ケア資格ナビ> 社会福祉士ガイド> 社会福祉士の資格を取得するメリットは?

社会福祉士の資格を取得するメリットは?

Banner Socialworker Merit
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

日常生活を送ることに困難を抱える人の相談に乗り、サポートをする社会福祉士。
この記事にたどりついた方は、そんな社会福祉士の資格取得に興味がある方ではないでしょうか?

こちらの記事では、社会福祉士の資格取得のメリットを中心にご紹介しますので、資格を目指す参考にしてみてください。

目次

社会福祉士の資格全般について詳しく知りたい人はこちら>>

社会福祉士の資格を取得するメリットは?

社会福祉士の資格は名称独占資格です。

名称独占とは、資格を持たない人は「社会福祉士」と名乗ることができないという意味です。資格を取得している人のみが「社会福祉士」と名乗ることができるので、それだけ価値のある資格だと言えます。

そのほかにもさまざまなメリットがありますので、順番に見ていきましょう。

1. 相談援助の国家資格として信頼される

国家資格である社会福祉士。資格取得のメリットは専門職としての信頼を得られることです社会福祉士の資格は国家資格です。
資格を取得していることで相談援助の専門知識とスキルがあり、専門職としての水準も高いことを証明できます。

国家資格ということで、相談者や関係者など周囲からも信頼を得やすくなります。

また、相談援助の仕事は資格がなくてもできる場合もありますが、介護施設で働く生活相談員などのように社会福祉士の資格が要件となっている役職がたくさんあります。

2. 幅広い分野で活躍できる

社会福祉士は幅広い分野の職場で活躍が可能です。

例えば、介護施設なら生活相談員、病院なら医療ソーシャルワーカー、学校ならスクールソーシャルワーカーとして活躍できます。
ほかにも、地域包括支援センターや社会福祉協議会、役所の福祉事務所などで働いている人もいます。

社会福祉士のサポート分野は幅広く、高齢者支援、障がい者支援、児童福祉、生活保護などあらゆる分野が対象になります。日常生活を送ることが困難な子どもから大人、高齢者まですべての年代の人のサポートをすることができます。

社会福祉士のおもな活躍の場と役割名
活躍の場 役割名
高齢者施設 生活相談員
障がい者支援施設 生活指導員・支援相談員など
医療機関 医療ソーシャルワーカー
地域包括センター 社会福祉士
社会福祉協議会 社会福祉士
児童福祉施設 ファミリーソーシャルワーカー・児童指導員など
学校 スクールソーシャルワーカー

3. さらなるキャリアアップができる

社会福祉士の資格取得後は、実務経験を積んで「認定社会福祉士」や「認定上級社会福祉士」を目指すことができます。

認定社会福祉士
社会福祉士としての熟練した技術があり、個別支援や多職種連携、地域福祉の推進ができる能力があると証明できる資格です。
認定上級社会福祉士
上記に加え社会福祉士の人材育成ができる能力があると証明できる資格です。

相談援助業務の経験を積んで実践力を身に付けていくことで、上位資格を取得しさらなるキャリアアップを目指すことができます。

認定社会福祉士や認定上級社会福祉士になるには、実務経験と研修の受講などいくつか要件を満たす必要があります。
くわしくは以下の団体のHPに記載されています。
【日本社会福祉士会】認定社会福祉士認証・認定機構 「認定社会福祉士」「認定上級社会福祉士」を取得するには

4. 相談援助のほかの資格取得にも有利

社会福祉士の資格があれば、他の相談援助資格を取得する際に有利になります。

精神保健福祉士

国家資格の「精神保健福祉士」の試験を受ける際に、免除される科目があります
精神保健福祉士は、精神的な障がいがある人がスムーズに生活を営めるように相談援助を行います。

社会福祉主事

社会福祉士であれば、都道府県や市町村の福祉に関わるための資格である「社会福祉主事」になるための要件を満たすことになります。
公務員試験に受かれば社会福祉主事として仕事に就くことが可能になります。

5. 管理職を目指せる

社会福祉士の資格を持っていると、施設全体の責任者となる施設長や管理者を目指すこともできます。
例えば、特別養護老人ホームの施設長になるには要件がありますが、社会福祉士なら要件として認められます

6. 将来性がある

社会福祉士は社会福祉施設や医療機関で活躍する人が半数近くになります。日本では高齢化が今後も進みますので、特に高齢者関連の需要は増えていくでしょう。
昨今では虐待問題も増加しており、社会福祉士が対象とする日常生活に困難を抱えている人は当面減る見込みもありません。

さらに社会的に福祉の充実も求められていることから、社会福祉士の活躍はますます期待されています。需要は高く、将来性も高いといえるでしょう。

7. 人を助ける仕事でやりがいを感じられる

社会福祉士を目指す方は、「誰かの助けになりたい」と思う方が多いのではないでしょうか。

社会福祉士の仕事は、日常生活に困りごとがある人たちの相談に乗り、福祉サービスを利用するためのサポートをすることです。具体的な支援を受けられるようにサポートをすることで、感謝されることもあります。

人の日常生活や人生に関わる仕事で、困っている人の問題が解決されたときなどに、やりがいを感じられる仕事です。

社会福祉士とケアマネージャーの違いを確認

社会福祉士は国家資格で相談対象は福祉全般、ケアマネージャーは介護分野が対象です 相談援助業務を行う資格には、介護業界ですと社会福祉士のほかにケアマネージャーもあります。

どちらも医療や介護分野に関する知識を持ち、介護福祉サービスを利用する際のサポートを行うことができますが、2つの資格にはどのような違いがあるのかご存知でしょうか?

