介護 資格 > 心理カウンセラー > TERADA医療福祉カレッジ > こころ検定(R)(文部科学省後援)2級対応 メンタルケア心理士(R)講座

TERADA医療福祉カレッジ こころ検定(R)(文部科学省後援)2級対応 メンタルケア心理士(R)講座通信

TERADA医療福祉カレッジ

医療福祉・心理・メンタルケアの専門教育校として人材育成を行っているTERADA医療福祉カレッジだから出来る!充実した学習ネットワーク!

心理カウンセラー講座 一括資料請求

※費用に税別・税込の記載がない場合は税込金額となります。

こころ検定(R)(文部科学省後援)2級対応 メンタルケア心理士(R)講座

    費用
    49,000円
    内容
    メンタルケア心理士通信教育講座では「心」だけではなく、心理学はもちろん身体構造を学ぶために一般的医学も学びます。そして、心と体の関係性をしっかりと理解しながら心理的援助の心理カウンセリング技法を学んでいきます。

    【目指せる仕事】
    ・心理カウンセリング/メンタルケア研鑽者
    ・基礎的心理カウンセラー
    期間
    最短3ヵ月~標準4ヶ月(無料延長4ヶ月)
    回数
    添削:3回
    補講問題:1回
    模擬試験:1回
    質問用紙:5枚
    目標資格
    こころ検定(R)(文部科学省後援)2級
    メンタルケア心理士(R)
    対象
    自分自身や身近な関係者のストレス回避や予防から、軽度のストレス疾患、こころの相談の希望者などのクライアントの相談援助、心理カウンセリング。
    メンタルケア心理士の資格取得を目指す方。

    17年の運営実績が証明する安心の通信教育「TERADA医療福祉カレッジ」

    TERADA医療福祉カレッジは、医療福祉・心理・メンタルケアの専門教育校として人材育成を行っています。

    TERADAの講座で取得を目指す資格は、公的学術学会の証である日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けたメンタルケア学術学会が認定する資格です。

    また、受講生に安心と、しっかりしたサービスをお届けするために、専任の担当講師が学習をしっかりとサポート!採点だけでなく苦手部分をしっかりとフォローします。

    TERADAの学習ネットワーク

    TERADA医療福祉カレッジだから出来る!充実した学習ネットワーク!

    TERADA医療福祉カレッジはMEDIN(特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会)とLCM(日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会®)の直轄附属校として指定を受けた心理・医療・福祉の専門校です。附属校であることから、MEDINの教育を実践教育する学校であり、単なる他の教育啓蒙、認定評価団体教育を受けた学校ではありません。

    本当の研究機関や教育研究・実践・啓発を行う法人の下での教育が受けられる環境下にありますから、全ての講座などのカリキュラムは現場など実践で必要な無駄のない教育が受けられるのがTERADA医療福祉カレッジの大きな特徴です。

    業界でも非常に評価が高く、これからの新しい医療福祉改革が行う実践力を持つ有能な人材を輩出していきます。

    メンタルケア心理士(R)講座

    今、メンタルケアが注目され続けています。講座修了と同時に資格取得!

    ストレス社会である現代社会、環境や人間関係などの外因ストレスや内因ストレス、さまざまな理由で?こころ”が病んでしまっている人が増加しています。その数、3人に1人とも言われ「国民病」となっています。ストレスは病気ではありませんが、重いストレスは様々な病の原因の1つとなることが多くあります。そこで重いストレスでこころに高負荷がかかる前に心理学や心理カウンセリング、メンタルケアによる心理教育を学ぶことで、こころの病を未然に防ぐ予防や適切な対処が必要とされています。

    メンタルケア心理士通信教育講座では「心」だけではなく、心理学はもちろん身体構造を学ぶために一般的医学も学びます。そして、心と体の関係性をしっかりと理解しながら心理的援助の心理カウンセリング技法を学んでいきます。
    さらに、心の病気・疾患に対処するために精神医学を、医学的対処療法としての薬学的知識も学びます。心理カウンセリングは精神科医や心療内科医など医師と連携して、その人に最も適切な心理的援助が出来るようサポートしていくことも必要となってくるからです。
    その後、メンタルケア心理士として心理カウンセラーがおこなう心理療法の一つである「来談者中心療法」や「カウンセリングの基本的技法」について基礎レベルで実践できるまでの学習を行っていきます。

    入門から基礎レベルまで、心理カウンセリングの資格に必要な知識を学習!

