ケア資格ナビ> 社会福祉士ガイド> 社会福祉士の資格とは?試験概要や合格のためのポイントを紹介!

社会福祉士の資格とは?試験概要や合格のためのポイントを紹介!

Socialworker Shiken
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

社会福祉士は相談援助のプロフェショナル資格として、福祉の仕事に興味がある人から注目度の高い資格です。

こちらの記事では、社会福祉士資格の受験を見据えている方に向けて、資格試験の日程や試験内容、難易度から、合格のためのポイントなどをご紹介します。

社会福祉士試験を受験する準備に、ぜひ役立ててください!

目次

社会福祉士はどんな資格?

社会福祉士の資格は、生活に困難を抱える人たちの相談を受け、サポートをする仕事に就く際に役立つ資格です。

また、社会福祉士の資格は、取得することで相談援助の一定レベルのスキルがあることを証明できます。国家資格であることから社会的な信用性も高く、相談者も安心して相談することができます。

社会福祉士の資格を取得した後はさまざまな場所で活躍することができ、例えば介護施設で働く際には「生活相談員」、医療機関では「医療ソーシャルワーカー」として働くことができます。

なお、社会福祉士の資格は名称独占資格で、資格がないと「社会福祉士」と名乗ることはできません。

社会福祉士はこんな資格!

  • 相談援助の仕事に役に立つ
  • 相談援助の一定のスキルを証明できる
  • 国家資格で信用度が高い
  • 幅広い分野で活躍できる
  • 名称独占資格

社会福祉士の資格を取得するには

社会福祉士の資格は、まずは国家試験を受験するための要件を満たす必要があります。
満たした後に国家試験に合格すると、社会福祉士の資格を取得できます。

要件を満たすには、福祉系大学の卒業や一般大学+養成施設の卒業など、さまざまなルートがあります。

受験資格について詳しく知りたい人はこちら>>

社会福祉士の資格試験概要を確認!

社会福祉士国家試験は例年2月に行われます。申込期間は9月~10月になりますので、忘れずに申し込みを行いましょう。

年に1回の試験ですので、計画的に試験に向けて準備をしておきましょう。
ちなみに第34回の社会福祉士国家試験は、2022年2月6日(日)に行われる予定です。

社会福祉士国家試験 試験概要

試験日
2月上旬の日曜日
申込期間
例年9月上旬~10月下旬
受験手数料
19,370円
合格発表
例年3月中旬
試験地
北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

社会福祉士試験の出題科目を確認!

社会福祉士のサポート対象は広く、それぞれに合った適切な相談援助を行うことができるよう試験も幅広い知識が問われる内容になっています社会福祉士のサポート対象は子どもから高齢者、障がい者、低所得者など幅広いです。
それぞれの対象に合った適切な相談援助を行うことができるように、試験も幅広い知識が問われる内容になっています。

出題科目は全部で18科目からなり、生活に困難を抱えた人が利用できる社会保障制度から、相談援助を実際に行うための理論と方法、社会システムや地域福祉の知識についてなどが問われます。

以下は2022年に行われる予定の第34回試験の科目です。

試験科目

  1. 人体の構造と機能及び疾病
  2. 心理学理論と心理的支援
  3. 社会理論と社会システム
  4. 現代社会と福祉
  5. 地域福祉の理論と方法
  6. 福祉行財政と福祉計画
  7. 社会保障
  8. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  9. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  10. 保健医療サービス
  11. 権利擁護と成年後見制度
  12. 社会調査の基礎
  13. 相談援助の基盤と専門職
  14. 相談援助の理論と方法
  15. 福祉サービスの組織と経営
  16. 高齢者に対する支援と介護保険制度
  17. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  18. 就労支援サービス、更生保護制度
新カリキュラムの導入で2024年から試験科目が変わります!
2021年度の教育機関への入学生から、社会福祉士の学習カリキュラムが変更になっています。それにともない、2024年度の国家試験から試験科目に新カリキュラムが反映される予定です。
新カリキュラムでは「地域共生社会に関する科目」が新たに入っています。

