ケア資格ナビ> 心理カウンセラーガイド> 心理カウンセラーの仕事について教えてください!

心理カウンセラーの仕事について教えてください!

  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • 高齢癒詩(こうれいいやし)です。
    社会人3年目の25歳。企業に勤めたが、資格を取って手に職をつけるために転職を決意。勉強はめっぽう苦手。
  • 講師の甲斐剛(かいごう)です。
    資格取得のエキスパート。年齢不詳。一見優しそうでありながら腹黒い一面を持つ??。謎多き男...。

先生! 今、学校や企業でメンタルサポートが重要だと聞いています。

それはどうしてなのでしょうか? 心理カウンセラーの仕事が人の役に立てる仕事と聞いて、興味を持っているんです。

でも近年、労働者たちの働き方について疑問視する声が高まり、国民の働き方やストレスの度合いなどが注目されるようになったんです。その後、国は「一億総活躍社会」というキーワードを掲げて「働き方改革」を推進するようになりました。働き方改革の目標「国民一億人が50年後も心身ともに元気で働く」ことを達成するために、メンタルケアにも注目が集まっています。
心理カウンセラーの仕事はとても奥が深いものです。
心理カウンセラーは悩みを持っている人に寄り添い、カウンセリングを行って、問題が解決できるよう手助けしていきます。
手順としては、まずクライアントの話をヒアリングします。話を掘り下げ問題を明らかにし、内容を整理します。クライアントには適宜、アドバイスを行います。
クライアントを良い状態に導くことが、心理カウンセラーの役目でもあります。

そういう仕事なんですね!
働く場所によって、仕事内容は変わるんですか?

基本的には「カウンセリングをする」という主だった業務内容は変わらないのですが、多少の違いはありますね。
勤務先が学校なのか、企業なのかと異なっただけでも相談者の年齢層に違いがありますよね。そうすると具体的な相談内容も変わってくるでしょう。
独立カウンセラーとして働く場合には、一般的な家庭の相談を受けることもあります。そういったときには、結婚や離婚などの悩みも出てくることが考えられます。

確かにそうですよね。ちなみに、心理カウンセラーといったらみんな同じ働き方をするのですか?

良い質問ですね。心理カウンセラーの場合、雇用カウンセラーとして働くか、独立カウンセラーとして働くかの二種類があります。
雇用カウンセラーは、企業や学校に属して定められた時間を勤務します。正社員やパートなど勤務形態の違いで時間数が異なります。
独立カウンセラーの場合はクライアントの要望と自分の予定を照らし合わせて、勤務スケジュールを自分で決定します。
心理カウンセラーを必要とするジャンルはたくさんあり、教育や産業・医療・福祉・地域などで働くことができます。

それぞれお給料に差はあるのでしょうか?

やはりお給料は勤務形態の違いや内容で差が出てきます。
独立カウンセラーとして名前の通った売れっ子カウンセラーになれたなら、雇用カウンセラーよりも稼ぐことができるかもしれません。しかし、誰もがそのようになれるとは限りません。臨床心理士や精神保健福祉士の資格を持っている人の年収が、約400万円前後と言われています。独立カウンセラーでこれ以上の収入を得るとなれば、初めは広告や営業などを行い、認知されるまでに、カウンセリング以外での努力も必要となってくるでしょう。

やっぱり専門的な勉強が必要ですよね。心理カウンセラーを目指す上で、資格を取るメリットはあるのでしょうか?

心理カウンセラーには、いろいろな資格があります。資格を持っていると強みになります。
心理カウンセラーの国家資格には2017年に創設された「公認心理師」ができたので、注目の資格となっています。その試験は2018年以降に始まる予定なんですよ。他にも民間資格が豊富にあります。
まず心理カウンセラーの資格が求人の条件に出されていることもありますし、持っていることでクライアントの信用を得ることができます。

心理カウンセラーとして働いた場合、資格の違いで職場は変わりますか?

専門とする内容に違いがあるので、職場で定められた資格が必要です。
雇用カウンセラーとして企業や学校に勤務したい人は、「公認心理師」「臨床心理士」「精神保健福祉士」「産業カウンセラー」などの資格が良いかもしれません。これらは求人の際に条件としてよく出されている資格です。
独立カウンセラーとして働きたい人は、自分が興味のある内容を学べる民間資格も良いでしょう。民間資格の中には「自分を変えたい人」「ビジネスを成功させたい人」「スポーツで良い成績をおさめたい人」などに適した講座があります。「NLPプラクティショナー」は代表的な例です。
他には「メンタルケアカウンセラー講座」や「メンタルトレーナー基礎コース」など具体的な目標がたてられる講座がたくさんあります。

産業カウンセラーなどの資格と民間資格は、どちらを取っておいたほうが良いのですか?

なかなか難しい質問ですが……。
心理カウンセラーの資格が取れる講座の内容は、それぞれに特徴があります。自分が習得したい内容を学習できる資格を取得することが良いのではないかと思います。民間資格の講座内容なら、ケア資格ナビで資料請求すると、すぐに分かりやすい資料が手元に届くので参考になると思います。

先生、分かりやすく解説してくださり、ありがとうございました。
ケア資格ナビにさっそく資料請求してみたいと思います!

近くのスクールの料金を一覧で比較できます。
資格取得はスクール選びから。家の近くのスクールを選ぶのも、職場近くのスクールを選んで仕事をしながら通学するのもいいですね。まずは、スクールの料金を一覧で比較してみて、気になったスクールがあったら資料請求してみましょう。資料請求は無料です。
スクール料金の一覧比較はこちらから
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーガイド

特集記事

新着記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.