ケア資格ナビ> 心理カウンセラーガイド

全国の「心理カウンセラー」資格講座を一覧比較

  • 現代社会になくてはならない心の専門家 心理カウンセラー
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

目次
  1. 心理カウンセラーとは
  2. 心理カウンセラーの資格はどんなものがあるの?
  3. 目的別!心理カウンセラーの資格の種類
  4. 心理カウンセラー資格は独学で取得できるの?
  5. スクールで取得できる心理カウンセラー資格の特徴
  6. スクールで心理カウンセラー資格を取得するには
  7. 心理カウンセラーの仕事について
  8. 心理カウンセラーの将来性

心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとは、心に悩みを持つ人がその悩みを解決できるようにカウセリングを行う、メンタルケアの専門家です
相談者の話に耳を傾けながら質問したり要約することで、相談者自身が問題を整理し解決できるようサポートをします。

心理カウンセラーと言うと、その名前の資格を取得して仕事をしていると想像しがちですが、現状では「心理カウンセラー」という名称の国家資格はありません。心理カウセリングをする人の総称、または各団体の認定資格として心理カウンセラーという言葉が使われています

また、心理カウセリングの知識やスキルは大学や大学院で学ぶことができるだけでなく、民間スクールでも学ぶことができます。民間資格には多種多様なものがあり、取得をして独立開業や副業に生かしている人もいます。

心理カウンセラーになるには資格は必要?

心理カウンセラーとして働く際に、職場によっては資格を求められることもありますが、資格が必須というわけではありません。極端な話、資格がなくてもカウセリングルームを開くこともできてしまいます。

しかし、多様な悩みを抱える相談者にあいまいな知識のままカウセリングを行っても、解決に導くことは難しいと言えるでしょう。相談者も資格を持たない人よりも、資格を持っている人に相談したいと思うのが通常です。

資格を持っていることで、一定のカウセリング知識とスキルが保証され、結果的に多くの悩んでいる人を助けることにつながります

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

心理カウンセラーの資格はどんなものがあるの?

心理カウンセラーの資格は、さまざまな団体が認定するものが数多く存在します。 カウンセラーとしての基本的な知識を短期間で学べるものから、国家資格なみの履修時間でプロのカウンセラーを目指すものもあります。自分自身のために学ぶものから企業で活躍したい人向けのものなど、種類もさまざまです。

大学や大学院を卒業しなくてもどなたでも目指せる資格は、スクールで講座が開催されている心理カウンセラー資格になります。スクールで取得できる資格は試験を受けて取得するものと、講義を修了して認定されるものがあります。
スクールの心理カウンセラー資格は30代、40代の女性に特に人気があり、3~4カ月で学べるものが人気です

以下に心理カウンセラーの資格を目的別に紹介しますので、目標となる資格を見つけるための参考にしてください。

目的別!心理カウンセラーの資格の種類

カウセリングの基本から短期間で身に付けたい

メンタルケア心理士(R)

講座ではカウンセリングの基本技法から精神解剖生理学、精神医科学などを学びます。正しい心理カウセリングや心理療法ができるようになります。

取得方法 指定講座を修了し、文部科学省後援のこころ検定(R)2級に合格後、メンタルケア心理士資格登録を行うことで資格が授与されます。正答率70%以上で合格です。
標準学習期間 4ヶ月
認定団体 メンタルケア学術学会
メンタル心理カウンセラー

講座ではカウセリングの基礎知識、クライエントに関する基礎知識、心理学に関する基礎知識、精神医学の基礎知識を学びます。医療・福祉・教育・産業など、さまざまな業界で求められるカウセリング能力があることを証明する資格です。

取得方法 認定講座を修了後に在宅で受験します。得点率70%以上で合格となります。
標準学習期間 2ヶ月
認定団体 日本能力開発推進協会
心理カウンセラー

試験ではカウセリングの理念や実践、心理学、心理療法、精神医学、心身医学、メンタルヘルスについて問われます。未経験からでも心理カウンセラーとして活躍できるスキルが身に付きます。

取得方法 養成講座を修了するか、大学の心理学部またはそれに隣接する学部を卒業している人が試験を受験できます。
標準学習期間 2~4カ月
認定団体 日本推進カウンセラー協会
認定カウンセラー

養成講座の受講で、心理療法や理論のほか現場ですぐに活躍できる知識と技術を身に付けることができます。受講資格は18歳以上になります。

取得方法 指定の養成講座を修了後、審査によりカウンセラー認定資格を得られます。
標準学習期間 54時間
認定団体 日本応用カウセリング審議会

カウセリングのプロフェッショナルを目指したい

プロフェッショナル心理カウンセラー

この資格を取得すると、臨床心理士とは異なった特徴や強みをいかしながら活躍できるプロの心理カウンセラーであることが証明されます。高い専門性や社会経験を重視する資格です。専門知識を一通り取得できる『一般』レベルと、国家資格並みの『上級』レベルの2段階に分かれています。

