ケア資格ナビ> 心理カウンセラーガイド> 資格について

心理カウンセラー資格の種類について

  • 現代社会になくてはならない心の専門家 心理カウンセラー
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

自分に合った心理カウンセラー資格の選び方

どこで活躍したい?

心理カウンセラーとして活躍したいと言っても、活躍する場所はさまざまです。メンタルクリニックで心理カウンセラーとして働いたり、学校でスクールカウンセラーとして働いたり、企業内で産業カウンセラーとして働くこともあります。

まずは自分がどの分野のカウンセラーとして活躍したいのかをはっきりさせておくことで、取りたい資格もおのずと絞られてきます

どうやって資格を選ぶの?

心理カウンセラーの資格は、国家資格の公認心理師以外はすべて民間資格です。
その他の資格は、さまざまな民間団体が認定を行っています。学習内容は幅広く、日常生活に役立つ初級レベルから、カウンセラーとして心理相談援助のスキルを身に付けられる上級レベルまであります。

心理カウンセラーに興味を持った人は、心理カウンセラーの資格を取得して、どのようなことに役立てていきたいかを考えた上で、目指す資格を検討したほうが良いでしょう

心理カウンセラーの資格を一部紹介

心理カウンセラーの資格には、講座を受講して取得する資格や大学に通うことで取得できる資格などがあります。

スクールや団体で目指せる資格

メンタルケアカウンセラー(R)

「メンタルケア学術学会」「生涯学習開発財団」「ヘルスケア産業推進財団」が認定する、指定講座を修了することで取得できる入門レベルの資格です。
心理学・メンタルヘルス・カウンセリングの基礎知識を習得し、自身のメンタルコントロールや、円滑な人間関係を築くことに役立てることができます。こちらの資格でメンタルヘルスの基礎を学んだ後に、他者へのカウンセリングスキルが学べる上位資格を目指す人が多くいます。

メンタルケア心理士(R)

人間関係や仕事、病気など、さまざまな悩みやストレスによる心の不調に対して、相談援助や心理カウセリングを行うスキルを証明する資格です。こころ検定2級に合格し、登録申請することで認定されます。
出題範囲はカウンセリングの技法や心理療法だけでなく精神解剖生理学・精神医科学に関する基礎知識にまで及びます。
さらに上位の資格としては「メンタルケア心理専門士(R)」があります。

メンタルケア心理士(R)について詳しく知りたい人はこちら>>

メンタル心理カウンセラー

日本能力開発推進協会の認定資格です。
指定の講座を修了し、在宅で受けられる試験に合格すると取得できます。心理学・カウンセリングの基礎知識やクライアントとの信頼関係の築き方など、カウンセリングに必要な基礎能力を備えていることを証明する資格です。独立カウンセラーとして働くための開業方法についても学べます。
上位資格である上級心理カウンセラーでは、心理系大学に通わなければ学べないようなカウンセリングスキルを習得することができます。

産業カウンセラー

日本産業カウンセラー協会の認定資格です。
傾聴を基本としたカウンセリング技法、職場のメンタルヘルスケア、産業・組織心理学、労働法規などの専門的知識と技能を習得していることを認定する資格です。
上位資格としては「シニア産業カウンセラー」があります。

大学で目指せる資格

認定心理士

公益社団法人日本心理学会が認定する心理資格です。
4年制大学で一定数の心理学の単位を修得した後、書類を日本心理学会に申請することで取得できます。試験はありません。
資格を取得することで、大学で心理学における基礎的な知識と技能を身につけたことが証明できます。

臨床心理士

臨床心理士の受験資格は、臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院で臨床心理学系修士号を取得した人、医師免許取得者で取得後心理臨床経験2年以上を有する人などです。
転職や再就職で心理カウンセラーを目指そうと考えている人にとっては、大学院受験・修了、資格試験があり、厳しい選択と言えそうです。
心理カウンセラーとしては、知名度・取得難易度ともに高く、医療や教育の分野で心理カウンセラーとして働きたい人が多く目指しています。

精神保健福祉士【国家資格】
精神に障がいのある人やその家族の支援業務を行う国家資格です。カウンセリングは行わないものの、患者からの相談を受けて施設の紹介や社会復帰のための助言・指導などを行います。
資格勉強と仕事を両立させるなら、専門学校などで開講されている通信講座を受講し、実務経験を積んだ後に国家試験を受験する方法がスムーズです。勤務先は精神科病院を中心に、障がい者施設や市町村の保健センター・老人ホームと求人は豊富です。

※当サイトで資料請求できる資格以外も紹介しています。

おわりに

上記のように、心理系資格はさまざまなものがあるので、資料などで事前に比較検討することをおすすめします。資格の内容を理解して選び、必要な知識をしっかり学習することが、カウンセラーへの第一歩となるでしょう
スクールによっては就職・転職のサポートをも行っています。心理カウンセラーの資格を生かした就職や転職を希望する場合は、求職者に対するサポートがあるスクールかどうかも確認しておくと安心ですね。

ケア資格ナビでは、「夫婦問題カウンセラー講座」「産後ケアリスト認定講座」「ペットロス講座」など、目的を絞って専門的に学べる講座も複数掲載しています。一つに絞れない、あるいは詳細を知りたい場合はせひ資料請求してみてください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?心理カウンセラー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.