    自分自身や身近な関係者のストレス回避や予防から、軽度のストレス疾患、こころの相談の希望者などのクライアントの相談援助、心理カウンセリング。
    メンタルケア心理士の資格取得を目指す方が対象です。

    通信教育を重点にテキストや教材をオリジナルで作成!

    だから独学でも理解しやすい!

    実際に現場で働くことを見据えた内容です!

    【精神解剖生理学基礎】
    1. 生化学に関する基礎知識
    2. 解剖生理学に関する基礎知識
    3. 生理心理学・認知心理学に関する基礎知識
    4. 薬についての基礎知識

    【精神医科学基礎<DSM-5分類法に準拠>】
    1. 精神障害に関する基礎知識
    2. 発達心理学に関する基礎知識
    3. 身体疾患と精神症状に関する基礎知識
    4. 薬剤に関する基礎知識

    【カウンセリング基本技法】
    1. カウンセリングとは
    2. カウンセリング概論
    3. カウンセリング倫理
    4. カウンセリングと医療の関係
    5. 心理療法基礎

    TERADAメンタルケアカウンセラー講座のポイント

    「メンタルケア学術学会(R)」と「生涯学習開発財団」「ヘルスケア産業推進財団」からトリプル認定を受けた権威ある資格!

    メンタルケア学術学会が認定するメンタルケア心理士は、こころ検定2級で同学会が定める一定の有知識を検査し、こころ検定2級合格及び認定基準を満たした方に認定される資格です。メンタルケア心理士は、その有知識の検査や学習カリキュラムなどの検証のため第三者機関に認定を受けています。だからこそ多くの受験生や大学、短大、専門学校、国の職業訓練、数々の民間教育機関でも実施されているのです。

    ※ メンタルケア学術学会(R):日本学術会議協力学術研究団体から公的学会認定資格として認定
    ※ 生涯学習開発財団:旧文部科学省所管財団から第三者団体認定
    ※ ヘルスケア産業推進財団:ヘルスケア産業に資する人材育成としての第三者団体認定

    こころ検定(R)(文部科学省後援)2級の試験に対応!

    メンタルケア心理士講座の学習内容は、こころ検定2級に対応しています。メンタルケア心理士の認定は、こころ検定2級合格とメンタルケア心理士講座の受講修了が必要となります。

    通学さながらのDVD講義で知識を効率よく学べます!

    実際のライブでの講義を通信教育として学びやすく収録したDVDを付属。実際の講義を自宅に再現することができます。ポイントや補足事項なども講師が解説。また、ポイントグラフィックDVDでさらに重要なポイントをグラフィックを使った映像で解説。短期間で効率よく心理カウンセリングや資格取得の学習することができます。

    公的なメンタルケアの研究者・科学者へ!

    「メンタルケア心理士」の資格取得すると、日本の学会での研究者として公的に認められる日本学術会議協力学術研究団体「メンタルケア学術学会」に正会員(Ⅱ種)として入会できます。入会することによって、公的に心理カウンセリングやメンタルケアの研究者として研究や活動するなどの活躍も可能となります。その理由は「メンタルケア学術学会」が日本の人文・社会科学・自然科学の全分野にわたる代表機関である日本学術会議の指定を受けた学会だからです。
    心理カウンセラー講座 一括資料請求

    会社概要

    TERADA医療福祉カレッジ

    一人ひとりがコスト感覚やマネージメント能力を身につけ、経営者感覚を持った人材が今後、医療機関や福祉施設のスタッフが健令な施設経営の柱になると考え、そのような人材を輩出します。

    会社名
    教育ナビゲーション株式会社
    所在地
    〒160-0023   東京都 新宿区西新宿 3-2-27 オーチュー第7ビル4F

    TERADA医療福祉カレッジその他の開講講座

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    Copyright © 2005-2024 Network21, Inc. All rights reserved.