ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 介護福祉士に人気の就職先は?

介護福祉士に人気の就職先は?

  • 介護職唯一の国家資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。

介護福祉士とは

介護福祉士は介護系資格の中で唯一の国家資格です。現場で働く介護職員がキャリアアップを目指すなら、ぜひ目標としたい資格です。

介護福祉士は専門的な知識と技術、経験をいかしながら、日常生活を1人で送ることが難しい高齢者や障がい者のケアをします。また、現場で働く介護職員の教育や管理を行うなど、リーダー的な役割を担うことも期待されています。

現場の介護職員が介護福祉士国家試験を受験するには、介護の実務経験3年以上と実務者研修の修了が必要です

介護福祉士について詳しく知りたい人はこちら>>

介護福祉士の就職先はどこが人気?

介護福祉士は介護の現場で常にニーズが高いため、就職先は数多くあります。 高齢者の介護度やニーズは就職先によって異なるため、働く側が身に付けられるスキルややりがいも変わってきます。

ここでは介護福祉士の就職先として人気の職場をピックアップ。それぞれの特徴や給与相場、やりがいについて見てみましょう。

介護福祉士に人気の職場

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、自宅での介護が難しい原則65歳以上で要介護度3以上の高齢者が入所する施設です。自力で立ち上がることや歩くことが難しい人や重度の認知症、寝たきりの人などが入所しています。
原則として終身に渡って介護を受けることができ、看取りの対応も可能です。

仕事の特徴

要介護度の高い高齢者をケアするため、高齢者の生活におけるあらゆる場面で身体介護を行うことになります。そのため、特別養護老人ホームに勤務すれば介護のスキルがしっかりと身に付くと言えるでしょう
大型の施設が多いためフロアリーダーなどの役職も多く、比較的キャリアアップがしやすい環境と言えます。

給与相場 正社員:17万円前後~ パート:850円前後~
夜勤手当の有無で給与の差が大きく出ます。また大型施設の場合、責任のある役職につくことで、給与アップを図ることができます。
やりがい 入所者のほとんどは長期的に入所する人なので、一人ひとりと向き合いじっくりと関わっていくことができます。個人個人の特徴に合わせたサポートができることに、やりがいを感じる人が多くいます。
勤務体系 高齢者が入所しているので原則24時間体制です。月平均で3~4回の夜勤シフトがある施設が多く、日曜・休日の当番出勤があるなど勤務体系もさまざまです。

特別養護老人ホームについて詳しくはこちら>>

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、要介護認定を受けた人のうち症状が安定している人の「リハビリテーション」を目的としています。主に医療法人や社会福祉法人が運営している施設で、食事や入浴などの日常サービスもリハビリと併せて提供します。
入所者が「自宅での生活に戻る」ことを目的としているのが特別養護老人ホームとの違いで、基本的に6カ月程度を目処に自宅へ戻ることを目標としています。

仕事の特徴

介護老人保健施設の仕事は身体介護や生活援助のほか、リハビリのサポートも重要な仕事です。介護老人保健施設には看護師・准看護師・作業療法士・理学療法士などさまざまな職種の人が配置されているため、他職種とのチームワークが身に付きやすいと言えます
仕事を通して医療分野の知識も得られるのが特徴です。

給与相場 正社員:16万前後~ パート:時給900円前後~
夜勤の有無で給与に差が出ます。
やりがい 日々リハビリをすることで、入所者の状態が改善して自宅へ戻れるようになります。改善していくその瞬間に立ち会えることで、やりがいや喜びを感じることができるでしょう。
勤務体系 高齢者が入所しているため24時間、土日や祝日も誰かしらが勤務します。早番・遅番・夜勤などのシフト制勤務となり、休みは週休2日制が主流です。

介護老人保健施設について詳しくはこちら>>

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは民間事業者が運営する介護施設です。入所者の要介護度や提供するサービスが、施設によって大きく異なるのが特徴です。外観や設備の整った高級路線の施設や看護体制が充実した施設、食事やレクリエーションが充実した施設など、さまざまな特色を出してします。
職場環境が整っているところも多く、比較的待遇が良いので人気の職場となっています。

仕事の特徴

介護付き有料老人ホームはホスピタリティを重視した施設も多く、接遇スキルや幅広いサービスに対するスキルを身に付けることができます。接客業などの経験をいかして活躍する人もいます。
それぞれの施設が提供するサービスの内容によって業務内容も変わってくるので、実際に施設を見学し職場の様子を確認しておくとよいでしょう。

給与相場 正社員:20万前後~ パート:時給900円前後~
民間事業者運営である分、施設によって給与に違いが出ます。介護福祉士の場合、管理者的な立場となる役職を得ることで給与アップできる人もいます。
やりがい 高齢者のニーズにこたえる「きめ細かいサービス」を提供することにやりがいがあります。ビジネスマナーや海外事業などの研修を行う施設もあり、より広い分野の知識や技術を会得でき、自分自身を高めることにもつながります。
勤務体系 入所施設なので24時間体制となり、時間ごとに交代しながら業務にあたるのが一般的です。日勤と夜勤があり、夜勤は4~5回程度が多いようです。

介護付き有料老人ホームについて詳しくはこちら>>

訪問介護事業所

訪問介護事業所は訪問ヘルパーが在籍する事業所です。高齢者の自宅を訪問ヘルパーが訪れ、介護サービスを提供します。施設とは違い自宅で介護サービスを受けられるので、利用者にとってはストレスも少なく費用の負担も少なく済みます。
施設が不足している現状で国はできるだけ自宅で介護を受けることを推奨しており、訪問介護の需要は高まっています。