新カリキュラムについて詳しくしりたい人はこちら>>

社会福祉士試験に合格後は登録申請が必要

社会福祉士として働くには、国家試験に合格後に登録申請を行う必要があります。社会福祉士としてすぐに働きたい方は、なるべく早く申請を行いましょう。

申請のために提出された書類に不備がなければ、1カ月程度で登録証が届きます。

新規登録申請の流れ

必要書類を簡易書留で提出する
<必要書類>
  • 登録申請書(収入印紙 15,000円を添付)
  • 貼付用紙(登録手数料4,050円の「振替払込受付証明書(お客様用)」の原本を貼り付け)
  • 「戸籍抄本の原本」「戸籍の個人事項証明書の原本」「本籍を記載した住民票の原本」のいずれか1通
試験センターで受理(審査・登録簿に登録)
登録証の交付

参考:社会福祉振興・試験センター 資格登録

社会福祉士の資格取得の難易度は?

社会福祉士試験の合格率は30%前後で推移しています。

社会福祉士になるには、試験を受けるまでにも学校の卒業や実務経験を問われます。受験要件を満たした後に試験を受け、その合格率は30%前後ですので、社会福祉士の資格を取得する難易度は高めといえるでしょう。

社会福祉士試験の合格率の推移
受験者数 合格者数 合格率
2017年(第29回) 45,849人 11,828人 25.8%
2018年(第30回) 43,937人 13,228人 30.2%
2019年(第31回) 41,639人 12,456人 29.9%
2020年(第32回) 39,629人 11,612人 29.3%
2021年(第33回) 35,287人 10,333人 29.3%

参考:厚生労働省 社会福祉士国家試験の受験者・合格者の推移

取得難易度が高めの社会福祉士資格ですが、計画的に学習を進めていけば合格へぐっと近づくことができます。
事項では、試験に合格するためのポイントをご紹介していきましょう。

社会福祉士の資格を取りたい!合格に近づくポイントは?

できるなら1回で試験に合格したいもの。
こちらでは合格するためのポイントをご紹介しますので、学習を進める参考にしてみてください。

具体的に学習時間と期間を決める

社会福祉士試験の合格には、一般的に300時間程度の学習時間が必要といわれています。1日2時間学習する場合で5カ月程度かかることになります。

試験までの期間を考えて、1日の学習時間を具体的に決めましょう。
1日の学習時間があまり取れない方は、早い時期からこつこつと学習をスタートさせましょう。

学習計画を立てる

いつまでに基本的な内容の暗記を終える、いつから実践的な問題を解くなど、学習内容も具体的に決めていきましょう。目標を明確にすることで、学習も進めやすくなります。

過去問に取り組む

社会福祉士試験を受けるほとんどの人が取り組むのが過去問です。過去問にたくさん取り組むことで出題傾向も把握でき、自分が苦手な分野もわかります

ある程度こなしてからは試験時間に合わせて取り組むことで、問題の時間配分もわかるようになります。

学習を続けられる工夫をする

学習をこつこつ進める……というのは、言うのは簡単ですが続けるのは簡単なことではありません。自分なりにモチベーションを下げない工夫をすることも大切です。

例えば家での学習に飽きてしまったときには図書館の自習スペースを利用するなど、自分なりに学習を続けていける方法を見つけると良いでしょう。

自分でペースをつかむのが難しい方は、スクールの講座を利用するのも手です。

独学に自信のない人・忙しい人はスクール講座の利用もあり

社会福祉士の国家試験は、過去問やテキストを自分で購入して試験対策をすることも可能ではあります。

しかし、分野が広く難易度も低くはない試験ですので、独学に不安がある方はスクールの講座を利用するのも良いでしょう。
例えばスクール講座のWeb講座は、いつでもどこでも学習を進めることができ、知識の定着も図りやすく学習をスムーズに進められます。

また、忙しい方にもスクール講座はおすすめです。
スクール講座は最新の出題傾向を踏まえポイントを押さえた内容になっており、効率的に学習ができます。上手に講座を利用することで、ぐっと合格に近づきます。
自分に合った学習方法を見つけて、社会福祉士国家試験の合格をぜひ勝ち取ってください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?社会福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

 
自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2021 Network21, Inc. All rights reserved.