ケア資格ナビ> 社会福祉士ガイド> 社会福祉士はどんな仕事をするの?仕事内容から活躍の場・給料・将来性までご紹介!

社会福祉士はどんな仕事をするの?仕事内容から活躍の場・給料・将来性までご紹介!

Socialworker Shigoto
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

社会福祉士の仕事は、さまざまな理由から日常生活を送ることに困難を抱えている人たちをサポートする、とてもやりがいのある仕事です。
介護・福祉業界で働いている方や社会貢献に興味のある方のなかには、そんな社会福祉士を目指したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では社会福祉士の具体的な仕事内容をはじめ、活躍の場や給料、なり方、将来性などをご紹介します。

社会福祉士を目指す際に、ぜひ参考にしてみてください!

目次

社会福祉士の仕事内容は?

社会福祉士のおもな仕事は、高齢者や障がい者、児童、貧困者、母子家庭などから相談を受け、日常生活で困っていることを解決できるようにサポートすることです。
具体的にはどのようにサポートをしていくのか、まずは社会福祉士の一般的な仕事内容から見ていきましょう。

社会福祉士のおもな仕事内容

相談業務

社会福祉士の中心となる仕事は相談業務です。まずは日常生活に何らかの困難が生じている人の相談に乗ることからはじまります。相談者の要望や抱えている問題を確認し、分析・整理をしていきます。
相談は窓口で受けることもあれば自宅を訪問することもあり、電話で受けることもあります。

問題は深刻であることもあり、相談者も不安を抱えているため、一度の相談で全貌を理解し解決方法が見つかるとは限りません。何度か回数を重ねることで理解を深め、信頼関係を作っていくことも大切な業務です。

サービスの提案

ヒアリングをもとに、相談者に必要と思われる支援を検討し提案します。介護サービスや支援サービスの利用方法や福祉施設への入居方法、補助金制度などを案内します。場合によっては基本的な内容から丁寧に説明することもあります。

連絡・調整

相談者が利用するサービスが決まったら関係機関へ連絡し、調整を行います。支援計画を作成し、手続きを行ったり環境の準備をします。関係機関との連携は必須ですので、打合せを行うことも少なくありません。

サービスの見直し・調整

相談者が適切なサービスを受けられているかどうかを、定期的に相談に乗り確認します。利用しているサービスで問題が解消できていないときは、サービスの見直しや調整を行います。

書類作成業務

支援計画のほか、相談内容の記録や利用するサービスの記録や管理も行います。そのほか、福祉事務所に提出する公的書類などの作成を行うこともあります。

上記のほか、就職する職場によっては介護業務や介護予防教室の開催を行うこともあり、仕事内容は多岐にわたります。

社会福祉士の仕事のタイムスケジュール

こちらでは、社会福祉士が1日の業務をどのように進めていくのかを見ていきましょう。
社会福祉士の仕事は、困っている人の相談を受けることからはじまります。相談はいつ入るかはわからず、相談者の都合に合わせながら進めていきますので、スケジュールは流動的なものとなります。

1日の仕事のイメージが浮かぶように、参考として社会福祉士のとある1日のスケジュールを確認してみましょう。

社会福祉士のとある1日(地域包括支援センター勤務)

9:00
出勤・スタッフ全員で情報共有
9:30
相談者の自宅を訪問しヒアリング
11:00
支援計画を作成した人の自宅を再訪
12:00
お昼休憩
13:30
市役所で関係者会議に参加
14:30
朝の相談者の支援計画を作成
16:00
相談者から電話で相談を受ける
17:00
報告書作成やサービス事業所との打ち合わせ
18:00
退勤

日によって、訪問や外出が多い日もあれば、社内での事務的業務や電話相談・打合せが多くなる日もあるでしょう。お昼休憩も相談業務の状況によってはずれこむこともあります。

とはいえ社会福祉士の仕事は夜勤がなく残業も少なめなため、女性に人気の仕事でもあります。

社会福祉士の活躍の場と仕事内容

社会福祉士は相談の対象が広いため、活躍できる分野も幅広くなります
厚生労働省の資料を見ると一番多いのは高齢者福祉関係で40%以上、次に多いのが障がい者福祉関係で17%程度、次いで医療関係が15%程度です。
そのほか、地域福祉関係、児童・母子福祉関係、行政相談所、生活保護関係の順で活躍がみられます。

活躍の場により仕事内容が変わる部分がありますので、こちらで確認していきましょう。

社会福祉士の働く場所と仕事内容

介護施設

介護施設で利用者の相談に乗る社会福祉士社会福祉士は特別養護老人ホームやデイサービス、ショートステイなどで「生活相談員」として働いています。施設の入所者やサービス利用者、その家族の相談に乗ったり、入所・利用の手続きやサービスの計画を立てたりします。
職場によっては、現場の介護スタッフとともに介護業務を行うこともあります。

障がい者支援施設

社会福祉士は障がい者支援施設で、「生活支援員」や「職業指導員」「就労支援員」などとして働いています。障がい者やその家族から相談を受けたり、身の回りの介護を行います。
障がい者それぞれに合わせ、目標達成に向け自立訓練や就労支援なども行います。

医療機関

社会福祉士は、病院内にある医療福祉相談室、地域連携室などの相談室で「医療ソーシャルワーカー」として働きます。入院中の患者やその家族の不安や困りごとの相談を受けます。
入院治療費に関する相談やそれぞれの患者に合った転院先や施設の紹介、退院後の社会復帰の支援などを行います。