仕事の特徴

介護サービスを利用する高齢者の自宅を訪れ、身体介護や生活援助を行います。訪問介護は、高齢者の自宅で一人でサービスを行うことが多いので、基本的な介護スキルを必要とします。トラブル時の対応などさまざまなケースの介護スキルも身に付きます。

介護福祉士であれば、他の訪問ヘルパーを取りまとめる「サービス提供責任者」に就く場合もあります。サービス提供責任者と訪問ヘルパーを兼任して働く場合、ヘルパーさんたちへの指示や連絡、シフトの管理などを利用者の訪問介護と平行して行うことになります。ですので、効率よく仕事を進めるスキルも身に付けられるでしょう。

給与相場 正社員:17万前後~ パート:時給850円前後~
訪問介護事業所にパートで勤める場合、訪問件数により労働時間が変わり、短時間勤務の人も多い傾向があります。パートの場合、身体介護と生活援助の両方のサービスを行う人は、生活援助のみを行う人よりも時給が高くなることも多いです。
やりがい 利用者と一対一で向き合ったり、サービス提供責任者としてヘルパーさんたちの悩みを聞くこともあるため、責任とやりがいのある仕事と言えます。また一人で訪問介護を行うことからスキルが磨かれ、他の職場へ転職しても重宝されることになるでしょう。
勤務体系 訪問介護事業所は日中時間帯に対応する事業所が多いため、正社員の場合9:00~18:00などの営業時間が勤務時間となるケースが多いようです。サービス利用者の訪問時間は決まっているので、比較的残業も少ないでしょう。土日休みの事業所も多めです。

訪問介護事業所について詳しくはこちら>>

デイサービス

デイサービスは、自宅で生活する要介護認定を受けた高齢者が、日中に施設で入浴や食事、リハビリテーションなどのサービスを受けることのできる通所施設です。
高齢者はデイサービスを受けることで身体機能を維持し、他者とコミュニケーションを図ることで精神面も良好に保つことができます。高齢者が充実した時間を過ごせるようレクリエーションに力を入れている事業所もあります。

仕事の特徴

要介護・要支援度が比較的低い高齢者が利用し、独居の高齢者の孤立感の解消を図る目的もあるため、コミュニケーションスキルを発揮しやすい職場とも言えます
原則的に自宅と施設の間の「送迎サービス」が必要で、普通運転免許が必須とされる場合が多いです。

給与相場 正社員:16万前後~ パート:時給800円前後~
他の施設と比べて夜勤がないため給与相場は低めですが、働きやすさから人気の職場です。自治体によっては生活相談員になれる場合もあり、その際は給与アップも見込めます。
やりがい 入浴や食事、レクリエーションなど「高齢者にとっての快適で楽しいひととき」「高齢者が笑顔になれる時間」を提供することにやりがいを感じている人が多いようです。
勤務体系 利用者が施設に来るのは日中であるため、勤務は日勤になります。完全週休2日制など休日体制にゆとりがある施設が多く、残業は少なめです。

デイサービスについて詳しくはこちら>>

介護福祉士として活躍できる就職先は、上記の他にも認知症の高齢者が入所するグループホームや病院、障がい者向けの施設などもあります。

介護福祉士として就職する際はここを確認!

上記のように介護福祉士の就職先には、さまざまなタイプの事業所があることがわかります。
介護福祉士は求人も多く、就職先を複数の中から選ぶことも可能な状況です。そのため、どの職場が自分に向いているのか悩むこともあるのではないでしょうか。

複数の中からあなたが納得できる就職先を見つけられるよう、確認しておきたいポイントを紹介します。

職場の業務内容

上記の項目でわかるように、事業所の形態によって業務の内容は変わります。同じ形態の事業所でもそれぞれ多少の業務の違いがあるので、できる限り具体的に確認しておきましょう。
また、あなたが介護福祉士としてどのような業務を行うのか、リーダー的な役割を担うのかどうかなども確認しておくことをおすすめします。

職場の理念

同じ形態の事業所でも理念やスタンスには違いがあり、それは業務のやり方にも関わってきます。あなたの介護に対する思いと事業所の理念が近い職場に就職することで、長く気持ちよく働くことができます。
事業所の理念や高齢者に対するスタンスも確認しておくと良いでしょう。

人間関係は良好か

施設の場合、連携しながら業務を行うことも多いため、職場の雰囲気や人間関係も重要です。
風通しの良さ、相談のしやすさなどは面接ではわかりづらいので、できる限り職場見学をすることをおすすめします。

給与や福利厚生はどうか

給料はもちろんですが、福利厚生も確認することをおすすめします。最近では保育所が併設されていたり研修制度や休暇制度が充実している職場もあります。
福利厚生の充実は、その事業所の経営がうまくいっているかどうかの指標にもなるので、確認しておくことをおすすめします。

その職場でどのように活躍したいか

介護福祉士としてその職場で介護のプロフェッショナルを目指したいのか、介護職員のリーダーとし力を発揮したいのか、まずはあなた自身がどのように活躍したいかを考えましょう。
自分のビジョンと職場のニーズがぴったり合ったとき、より納得のできる就職ができます。


日本では高齢化がますます進み、高齢者が利用する施設やサービスも増え続けています。介護福祉士の資格があれば、今後も就職先に困ることはないと言えるでしょう
就職先も上記のようにさまざまあります。自分が将来どのような職場でどんな風に活躍したいか目標を定めて、あなたに合った就職先を選んでくださいね。

介護福祉士の資格をまだ持っていない人は、まずは資格の取得から目指してみてはいかがでしょうか。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.