ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 介護現場で無資格でできること、できないこと

介護現場で無資格でできること、できないこと

  • 最短1ヶ月で資格取得をめざせる介護職員初任者研修
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。

無資格でも介護の職場で働ける?

実は介護の資格が無くても介護の職場で働くことはできます。介護保険法において、現時点では施設における介護職員の資格が問われていないためです。
しかし、介護サービスの中には資格の取得が義務付けられているものもあります
まずは、資格がなくても行える仕事を見てみましょう。

無資格でできる仕事

送迎業務

車で利用者の自宅までの送迎を行います。デイサービスなどの介護施設と自宅の間を送迎するには自動車の運転免許が必要ですが、介護の資格は必要ありません。

生活援助

「食事の支度」「衣類の洗濯」「生活必需品の買い物」「薬の受け取り」といった、利用者の生活をサポートする家事などの業務を行います。

身体介護

「食事を口へ運ぶ」「入浴や排せつの介助」「衣類の着脱の手伝い」「ベッドや車いすなどへの移乗介助」といった、利用者の身体に直接触れる介助を行います。

事務系業務

介護報酬請求や事業所内のシフト調整、職員の福利厚生サービスの手続きなどの事務的作業を行います。

無資格ではできない介護の仕事

無資格ではできない仕事は訪問介護です。上記にあげた生活援助や身体介護は、施設においては無資格でも行えますが、訪問介護では資格がないとできません。

訪問介護では利用者の家を訪問し、食事や入浴介助、排泄介助などの身体介護から、食事の用意や掃除、買い物などの生活援助を行います。
訪問介護員は基本的に1人で様子や状況を見て判断を行うことが多いので、専門的な知識と技術を求められます。そのため、介護保険法において介護職員初任者研修以上の資格が必須と定められています

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)修了者ができること

介護職員初任者研修は2013年度以前のホームヘルパー2級に該当します。そのため、介護職員初任者研修を修了した人はホームヘルパー2級修了者と同じく、訪問介護の仕事ができます

もしも家族に介護が必要になったときにも、介護職員初任者研修を取得しておけば、学んだ知識と技術を活用することができます。

介護の資格は必要?

無資格でも施設で働くことはできますが、転職・就職の際には資格取得者が優先されることが多いのが現状です。法で定められてはいないものの、応募条件を「介護職員初任者研修以上の資格取得者」としている事業所もあります。資格を持っている人は、介護の知識と技術を身に付けていると認められ、入社後すぐに戦力として活躍できると期待されるからです。

無資格の人は、まずは介護職員初任者研修を修了するのがおすすめ。
介護職員初任者研修を修了すると、上位資格である実務者研修の受講時に、カリキュラムの一部が免除されます。実務者研修のカリキュラム450時間以上のうち、介護職員初任者研修のカリキュラムと同様の内容である130時間が短縮されます。

将来的に介護福祉士国家資格を目指す場合、実務者研修は必須資格なので、まずは介護職員初任者研修、その後に実務者研修を修了すると、スムーズにステップアップができるでしょう。

介護資格はこんな取得方法もあり!
介護資格が取得できるハローワークの制度ってどんなもの?
実務者研修の費用を補助で安く受講する4つの方法

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.