ケア資格ナビ> 福祉住環境コーディネーターガイド

福祉住環境コーディネーターの資格講座を一覧比較

  • 介護のための住環境を提案する住まい作りのアドバイザー「福祉住環境コーディネーター」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

福祉住環境コーディネーターとは

高齢者や障がい者のための住まい作りを提案

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者がバリアフリー住宅へリフォームする際に、利用者の状況に合わせた住環境を提案するアドバイザーです。

こんな資格!

福祉住環境コーディネーターの資格は、医療・福祉・建築について、幅広い知識を体系的に学んでいると証明できる資格です。資格を取得すれば、介護業界への就職や転職の際に有利に働くでしょう。
この資格は、ケアマネージャーや介護福祉士、福祉用具専門相談員などの介護業界の人や建築業界で働く人が、仕事の幅を広げるために取得することも多い資格です。資格は3級から1級までありますが、仕事にいかしたい人は2級以上の取得がおすすめです。

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者が安全で快適に暮らせる住環境を提案します。ケアマネージャーや建築士、工務店などと連携しながら、段差の解消や手すりの設置などを提案します。
介護保険で住宅改修を行う場合「住宅改修を必要とする理由書」の作成が必要ですが、この理由書はケアマネージャーや作業療法士のほか、福祉住環境コーディネーター2級以上の人も作成することができます*
また、福祉住環境コーディネーターは、車いすや介護用ベッドなど、福祉用具についてのアドバイスをすることもあります。

* 自治体によって異なります。

活躍の場所

福祉住環境コーディネーターは、介護業界などの福祉分野や建築分野で多く活躍しています。
福祉用具専門相談員と併せて取得することで、福祉用具のレンタルや販売事業所で活躍したり、工務店などで営業やバリアフリーのコンサルタントとして働く人もいます。住宅改修を希望する高齢者が多い居宅介護支援事業所や地域包括支援センターでも、その知識が求められます。バリアフリー対策が重要な介護施設、病院などの医療現場でも求められています。

福祉住環境コーディネーターの資格を取得するには?

東京商工会議所検定センターの実施する「福祉住環境コーディネーター検定試験」に合格することで資格を取得できます。

福祉住環境コーディネーターの試験は、ボリュームのある公式テキストの中から幅広い範囲が出題されます。試験対策には、出題ポイントを押さえた学習ができるスクール講座の利用がおすすめ。通信講座は働きながらでも子育てしながらでも、効率的な学習で取得を目指せます。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

福祉住環境コーディネーターの試験はどんな試験?合格率は?

試験形式

2級・3級の出題は全てマークシートによる選択方式です。1級のみ、前半がマークシートによる選択方式、後半が記述式の試験となります。

合格率

2018年度試験においては、3級が56.0%、2級が28.6%、1級が11.8%でした。

受験時期

2級と3級は年2回(7月・11月)実施、
1級は年1回(11月)実施です。

受験資格

2級・3級については受験資格に制限はなく、誰でも受験できます。
1級は2級合格者である必要があります。

受験料

1級: 11,000円
2級: 6,600円
3級: 4,400円 (全て税込)
インターネット登録、または電話で登録すると申込書が郵送されます。

問合せ先

東京商工会議所検定センター
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-2-2 東京商工会議所ビル3F

介護報酬改定でも注目!将来性は?

これからの介護業界は2018年度介護報酬改定の中でも注力されているように、高齢者が住み慣れた地域や自宅で適切な医療・介護サービスを受けられるような体制づくりが求められています。
長く自宅で過ごすには在宅介護が不可欠で、介護を必要とする人や介護者がスムーズに生活できるような住環境が必要です。そんな住環境を提案するのが福祉住環境コーディネーターです。

福祉住環境コーディネーターは、できるだけ長く住み慣れた地域で生活しようという「地域包括ケアシステム」の動きにも合致しています。今後ますます活躍の場は広がっていくと予測できます。

参考:厚生労働省 平成30年度介護報酬改定の主な事項について

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.