?

今までは「できないから」「難しいから」と消極的だった方が、「できなくてもいいんだよね」「今このときに脳が活性化しているんだよね」「笑顔で元気になった」「デイケアに来ることの楽しみが増えた」という積極的で前向きな姿勢に変化し、なによりチャレンジすることを楽しまれている様子がうかがえます。シナプソロジーを体験された方が、心と体と頭を動かすことで、間違ってもいい、できなくてもいい、新しいことにチャレンジしようと、脳を活性化できるのが魅力です。

--シナプソロジーの資格取得を検討されている方々へメッセージをお願いします。

子どもから高齢者まで、大人数でもひとりでも、短い時間でも、どんな場所でも取り組める脳活性化のプログラムであるシナプソロジーは、皆さまのさまざまなシーンで活用することができます。

筑波大学体育系の田中喜代次教授が代表取締役を務める株式会社THFにおいて、シナプソロジーの効果検証を行った結果、注意力が高まり、判断力が早くなる等の脳機能の改善とともに、爽快感が向上し、疲労感や抑うつ感が低下するなど、心理面における効果も立証されています。 こんなプログラムを使わない手はないですよね。

ぜひ、シナプソロジーの資格を取得して身近な人から笑顔の輪を広げ、日本中を明るくしていきませんか!

ルネサンス シナプソロジー講師 黒木勝紀
介護老人保健施設ゆうゆう 通所リハビリテーション勤務。茨城県介護福祉士会理事、自主勉強団体かいごの学び舎『鼓動』代表、常磐大学非常勤講師。茨城県を中心に介護技術、認知症啓蒙活動、介護職のやる気アップ術などのセミナー講師として、年間80回ほど活動。講義の前後にシナプソロジーを取り入れている。

私でも取得できる?認知機能低下予防シナプソロジー(株式会社ルネサンス)>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.