取得方法 認定教育機関で必要なカリキュラムを修了後、試験に合格する必要があります。
標準学習期間 一般レベル242時間、上級レベル1280時間
認定団体 全国心理業連合会(全心連)

自分自身のために学びたい

メンタルケアカウンセラー(R)

心理学を身近な学問として学ぶことができる、入門レベルの資格です。自分のメンタルコントロールやコミュニケーション円滑化などに役立ちます。

取得方法 講座を受講し4回の添削課題を一定レベルでクリアすると、資格を取得できます。
標準学習期間 3ヶ月
認定団体 メンタルケア学術学会
NLPプラクティショナー

自分や相手の心理を学ぶことから始まり、コミュニケーション能力やリーダーシップ能力の向上など、自分自身のパフォーマンスアップや目標達成につながるノウハウを学べます。上位資格としてNLPマスタープラクティショナーがあります。

取得方法 NLPの講座修了後に資格申請をすることで認定資格が得られます。
標準学習期間 通学例:420分×8回 / 56時間(講座により学習時間が異なります)
認定団体 米国NLP協会、日本NLP協会

企業で活躍したい

EAPメンタルヘルスカウンセラー

メンタルヘルスの基礎知識からカウセリング手法、心理療法まで、メンタルヘルスケアのノウハウを学べます。資格を取得することで、企業において働く人のカウセリングや心の病で求職した人の復職支援などができるようになります。

取得方法 認定カリキュラムを修了後、EAPメンタルヘルスカウンセラー資格認定試験に合格し、認定団体に入会すると資格を取得できます。
標準学習期間 全42回105時間相当
認定団体 EAPメンタルヘルスカウセリング協会
メンタルヘルス・マネジメント(R)検定 I種II種III種

働く人たちの心の不調を未然に防いだり、活力のある職場づくりのためのメンタルヘルスケアを行うことのできる資格です。職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を身に付けられます。Ⅰ種は人事労務管理スタッフ・経営幹部向け、Ⅱ種は管理職向け、Ⅲ種は一般社員向けの内容です。

取得方法 試験を受験し合格することで取得できます。
標準学習期間 Ⅰ種32時間、Ⅱ種24時間、Ⅲ種16時間
認定団体 大阪商工会議所
キャリアコンサルタント

こちらは心理系資格ではありませんが、2016年に国家資格となった資格です。相談者の適正や関心事項などを分析して、職業選択や能力開発・向上するための相談や助言を行う国家資格です。心理系資格と併せ持つことで、活躍の場が広がります。

取得方法 厚生労働省が認定する講習を修了するなどの受験資格を満たし、国家試験に合格する必要があります。合格後にキャリアコンサルタント名簿に登録することでその名を名乗ることができます。
標準学習期間 講習は150時間
認定団体 日本キャリア開発協会、キャリアコンサルティング協議会
産業カウンセラー

働く人のメンタルヘルス対策やキャリア開発をサポートするための知識などを身に付けられます。メンタルヘルスやキャリア・カウセリング、人間関係開発などの専門的な知識と技能、傾聴のスキルを習得できます。

取得方法 協会が行う養成講座を修了または大学院において指定の科目の単位を取得するなど、受験要件を満たして試験を受験します。合格後に協会に登録すると産業カウンセラーとして活動できます。
標準学習期間 養成講座 通学116時間・Web講義32時間・テスト13時間・課題28時間相当
認定団体 日本産業カウンセラー協会

学校や医療機関で活躍したい

大学や大学院などを卒業して取得する資格

以下の資格は大学や大学院などで心理等の専門科目を学ぶことで受験資格を得られます。学校や医療機関で活躍している人の多くは以下の資格を持っており、心理の専門家と認められています。

●公認心理師
●臨床心理士
●認定心理士
●臨床発達心理士
●学校心理士

※当サイトで資料請求できる資格以外も含まれます。

心理系唯一の国家資格「公認心理師」とは?
心理系の資格は数年前まで、臨床心理士をはじめ民間資格しかありませんでした。時代のニーズに合わせ、心理系の資格としては待望の国家資格「公認心理師」が2017年に創設されました。第1回国家試験は2018年9月に実施され注目を集めました。
公認心理師は臨床心理士と同じく「医療・教育・産業・福祉・司法」の分野で活躍できます。学校のスクールカウンセラーや民間企業、医療機関のカウンセラーなどです。
将来的には、医療機関のカウンセラーは公認心理師の取得を求められることが見込まれています。

心理カウンセラー資格は独学で取得できるの?

