ケア資格ナビ> 生活習慣病予防ガイド

生活習慣病予防の厳選資格講座を一覧比較

  • 生活習慣を客観的に見つめなおしライフスタイルを改善「生活習慣病予防」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

生活習慣病予防はこんな資格です

生活習慣病についての基礎知識や予防に関する知識、健康管理について学ぶことのできる資格です。
糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、偏った食事や運動不足、過度の飲酒、喫煙、過度のストレスなどが積み重なると発症のリスクが高くなります。これらは自覚症状があまりないので、気が付くと進行してしまい狭心症や心筋梗塞、脳卒中など命に関わる疾患を引き起こします。

生活習慣病予防の資格講座では、生活習慣病の基礎知識や予防法、健康管理について学ぶことができ、家族や自分の健康管理をしたり、第三者へ健康についての総合的なアドバイスを行う技術を身に付けることができます

生活習慣病予防の資格はどう生かせるの?

資格を取得すると、生活習慣病予防や健康管理について、正しい知識が身に付いていることが証明できます。学んだ知識をもとに、自分や周囲の人の健康維持、病気の予防に役立てることができます。

講座で学んだ知識は仕事でも役立ちます。病院や福祉施設で働いている人が患者や利用者に健康指導を行ったり、美容業界で働く人が資格の知識をもとに、お客様に健康に関するアドバイスを行うケースもあります。最近耳にすることの多い「食育活動」の現場でも、資格取得者が多く活躍しています。
プラスアルファの知識として学ぶことで、医療・福祉関係をはじめ美容業界、飲食業界の人も、お客様とのコミュニケーションに活用したり、信頼を高めることにつなげています。

生活習慣病予防資格の将来性は?

今後さらに高齢化が加速する中、生活習慣病の予防や健康管理は、長く元気に生活するために重要な要素のひとつとして注目されています。内閣府の調査によると、生活習慣病予防に関する専門的なアドバイスを求める声は高まっており、スペシャリストの存在がクローズアップされてきています。

2018年の介護報酬改定で自立支援がさらに重要視されるなか、「介護予防」にも注目が集まっています。介護予防にも通じる資格として生活習慣病予防の資格も注目を集めており、今後もさらに需要が高まると言えるでしょう。

生活習慣病予防資格の取得方法や難易度

健康管理士一般指導員

取得方法

「健康管理士一般指導員受験対策講座」を修了し、資格認定試験に合格すると資格を得ることができます。

受講期間

約4ケ月

難易度

合格率は70%程度です。60%程度の正答率で合格できます。講座をしっかり受講すれば合格できるので、難易度は高くないと言えるでしょう。

生活習慣病予防アドバイザー資格

取得方法

日本能力開発推進協会指定の認定教育機関が行う講座を修了し、資格認定試験に合格すると資格を得ることができます。

受講期間

約4カ月

難易度

70%程度の正答で合格できます。試験はテキストを見ながら受験できるので、難易度は高くないと言えます。

生活習慣病予防アドバイザー資格について詳しくは以下を参照ください。
参考:一般財団法人日本能力開発推進協会

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.