ケア資格ナビ> 介護事務ガイド

介護事務の厳選資格講座の受講は最短3日間から!

  • 介護施設などで受付や介護報酬請求を行うお仕事「介護事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護事務とは

介護事務とは受付や事務業務の他、介護保険請求事務を行う事務職です。介護保険請求事務とは毎月、介護サービスに対して支払われる介護報酬を国民健康保険団体連合会(国保連)に請求することや、利用者負担額を利用者に請求する業務のことです
利用者の負担割合や上限額は、3年ごとに改正される介護保険制度によって規定されているため、常に最新の情報を取り入れなければなりません。

介護事務の主な仕事内容

介護事務は介護保険請求事務の他、介護業務が円滑に行われるよう介護サービス事業所の顔となって業務を行います。具体的には利用者の申し込みや問い合わせの対応、連携機関との連絡調整、ケアマネージャーの補佐業務、勤怠管理や備品発注などの事務業務なども行います。

介護サービス事業所によっては現場の介護業務を兼任する場合や、介護現場のヘルプに入る場合もあるので、就職の際は確認しておきましょう。

主な仕事内容

  • 介護保険請求業務
  • 利用者やその家族の対応
  • 連携機関との連絡調整
  • 勤怠管理・備品発注・提出書類作成など事務全般
  • ケアマネージャーや生活相談員などの補佐
  • 介護現場のヘルプ など

介護事務の資格を取得するには?

介護事務に必要な知識は専門性が高く、独学で進めるには理解に時間がかかる可能性があります。スクールの講座を利用すれば、要点をまとめた分かりやすいテキストで学習することができます。通学であれば最短3日間、通信(自宅学習)であれば最短1カ月で修了できるため、効率的に学習を進めたい人や時間があまりない人はスクールの活用をおすすめします。

資格の種類

介護事務の資格に国家資格はありません。民間団体が認定する資格に「ケアクラーク技能認定試験」「介護事務管理士」「介護事務実務士(R)」「介護報酬請求事務技能検定」などがあります。資格ごとに合格率や出題内容が異なるだけでなく、テキスト持ち込みや在宅受験が可能な試験もありますので、それぞれの特徴を確認し自分の希望に合った資格を取得しましょう。
>>介護事務の資格の種類について詳しく知りたい方はこちら

取得方法

資格により取得方法は変わります。

  • 指定の講座を受講し修了することで、修了証明書や認定資格を取得
  • 指定の講座を修了後、試験に合格し資格を取得
  • 試験に合格することで資格を取得

講座の種類

介護事務の講座を開講しているスクールは複数あり、学習スタイルは通信講座と通学講座があります。どの講座でも介護事務に関する基本的な知識を一通り学習できるようプランニングされていますが、目指す介護事務資格で内容が異なる場合があります。中には介護保険請求事務に必要なパソコン操作まで学習できる講座もあるので、受講内容や取得できる資格を比較検討することをおすすめします

受講内容

  • 介護保険制度の概要
  • 介護報酬の知識
  • 介護報酬請求事務の実習
  • パソコン学習 など

受講期間

  • 通信講座……1カ月~4カ月程度
  • 通学講座…3日~1.5カ月程度

受講費用

  • 通信講座……3万円台~
  • 通学講座……4万円台~
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護事務の資格を取得するメリット

介護事務の仕事をする上で特別な資格は必要ありませんが、介護保険制度や介護保険請求などの専門的な知識を必要とするので、事前に学んでおくと就職や転職に有利に働きます。またすでに介護職員として働いている人が、スキルアップのために介護事務の資格を取得するケースも増えています。

介護職未経験の場合

介護業界への就職や転職に役立つ!

介護業界は人材が不足しており、現場で働く介護職員の求人はいつでも見つけやすい状況です。介護事務については、現場の介護職員が兼任するケースと介護事務専任のケースがあり、介護事務専任を望む場合はやや求人が少なくなるものの、需要は十分にあります。

就職や転職の際に介護事務として働きたい場合は、資格の取得がおすすめです。資格を取得していれば、介護サービス事業所などで必要とされる専門知識や介護保険請求業務について理解しているということが証明されるので、就職や転職の際、有利に働きます。
また医療機関での勤務経験のある人が介護業界へ転職ときに、あらかじめ介護保険の知識を身につけておく手段としても有効です。

介護職で働いている場合

スキルアップやキャリアチェンジに役立つ!

  • 現場の介護職員として働いているが、介護保険請求業務も手伝うことになったので不安。
  • サービス内容については知っているが、いざパソコンに入力するとき、どの項目へ入力すればいいのかわからない。
  • 現場の仕事は覚えたので、スキルアップとして介護保険の知識や介護保険請求業務も覚えたい。
  • 最近体力に自信がなくなってきたので、介護事務に興味がある。

以上のような理由から、現場で働く介護職員で介護事務の資格を取得する人が増えています。
介護事務の資格を取得すれば、スキルアップとともに仕事の幅も広がり、職場においてさらに必要とされることでしょう。また体力の心配などから介護事務へ職種を変えたいときにも役に立ちます。

介護事務の役割と将来性は?

介護事務が申請を行う介護報酬は、介護サービス事業所の主な収入源です。安定した介護サービス事業所の運営のためにも介護保険制度に精通し、正しく介護報酬を請求できる介護事務はとても重要な存在です。

2000年から開始された介護保険事業状況報告によれば、要介護(要支援)認定者数は毎年増加しています。また介護事務の主な勤務先となる特別養護老人ホームや介護老人保健施設(老健)の数も増加傾向にあります。介護保険制度は全国共通なので、介護事務の知識を身に付ければどこでも働くことができます

まずは介護事務の資格を取得し、資格を生かして実務経験を積みましょう。実務経験を積むことでスキルは、より上がっていきます。
どこへ行っても役に立つ介護事務員を目指して、まずは資料請求から始めましょう!

参考:厚生労働省 介護保険事業状況報告:結果の概要

参考:厚生労働省 平成28年「介護サービス施設・事業所調査」の結果

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

介護事務を取得したら

介護事務は多くの介護施設において、介護業務に忙しい介護職員やマネジメント業務で手が離せないケアマネージャーに代わり、介護報酬請求業務全般を担います。

活躍できる施設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事務ガイド

特集記事

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.