ケア資格ナビ> 心理カウンセラーガイド

全国の「心理カウンセラー」資格講座を一覧比較

  • 現代社会になくてはならない心の専門家 心理カウンセラー
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとは、心に悩みを持つ人がその悩みを解決できるように手助けをする心理学の専門家です。ストレスの多い現代では老若男女を問わず、心に悩みを抱えている人が増加傾向にあり、心理カウンセラーの有用性が認められはじめています。

これまで心理カウンセラーは、臨床心理士をはじめ民間資格しかありませんでしたが、時代のニーズに合わせ、心理系の資格としては待望の国家資格「公認心理師」が2017年に創設されました。第1回国家試験は2018年9月に実施される予定となっており、注目が集まっています。

心理カウンセラーになるには

ルートは2つ!

心理カウンセラーになるルートは2つあります。1つ目は心理系の大学と大学院で学んで資格を取得し仕事に就くルート、2つ目は民間の養成スクールで学んで資格を取得し仕事に就くルートです。
大学や大学院を卒業することで臨床心理士や公認心理師の資格を目指せますが、短期間で心理カウンセラーを目指したい人は、養成スクールに通うルートになるでしょう。

スクールの資格とは?

レベル別・目的別に資格の種類が豊富

養成スクールで目指せる資格には、心の不調に向き合うスキルを身に付ける資格や職場のメンタルヘルス対策に役立つ資格などがあります。
スクールの心理カウンセラー資格は、大学で心理学を専攻していない人でも養成講座に通うことで取得することができます。スクールの養成講座で学んだことは教育や産業・医療・福祉・地域・家庭などさまざまなフィールドで生かすことができます。

活躍できる職場

幅広い分野で活躍できる

勤務先の条件に合った心理カウンセラーの資格を取得していれば医療機関や介護施設・一般企業・地域など、心理的な支援が必要とされる現場で働くことができます。また、独立して個人のカウンセリングルームを開き、電話やメール相談を受け付ける人もいます。

将来性は?

ストレスチェックで需要あり

ストレスで体調を崩したり、うつ病などを発症して休職する従業員が増えており、職場における従業員の心の不調が深刻な問題となっています。
このような状況をふまえ、2015年12月からメンタルヘルス対策として、従業員数50人以上のすべての事業所にストレスチェックの実施が義務化されました。このことからも、心理カウンセラーの需要は高くなっていると言えます。

ストレスチェック義務化について詳しくはこちら>>

心理カウンセラーの資格が注目されています

SNSを使うことが当たり前のようになっている現代、情報を即座に入手できる反面、人間関係は複雑になっています。心が休まる時間が減り、気が付かないうちにストレスを抱え、中には心を病んでしまう人もいます。実際、うつ病の患者数や自殺率は年々増加傾向にあります。
こうした背景から、自分自身のメンタルケアのために心理系の講座で学んだり、心理カウンセラーの資格を取得する人が増えているのです

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

心理カウンセラーの資格を取得するには

取得方法

大学の心理系の学部などで学ぶ以外に、スクールが主催する心理カウンセラー養成講座を受講し、認定試験に合格することで取得できる資格があります。特に心理カウンセラーは他の資格と比べて数が多く、各認定団体により受講資格やカリキュラムが異なりますので、講座情報の詳細を確認して自分に合っている資格をみつけることが先決です。
詳細を確認するには、資料を請求して比較すると内容の差がはっきりします。

受講内容

受講内容は資格によって異なりますが、主に「心理学」や「人間の体」「心の疾病」などを幅広く学びます。スクールによっては「開業のための流れ」や「収支計画の作成」まで、将来に沿った内容を学べる講座もあります。

受講資格

ほとんどの講座には受講資格が設けられていません
受講するスクールで確認してください。

受講期間

コースによって異なりますが、
通信の場合3~6カ月
通学の場合1~6カ月程度です。

主な心理カウンセラー、資格の種類

心理カウンセラーの資格は資格によって学ぶ内容が異なるので、自分の目的に合った講座を選ぶことが重要です。ケア資格ナビに掲載されている主な心理カウンセラー資格の例を、見ていきましょう。