同じ福祉分野の資格ですので、確認して取得の参考にしてください。

社会福祉士は国家資格

社会福祉士は国家資格になりますが、ケアマネージャーは都道府県が認定する資格です。

対象が違う

社会福祉士の相談援助の対象は、介護の分野だけでなく福祉全般になります。
対してケアマネージャーは介護分野のみを対象とします。

社会福祉士は対象分野が広い分、あらゆる分野の知識を習得しています。
一方で、ケアマネージャーは介護分野を専門に深く学んでいます。

仕事の仕方が違う

社会福祉士は、生活に関する相談支援と関係機関との連絡調整がメインになります。
対してケアマネージャーは、介護サービスを必要とする人から相談を受け、ケアプラン(介護計画)の作成をメインに行います。

社会福祉士とケアマネージャーの違い
社会福祉士 ケアマネージャー
資格の種類 国家資格 都道府県の認定資格
相談対象 子どもから高齢者まで生活に支障がある人すべて 高齢者
仕事内容 相談援助がメイン 相談援助やケアプラン作成

ケアマネージャーについて詳しく知りたい人はこちら>>

社会福祉士資格の取得難易度は?他資格とも比較

社会福祉士国家試験の合格率は例年30%弱となっており、2021年に実施された試験の合格率は29.3%でした。

社会福祉士国家試験合格率
合格率(%)
第29回 25.8
第30回 30.2
第31回 29.9
第32回 29.3
第33回 29.3

参考:厚生労働省 社会福祉士国家試験の受験者・合格者の推移

合格率を見ると、社会福祉士国家試験は簡単な試験ではないことがわかります。

社会福祉士は福祉全般が対象で、試験の出題範囲も広くなっているのが難易度が高い理由でもあります。しっかりと計画的に準備をして臨むのが良いでしょう。

ケアマネージャーや介護福祉士との難易度比較

同じ相談援助資格のケアマネージャーと、同じ国家資格の介護福祉士とで、資格の取得難易度を社会福祉士と比較してみましょう。

社会福祉士試験の合格率
30%弱
ケアマネージャー試験の合格率
10~20%前後
介護福祉士試験の合格率
70%前後

ケアマネージャーと難易度比較

ケアマネージャーの2020年に行われた試験の合格率は17.7%で、例年合格率は社会福祉士よりも低くなっています。

「ケアマネージャーは分野が介護だけなので、学習しやすいのでは?」と思うかもしれませんが、ケアマネージャー試験は受験するために実務経験が5年以上必要です。
つまり受験者に学生はおらず、働きながら目指す人がほとんどで学習時間の確保が難しいことが考えられます。

ですので、一概にケアマネージャー試験の方が難しいとはいえず、難易度は同レベルといわれています。

介護福祉士と難易度比較

介護福祉士の2021年に行われた試験の合格率は71%でした。

介護福祉士国家試験は実務者研修の修了と実務経験3年が必要です。
実務者研修は介護福祉士国家試験のベースとなる知識を学ぶことができ、すべての科目をしっかり受けていれば取得できる資格です。

介護福祉士は受験要件を満たして試験対策をすれば合格を目指せますので、社会福祉士よりも難易度は低いといえます。

なお、介護福祉士は国家資格ではありますが、仕事内容は相談援助ではなく現場での介護の仕事がメインになります。

社会福祉士を取得するには?

社会福祉士の国家試験を受験するには、受験するための要件を満たす必要があります。
要件を満たすには複数のパターンがあり、大学や短大、養成施設などの卒業や相談援助業務の実務経験などが必要です。

社会福祉士の資格取得を検討する際に、まずはどのような受験資格があるのかを確認しておきましょう。

■受験資格詳細:社会福祉振興・試験センター 社会福祉士国家試験 受験資格(資格取得ルート図)

社会福祉士は相談援助や管理職に興味がある人に向いています!

社会福祉士の資格は、先にお伝えした通り取得のメリットがたくさんある資格です。やりがいも大きく、将来性もある資格です。

「困っている人を助けたい人」「人の役に立ちたい人」「福祉に興味がある人」はぜひ目指していただきたい資格といえるでしょう。なかでも、高齢者だけではなく幅広い年代の人たちの助けになりたい人は社会福祉士に向いています。

また、社会福祉士の資格を取得すると、リーダーや施設長も目指しやすくなりますので、将来的に管理職を目指したい方にもおすすめです。

社会福祉士資格の取得は簡単ではありませんが、計画的に学習すれば合格に近づける資格です。スクール講座を利用するなどして、ぜひ取得を目指してみてください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?社会福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

 
自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2021 Network21, Inc. All rights reserved.