ケア資格ナビ> 心理カウンセラーガイド> 日本初のEAPスクール リカレントでメンタルヘルスを学ぼう!

日本初のEAPスクール リカレントでメンタルヘルスを学ぼう!

Eapcounselor
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

リカレント メンタルヘルススクールの主任講師、石川裕理先生に今大注目のEAPやスクールについてのお話を伺いました。

あらゆる分野で活躍できる、こころの専門家を養成します

--リカレント メンタルヘルススクールはどのようなスクールなのでしょうか?

当校は、社会人の再教育を目的とした教育機関の「リカレント」から、 日本で初めてのEAP専門スクールとして誕生しました。 大学の心理学科や大学院の専攻レベルの内容を段階的に習得できるように、カリキュラムを構築しています。さらに、卒業後には即戦力として活躍できるように、実践的な内容を盛り込んでいます。初心者をカウンセラーに養成する専門校として、合格保証制度などの資格取得サポートや、就職サポート制度を用意しています。

--EAPとはどのような意味なのでしょうか?

EAPとはEmployee Assistance Program、つまり従業員支援プログラムのことで、働く人のメンタルヘルスケアを意味します。

--スクールの特徴を教えてください。

EAPとは働く人のメンタルヘルスのことを指しますが、私たちが目指すのは、必ずしも会社組織に属している人のみを対象とした専門家ではありません。家庭や学校などのあらゆる組織(集団)に属する人々へ、適切な支援ができるこころの専門家の養成を目指しています。こころの不調というのは、人と人とのつながりの中に原因があることが多く、解決に導くにはその環境から改善することが必要になるため、リカレントでは対個人・対組織(集団)の両面からスキルを習得していきます。

--リカレント メンタルスクールで、石川先生はどんな授業を担当されていますか?

私は主任講師として、カウンセリングの基礎から実践演習・資格対策の授業まで幅広く担当しています。 初心者から、次代を担うEAPメンタルヘルスカウンセラーやEAPメンタルヘルスコンサルタントの養成を目指しています。

--具体的にどのような内容を指導していますか?

メンタル不調者への心理カウンセリングの基礎をはじめ、短期間で結果を出すために必要な心理療法や心理の知識について、具体例や実践を交えて指導しています。授業の中では、こころの健康の支援に必要不可欠なカウンセリングスキルを基礎からトレーニングします。またメンタル不調を抱える部下を持つ上司や同僚の方に対してなど、不調者本人とその方をとりまく複数の人に対してもカウンセリングを行えるよう、高度なスキルまで習得できるように指導しています。リカレントの講師陣は私を含め、全員が現役の臨床心理士やEAPメンタルヘルスカウンセラーです。授業内でも数多くの事例を取り扱っていきますので、つねに実務を想定しながらインプット・アウトプットを繰り返すことができます。

身近にいるメンタル不調の方を支援したい想いから学ぶ方が多いです

--通われている方々の入学のきっかけはなんですか?

入学のきっかけとしては、ストレスやメンタル不調が原因で心身症状が出ている方が身近にいて、そのような方を支援したいという想いから学びに来られる方、残業・ノルマなどの労働環境の問題、退職の相談などを実際に受ける立場にいて、メンタルヘルスや知識の必要性を感じて入学されてくる方など、さまざまな方がいらっしゃいます。

--どのような方が通っているのでしょうか?

クラスの約8割の方は、初心者からの学習のスタートです。メンタルヘルスの基礎知識やさまざまな心理療法、カウンセリングの進め方などを段階的に学んでいくので、初めて学ぶ方でも無理なく学習を進められます。心理カウンセラーやEAPメンタルヘルスカウンセラーを目指したい方、人事担当者の方、EAPサービス企業を立ち上げたい方など、モチベーションの高いクラスメイトが集まりますので、楽しみながらも質の高い学びの時間を過ごしているようです。

幅広い方に対応できるEAPと心理メンタルヘルス分野の総合カウンセラー資格

--資格取得について教えてください。

修了後は、受講生達はEAPメンタルヘルスカウンセラー資格、メンタルヘルス・マネジメント®検定などの資格を取得し、習得したスキルを形にしています。

EAPメンタルヘルスカウンセラー資格は、特定非営利活動法人EAPメンタルヘルスカウンセリング協会(EMCA)が認定したライセンスで、EAPとメンタルヘルス分野における総合カウンセラー資格として2013年に日本で初めて誕生しました。資格を取得することで、メンタル不調などが原因で仕事のパフォーマンスが低下している人に対して、EAPカウンセリングを行うスキルを習得しているだけではなく、メンタル不調者を取り巻く方も含めた複数の方のカウンセリングを行える高度なスキルや、メンタル不調者が所属する組織に対して、具体的なアドバイスや提案も行うことができます。

メンタルヘルス・マネジメント®検定は大阪商工会議所が主催する検定で、Ⅱ種(ラインケアコース)と、Ⅰ種(マスターコース)があります。Ⅱ種では部下が不調に陥らないように普段から配慮するためのスキルや安全配慮義務にのっとった対応を潤滑に行うための知識、Ⅰ種では企業内における内部EAPの構築や外部EAPとの連携、社員へのメンタルヘルス対策における教育・研修等の企画・立案・実施ができる知識を習得できます。

試行錯誤をしながらも活躍する卒業生を見るのが何より嬉しいです

--卒業生について教えてください。

リカレントの卒業生は、クリニックでの勤務、リカレント メンタルヘルスセンターでのカウンセラー業務、地震等の被災地域の方に向けた電話カウンセリング業務、障がい者支援、企業向けメンタルヘルスプログラムの構築、人事担当の立場からの企業内でのメンタルヘルス対策推進業務など、さまざまなフィールドで活躍しています。

--先生をやっていてよかったことはなんですか?

修了後もスクールで顔を合わせることが多く、積極的にアドバイスを求めにきてくれることも多いです。試行錯誤の連続ではありますが、卒業生が活躍している姿を間近で見ることができるのは、何より嬉しいことですね。

--学ばれている方、これから入学を検討されている方へメッセージをお願いします。

2015年12月に、従業員が50人以上の企業に対し、国のメンタルヘルス対策として、ストレスチェック義務化がスタートしたことで、EAPメンタルヘルスカウンセラーのニーズがさらに急増しています。

ストレスチェックの実施体制や、実施後の措置を行うための体制構築をはじめ、状況に応じ、メンタル不調者に定期的にカウンセリングを行うなど、さまざまな場面でEAPメンタルヘルスカウンセラーが必要とされています。卒業生がEAPメンタルヘルスカウンセラーやコンサルタントとして、先駆的な存在となり、メンタル不全で悩む多くの方や企業を変える大きな力となることを願っています。

リカレント メンタルヘルススクール 主任講師 石川 裕理
臨床心理士。EAPメンタルヘルスコンサルタント。日本、アメリカの大学院にて臨床心理学を修了。REBT(論理療法・人生哲学感情心理学)、精神分析、交流分析、家族療法、ターミナルケア(死に直面した人への心理援助法)などを学ぶ。現在は石川裕理心理相談室の室長として個人へのカウンセリングを行う傍ら、精神クリニックにて、グループセラピーの講師としても活動。相談・コンサルティング総合サイト「オールアバウト・プロファイル」登録心理カウンセラー。


[取材協力]
主任講師 石川裕理様
リカレント:東京都新宿区新宿3-1-13京王新宿追分ビル4F
リカレントの講座情報はこちら>>

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?心理カウンセラー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.