ケア資格ナビ> 日本語教師ガイド

日本語教師養成講座を6か月で修了

  • 日本語教育のスペシャリスト「日本語教師」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

日本語教師になるには

日本語教師になるには外国語会話のスキルや教員免許をはじめとする資格は必須ではありません。ですが、日本語教師の求人を見ると以下のいずれかを満たすことが条件になることが多いようです。

  • 日本語教育能力検定の資格保持者
  • 教育機関で、日本語教師養成講座420時間以上修了者(かつ大卒を求められることが多い)
  • 大学・大学院において、日本語教育学を専攻した者(主専攻、副専攻)

大学を卒業していない場合は検定の合格が近道となりますが、検定の合格率は20%台と簡単ではありません。さらに知識のみを問われる試験なので、知識に加えて実践的な教師としてのスキルを学ぶには、日本語教師養成講座の受講がおすすめです

日本語教師養成講座とは

日本語教師養成講座はどなたでも受講することができます。講座では日本語の知識や構造、教育法などを学び、教壇に立てる実践力を養成します。

日本語教師養成講座は、文化庁が示している指針「420時間カリキュラム」をベースにしている通学講座が多いようで、ほとんどの420時間以上の通学講座は3ヵ月~1年程度で修了します。スクールによって学ぶ内容には特色がありますので、各スクールの講座内容を確認して、あなたに合った講座を選びましょう。
420時間以上の講座のほか、模擬授業をメインとした実践講座や資格試験対策に特化した講座、「介護の日本語」教師養成講座、通信講座などもあります。

受講資格

どなたでも受講できます。

受講期間

  • 420時間以上の講座は3ヶ月~1年程度。
  • 検定試験対策講座は1日~。
  • 「介護の日本語」教師養成講座は1.5カ月~。
  • 通信講座は3ヵ月~。

受講費用

  • 420時間以上の通学講座は40万円代~。
  • 検定試験対策講座は2万円前後~。
  • 「介護の日本語」教師養成講座は9万円台~。
  • 通信講座は3万円台~。

おもな学習内容例

  • 日本語教育学
  • 言語の構造
  • 日本語文法
  • 音声学
  • 異文化理解
  • 日本語教育実践
  • 教育実習
  • 日本語教育能力検定試験の対策 など

* 上記で紹介されている講座は、ケア資格ナビでは取扱いのない場合もございます。

将来性は?

最近ではコンビニなどの店舗でも外国人スタッフを目にすることが多くなり、工場のラインでは外国人労働者が不可欠な存在となっています。人材不足が深刻化する介護業界でも、EPAや技能実習生などを受入れる施設が増えています。

職場で外国人がスムーズに働けるようになるには外国人の日本語スキルの習得はとても重要で、日本で働きたい外国人の増加とともに、日本語教師の需要は拡大しています。将来的にもさらに外国人労働者は増えることが想定され、需要は安定して見込めるでしょう。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.