ケア資格ナビ> 介護ソフトガイド> 訪問リハビリテーションの介護ソフト

訪問リハビリテーションに最適な介護ソフトは?

  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

訪問リハビリテーションの介護ソフトガイド

訪問リハビリテーション(訪問リハ)とは、 利用者の心身の機能の維持・回復に向けて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、利用者の自宅を訪問しリハビリテーションを行うサービスをいいます。

訪問リハを受けることができる利用者は、主治医から「リハビリの必要がある」と認定を受けた方になります。訪問リハの利用を希望する場合は、担当ケアマネや主治医に相談し認定を受けます。

訪問リハの内容は、身体機能の回復訓練や日常生活を円滑に行う訓練、また、福祉用具の使い方や介護・介助に関する助言も含まれます。実施事業所は理学療法士などのいる病院、診療所、老人保健施設などが一般的です。

また、 訪問リハは医療保険で利用することも可能です。要介護認定を受けていない方が利用する場合は医療保険のサービスとして利用することになります。

選び方のポイント

訪問リハビリテーションの業務ソフトも、訪問系サービスであり医療保険を利用できる点から、訪問看護ソフトを選ぶ際のポイントと同様、 介護保険、医療保険の双方で請求業務が可能か確認する必要があります。

また、ご利用者が自立した生活を送るためにリハビリテーションは非常に重要です。
利用者のご状況や実施する リハビリの内容、リハビリ記録の作成などしっかりとした情報入力ができるソフトが良いでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護ソフトガイド

新着記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.