ケア資格ナビ> 福祉住環境コーディネーターガイド> 効率よく合格を目指す!福祉住環境コーディネーター資格取得の方法とは?

効率よく合格を目指す!福祉住環境コーディネーター資格取得の方法とは?

Sumu Selfeducation

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターは高齢者や障がい者が自立して安心・安全に暮らせるように、住まいの環境を提案するアドバイザーです。

福祉住環境コーディネーターの仕事は、ケアマネージャーや建築士などと連携しながら適切な住宅の改修を顧客に提案することです。手すりの取り付けや、スロープを取り付けて段差を解消するなど、顧客それぞれのニーズに合ったバリアフリープランを提供します。

福祉住環境コーディネーターの2級以上を取得すると、介護保険の給付金で住宅改修費の助成を受けるときに必要な「住宅改修を必要とする理由書」を作成することができます。

福祉住環境コーディネーターを目指す人はどんな人?

資格を取得する人の業種は「医療・福祉(介護)関係」「建築関係」が半数を占めています。介護関係ではケアマネージャーや介護福祉士、福祉用具専門相談員など、建築関係では住宅メーカーやリフォーム会社の営業や設計者、建築士などが、顧客に幅広い提案をするために資格を取得しています。

残り半数の合格者は学生や主婦などです。高齢化にともない将来の需要が見込まれているので、介護職や建築関係の仕事への就職を目指している学生や主婦には、就職先に有利にアピールできる資格なのです。

福祉住環境コーディネーターの資格について

難易度は?

福祉住環境コーディネーターの資格は1級(2級合格が必須)・2級・3級があります。合格率は1級5.9%・2級50.4%・3級41.4%(2017年度試験)と、2級・3級は比較的取得しやすい資格となっています。2級は3級を取得しなくても受験できますが、3級は建築の知識がまったくなくても理解できる基礎的な内容ですので、まずは3級から学習すると無理なく取得できるでしょう。

注目の資格!

家族や親に介護が必要になり要支援・要介護と認定された場合、住宅改修費用の9割または8割(20万円限度)が介護保険から支給される制度があります。その制度を利用して、手すりの取り付けや段差解消のために自宅をリフォームする人が増えています。そのようなニーズからも、福祉住環境コーディネーターの資格は注目の資格となっています。

試験内容

福祉住環境コーディネーターの試験内容は「介護」「医療」「建築」と専門的かつ広範囲です。具体的には「介護保険制度」「障害者福祉法」「高齢者・障がい者の心身の特性」「在宅介護での自立支援のあり方」「建築基準法」などが出題されます。介護・医療・建築に携わっている人は基礎知識がある程度備わっているので、自分の専門分野については勉強がしやすいと言えます。

福祉住環境コーディネーターに合格するには講座利用がおすすめ

福祉住環境コーディネーターの資格を取得する上で、独学ではちょっと不安と思っている人や効率よく合格を目指したい人は、スクール講座の活用をおすすめです

通信講座で使用するテキストや講座DVDは、試験のポイントを押さえた内容になっているので効率よく学習できます。子育てや仕事に忙しくても、隙間時間を利用して自分のペースで学習することが可能です。また模擬試験中心の直前対策向けの講座は、ある程度勉強した後に自分の実力を試したいという人におすすめ。 自分の用途に合った講座を選んで、合格に結び付けましょう

*「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる? 福祉住環境コーディネーター>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.