心の不調と向き合う

日常生活全般のストレスなどに悩んでいるなら
・メンタルケアカウンセラー
・メンタルケア心理士(R)
・メンタル心理カウンセラー

専門的に学ぶことで自分自身が抱える心の問題に向き合うことができ、ストレスの軽減にもつながるでしょう。資格を取得すれば、メンタルケアの仕事に携わる第一歩となります。

これまでの社会経験を生かす

専門性の高いカウンセラーを目指したいなら
・プロフェッショナル心理カウンセラー

一般社団法人全国心理業連合会(全心連)が定める全国統一認定資格です。多様なレベルの民間資格が混在する中、より質の高いカウンセラーの育成を目指して誕生しました。
カウンセラーとしての専門知識を一通り取得できる『一般』レベルと、国家資格と同等の履修時間を要する『上級』レベルの2段階に分かれています。
また、これまで人と関わる仕事に就いた経験がある場合は、資格取得の際にその実績が実習研修の一部としてカウントされる場合があります。

職場のメンタルヘルス対策

勤務条件など職場で心の不調を解消したいなら
EAPメンタルヘルスカウンセラー
メンタルヘルス・マネジメント(R)検定I種II種III種

国は労働者のメンタルヘルス対策を推進しており、注目の分野です。従業員が生き生きと働ける職場づくりのために、企業がメンタルケアの専門家を配置する動きも出ています。
心に不調のある人は、仕事のパフォーマンスも低下しがちです。従業員の心の不調を早期に発見し、精神面が安定できるようストレスを解消する手立てを行うことがEAPメンタルヘルスカウンセラーの仕事です。

パフォーマンスアップ

自分自身の能力を最大限に伸ばすために
・NLPプラクティショナー

心理学をもとに、リーダーシップ・コーチング・マネジメント・コミュニケーションなどの能力を高めるための資格です。心理カウンセラーとして活躍したい人はもちろん、世界で活躍するビジネスマンや多くの著名人たちが、人間関係を円滑にし、ビジネスを成功させるための資格として注目しています。

キャリア形成を考える

キャリアプランをサポートするなら
キャリアコンサルタント

心理系資格ではありませんが、2016年に国家資格となったキャリアコンサルタント。相談者の適正や関心事項などを分析して、職業選択や能力開発・向上するための相談や助言を行う国家資格です。

さまざまなシーンで活用できる!

プライベートに、現在の仕事に役立てる
・夫婦問題カウンセラー
・アニマル・ペットロス療法士
・心理テストライター
・メールカウンセラー

スクールの講座は、心理カウンセラーという職業に就くのではなく、心理学で学んだ知識を自分自身、あるいは身近な人に役立てたい場合にも有効です。
心理学の専門的な知識を身に付けておくと、自己のメンタルケアやコントロール、人間関係の改善、コミュニケーション能力の向上にはもちろん、家族や友人、同僚など身近な人を支える上でも役立ちます。
自分自身のための受講をきっかけにますます心理学に興味を抱き、心理カウンセラーを志すようになった人もいます。

その他

大学院を卒業するなどの受験資格が必要な資格も含め、心理系の資格には他にも以下のような資格があります。

  • 公認心理師(国家資格)
  • 臨床心理士
  • 産業カウンセラー
  • 認定心理士
  • 産業カウンセラー
  • 臨床発達心理士
  • 学校心理士
  • ケアストレスカウンセラー
  • 精神対話士

※当サイトで資料請求できる資格以外も含まれます。


心理カウンセラーという職業に興味を持ち目指している人の中には、自身が悩んだ経験を持っている人が多くいます。

これまで悩み苦しんできた経験や、それを乗り越えてきた体験は、きっと誰かの助けになるはず! あなたも心理学を学び、心理カウンセラーとして誰かの悩みを受け止めてみませんか?

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーガイド

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.