ケア資格ナビ> 介護予防運動指導員ガイド

介護予防運動指導員の資格を最短5日間で取得!

  • 高齢者の身体機能を活かす予防トレーニングを指導「介護予防運動指導員」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護予防運動指導員はこんな資格!

こんな資格!

介護予防の中でも注目の資格です

介護予防運動指導員講座は、高齢者の健康長寿を目指す研究などを行う『東京都健康長寿医療センター研究所』が提供する養成講座です。
センター指定のスクールで研修を受講し、修了試験に合格すると資格を取得することができます。

介護予防関連の資格の中で介護予防運動指導員に似た資格はいくつかありますが、センターが提供する介護予防運動指導員は、研究所指定ならではの専門的な知識と技術がより多く学べることから、注目度の高い資格となっています

介護予防運動指導員の資格で就職できる?

介護予防運動指導員は求人サイトでも募集のある資格で、就職に有効な資格と言えます。
また、最近では国の方針として自立支援や介護予防はますます強化されています。介護施設やデイサービスなどでも介護予防プログラムを行うところが増加し、介護の資格と介護予防の資格を併せて取得し、活躍する人が増えています。地域支援事業でも介護予防教室を行うところが増え、教室のインストラクターとして働く人もいます。

活躍できる場所!

  • 介護施設・事業所
  • 民間のスポーツクラブ
  • カルチャーセンター
  • 公的機関主催の介護予防教室など

介護予防運動指導員の資格取得のメリット
介護予防運動指導員の資格を取得すると、介護業界に興味はあっても夜勤などで現場の仕事が難しい人でも、介護の現場や高齢者に関わる仕事ができるようになります。介護予防に特化している資格とはいえ、活躍の場は幅広く、職場によって違った視点で働くことができます。

資格取得は今がチャンス!介護予防運動指導員の受講をおすすめする3つのポイント!

ポイント1

専門的な知識と技術が身に付きます!

「介護予防運動指導員養成講座」では、高齢者の体力の維持・向上を目指した運動プログラムの企画立案や指導方法を学ぶことができます
専門的な知識と技術を身に付けることで、介護予防のプロフェッショナルを目指せます。

ポイント2

需要拡大の期待大!

2018年の介護報酬改定では自立支援と重度化防止を推進しており、「介護予防運動指導員」は注目の資格になっています。また2019年には「介護予防」の位置づけをより高め、介護予防に積極的に取り組んだ自治体へ交付金の支給も始まっています。このことから、介護予防運動指導員のニーズは高まるとみられています。

ポイント3

高齢者の生き生きとした生活を支えます

介護予防運動指導員は、高齢者に介護予防を意識した運動を提供することで、高齢者の生き生きとした生活をサポートすることができます。超高齢化社会に直面する日本では、健康寿命をできるだけ伸ばすことは重要なテーマで、介護予防運動指導員は長寿社会を支える重要な存在です

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防運動指導員の資格を取得するには

資格取得するには

介護予防運動指導員の資格を習得するには、 東京都健康長寿医療センター研究所が指定したスクールで実施されている講座を受講します。養成講座の最後に修了試験があり、合格すると修了証及び登録証が送付されます。登録後は3年ごとの更新が必要となります。

受講内容

  • 老年学・介護予防概論
  • 介護予防統計学
  • 介護予防評価学特論・実習
  • 介護予防・日常生活支援総合事業とコーディネーション・行動科学特論
  • 転倒予防特論・実習
  • 失禁予防特論・実習
  • 認知症予防特論・実習
  • 高齢者筋力向上トレーニング
  • 高齢者の栄養改善活動特論
  • リスクマネジメント
  • 口腔機能向上特論・実習
  • フレイル・サルコペニア予防特論・うつ・孤立・閉じこもり予防特論
  • 地域づくりによる介護予防概論・ 高齢者の社会参加と介護予防

などを31.5時間かけて学習します。

受講資格

カテゴリ 資格名
医療・体育系 医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、健康運動指導士等
介護・福祉系 社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、介護職員基礎研修課程修了者、実務者研修修了者、訪問介護員2級以上および初任者研修修了者で実務経験2年以上の人

受講資格は、上記国家資格保有者および上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)が対象になります。

受講費用

約68,000円~
スクールや団体によって異なります。介護関連資格を持っている人を対象に受講免除や受講料減額制度を設けているスクールもあります。

受講時期

5日間~約1カ月
スクールや団体によって異なります。

資格の取得後、就職をサポートしてくれるスクールもあり、資格が仕事に直接つながることもあります資料を取り寄せて詳細を確認しましょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防運動指導員の仕事内容

介護予防運動指導員は高齢者の筋力トレーニングや転倒防止運動を指導できる運動指導員で、地域やデイケア(通所リハビリテーション)などで求人が見られます。主な仕事は以下になります。

  1. トレーニング指導
  2. トレーニングに取り組む高齢者のために介護予防運動プログラムを提案し、指導していきます。
  3. 介護予防診断
  4. 東京都健康長寿医療センター研究所が開発した「おたっしゃ21健診」*を使用し、老年症候群のリスクを判定します。
  5. 効果測定
  6. 実施された介護予防運動プログラムに、どの程度効果があったのか測定を行います。

* 「おたっしゃ21健診」とは東京都健康長寿医療センター研究所が開発した健診ツールです。

将来性は?

ますます高齢化が進む日本では、高齢者が長く自立した状態で生活できるように 、国でもさまざまな取り組みを行っています。2017年から始まった『介護予防・日常生活支援総合事業』では、これまで国によって定められていた「介護予防サービス」を市町村が運営することとなり、地域の実情に合ったサービスが提供されるようになりました。

高齢者が地域で生き生きと暮らし続けるためには介護予防のケアマネジメントは重要で、今後ますます介護予防の知識は必要とされるでしょう。

「介護予防運動指導員」以外の介護予防の資格はこちら>>

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.