役所や地域包括センター

社会福祉士は、地域包括センターや役所などの行政機関で相談業務を行います。どこに相談すれば良いか分からない人の最初の窓口として、他機関と連携しながら必要なサービスを提案していきます。
生活保護や介護保険に関する相談、障がい者福祉に関する相談を受けたり、高齢者や障がい者の権利を守る活動、認知症予防や介護予防教室の開催なども行います。

児童福祉施設・母子生活支援施設

児童福祉施設で働いている社会福祉士は、「児童指導員」として18歳未満の児童のケアをはじめ、親や家庭環境などを総合的に支援していきます。入所児童の育成や指導、虐待されている児童への援助、児童相談所との連携や連絡調整を行います。
母子生活支援施設では「母子支援員」として働きます。離婚や死別で困窮した母子やDVにあった母子の自立を支援していきます。

上記の他にも学校で「スクールソーシャルワーカー」として活躍している社会福祉士や、NPO団体などで活躍している社会福祉士もおり、活躍の場は広がっています。

なお、社会福祉士の資格が必須となるのは、介護施設の生活相談員のみです。そのほかの職場の職種には必須の資格というわけではありませんが、求人の多くは社会福祉士などの資格を応募要件としているのが現状です。

参考:社会福祉士の現状等

社会福祉士の給与は?介護福祉士と比べてどうなの?

「社会福祉士として困っている人の助けになりたい」と思うものの、気になるのは給与ではないでしょうか。
こちらでは社会福祉士の給与を、同じく介護・福祉業界の国家資格である介護福祉士の給料とともにご紹介します。

厚生労働省の資料によると、社会福祉士と介護福祉士の給与は以下でした。

令和2年の平均給与月額(常勤)
資格 給与 平均勤続年数
社会福祉士 353,020円 8.4年
介護福祉士 329,250円 8.9年

※平均給与額は基本給+手当+一時金(賞与等を月割した額)が含まれたものです。処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅴ)を取得している事業所の給与となります。

参考:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」166ページ

社会福祉士と介護福祉士の平均勤続年数に大きな差はありませんが、給与は月額で23,000円以上差がありました。
2つの資格はどちらも介護・福祉業界の国家資格ですが、介護福祉士は現場での介護がメインとなるなど仕事内容が社会福祉士とは異なります。
介護・福祉業界で相談援助がメインの国家資格を取得したい方は、社会福祉士の資格を取得するのが良いでしょう

社会福祉士の仕事のやりがいは?どんな人に向いてる?

社会福祉士の仕事は、社会貢献のできるやりがいがある仕事といわれています。
実際に社会福祉士の仕事をしている方は、どのような場面でやりがいを感じるのでしょうか。こちらで見てみましょう。

社会福祉士のやりがいとは?

社会福祉士は相談者から話を聞き、問題解決を手助けすることが仕事です。相談の内容はさまざまで、一人ひとりに合ったアドバイスをすることが必要です。そのアドバイスが相談者のその後の生活を大きく左右することもあるため、大変なことも多くときには苦労することもあるでしょう。それだけに、上手にサポートでき解決に向かったときにはやりがいを感じられます。

社会福祉士が相談者をサポートしたことで状況が好転していくと、直接感謝をされる場面も多くあります。相談者の笑顔が見られたり「ありがとう」と言われる瞬間は、嬉しさや達成感を感じることができ、やりがいを感じることができます。

社会福祉士に向いている人は?

社会福祉士の仕事は相談を受けてサポートすることです。その後の連携や調整でも多くの人に関わりますので、人と接することが好きな方やコミュニケーション能力が高い方は向いているでしょう。

人の役に立つことが好きな方、人からの相談に真摯に向き合える方も仕事にやりがいを感じることができ、向いているといえます。

社会福祉士になるには?最短ルートは?

社会福祉士になるには、受験資格を満たした上で国家試験を受け合格する必要があります
合格後に登録申請をすることで社会福祉士と名乗ることができます。

受験資格は「大学で指定科目を修めて卒業する」「短大で指定科目を修めて卒業した上で相談援助の業務に従事する」など、複数のパターンがあり、福祉系大学等で指定科目を履修して卒業するのが受験資格を得る最短ルートになります。

国家試験は年1回例年2月に行われ、合格率は30%弱となっています。試験科目は18科目となり、幅広い知識が必要です。

社会福祉士ガイド>>

社会福祉士の仕事の将来性

社会福祉士が一番多く活躍しているのが介護分野です。日本では高齢化もますます進んでいくため、今後も需要は高いといえるでしょう。
介護分野だけでなく、さまざまな理由から日常生活に問題を抱えている人は少なくありません。今後も、幅広い福祉の専門知識を持つ社会福祉士は求められ続けるでしょう

社会福祉士の仕事は、問題を抱えるさまざまな人の相談に乗る仕事です。人により抱える問題や希望、対応の仕方もさまざまで、一人ひとりに寄り添う必要のある仕事です。

なかでも気持ちに寄り添う部分は人にしかできないことで、今後AIやIT技術がどんなに向上しても、とって代わることはできないでしょう。 そのような意味でも社会福祉士の仕事は将来的になくなることのない職業といえます。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?社会福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.