心理カウンセラーの資格は上記のように、さまざまな種類のものが数多く存在します。 これらの資格は独学で取得できるのでしょうか?
結論を言うと、独学で取得できる資格とできない資格があります

知名度や信頼度の高い「臨床心理士」や国家資格の「公認心理師」などは、基本的に大学と大学院で心理学を学ぶことが試験を受ける条件になっていますので、自ら教材などで学んでも取得することはできません。講座の修了が受験条件になっている資格も、独学での取得はできません。

民間資格で独学でも取得できる資格は、例えば、2級を取得すれば「メンタルケア心理士」の称号を得ることができる「こころ検定」は、3級と4級の場合は、公式テキストを手に入れ学習すれば独学で合格も可能です。 メンタルヘルス・マネジメント検定もⅡ種とⅢ種は独学で合格している人も多い資格です。

ただし、独学でも取得可能な資格は、心理学の基礎的な知識を問われる試験が多く、合格しても相手をカウセリングできるスキルは身に付けられないものがほとんどです。

心理カウンセラーとして活躍したい方は、カウセリングスキルの実践を学べるスクール講座を受講することをおすすめします

スクールで取得できる心理カウンセラー資格の特徴

大学や大学院を卒業しなければならない資格はハードルも高いため、スクールで取得できる資格に興味を持つ方も多いのではないでしょうか。
民間スクールで取得できる心理カウンセラー資格は、受講期間が短く取得しやすい資格がたくさんあります。そのほかにも特徴がありますので、確認してみましょう。

スクールの心理カウンセラー資格の特徴

最短2カ月で資格が取れます!

スクールの講座の中には最短2カ月で心理カウンセラー資格の取得を目指せるものもあります。2カ月の短期間でも基礎から高度なカウセリングスキル、開業するための知識まで学べる講座などがあります。

働きながらでも資格が取れます!

スクール講座には通信学習のみで取得ができる資格もあります。通信学習なら自分の好きな時間に自宅で学習を進めることができます。働きながらでも子育て中でも、無理なく資格取得を目指すことが可能です。 通学講座には開催日が休日のみの講座などもあり、ライフスタイルに合わせた講座を選ぶことができます。

どなたでも受講できます!

ほとんどのスクール講座には受講要件はなく、どなたでも受講することができます。心理学に興味があり学んでみたいという人からビジネスや私生活に生かしたい人、カウセリングルームを開業したいという人まで、さまざまな人が学んでいます。

スクールで心理カウンセラー資格を取得するには

心理カウンセラーの資格は、講座を受講後に認定されるものと、受講後に試験を受けて取得するものがあります
各認定団体により受講資格やカリキュラムが異なりますので、資料などで詳細を確認し自分の目的と合う資格を取得しましょう。

受講資格

ほとんどのスクール講座では受講資格がありません。

受講期間

コースによって異なりますが、通信の場合2~6カ月、通学の場合1~6カ月程度です。

受講スタイル

心理カウンセラー講座には通学講座と通信講座、「通学+通信」併用講座があります。
通学講座ではロールプレイングなどの実践スタイルで学ぶことができ、通信では自宅の好きな時間に自分のペースで学習を進められます。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

心理カウンセラーの仕事について

心理カウンセラーの活躍の場

心理カウンセラーは、病院やクリニックなどの医療機関、小・中学校などの教育現場、一般企業、介護施設、地域の相談センターなど、心のサポートが必要な人がいるさまざまな現場で活躍しています。自分でカウンセリングルームを開いたり、電話やメール相談を受け付けるカウンセラーもいます。

心理カウンセラーの年収は?

心理カウンセラーの年収は350万~460万円ほどの人が多いようです。活躍の場は幅広く、どのような職場で働くかによって待遇や年収も変わってきます
メンタルクリニックなどの医療機関で働く人は440万円程度、スクールカウンセラーは360万円程度、大学院を卒業して取得する臨床心理士の資格を持っている人は年収430万円程度の人が多いようです。
独立開業する場合は、おこづかい程度の人から1000万円超えの人までさまざまです。

心理カウンセラーの将来性

現代の日本では、多忙なスケジュールやめまぐるしく変わる環境に適応できずに心が病んでしまう人も多く、うつ病の患者数は年々増加傾向です。
職場でも心を病む人が増えており、従業員数50人以上の事業所ではメンタルヘルス対策のために、ストレスチェックの実施も義務化されています。

昨今ではSNSやチャット形式のコミュニケーションが浸透し、さらにウィズコロナの時代に入り、人と集まることをできるだけ避けるような新しい生活様式も求められています。
私たちのコミュニケーション形式や人間関係、生活様式はさらに多様で複雑になり、ストレスを抱える人がますます増えています。

一方で、欧米では日常的に利用されているカウセリングが、日本でも身近なものとなりつつあり、カウセリングを受ける人も増えています。こうした世の中の流れからも、心のケアができる心理カウンセラーの需要は、今後ますます高まっていくと言えるでしょう。

ストレスチェック義務化について詳しくはこちら>>

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーガイド

特集記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.