ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 「認定介護福祉士」とはどんな資格?

「認定介護福祉士」とはどんな資格?

Nintei Kaigohukushishi
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護人材をより専門的に

介護福祉士は介護現場において直接利用者と関わる役割を持っており、今後も欠かせない人材です。
年々高まる社会的援助の需要に対し、国はより専門的で高度な技術をもつ介護人材が必要と、介護福祉士の上位資格として認定介護福祉士の導入を検討しています。現在、認定介護福祉士は介護福祉士よりさらに実践力を身に付けた資格として、一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構が認定を行っています。

「認定介護福祉士」とは

認定介護福祉士とはどのような資格なのでしょうか。
認定介護福祉士の役割は、大きく分けて以下の3つがあげられます。

◇ 施設・事業所の介護サービスマネージャー ◇
介護職チーム*に対する教育指導及び介護サービスマネジメントを行い、介護職チームのサービスの質を向上させる役割

* ユニットなど、5~10名の介護職によって形成されるサービス提供チーム

◇ 介護サービス提供における連携の中核を担う者 ◇
地域包括ケアを推進するため、介護サービス提供において他の職種(医師、看護師、リハビリ職など)との連携・協働を図る役割

◇ 地域における介護力向上のための助言・支援者 ◇
地域にある施設・事業所や、地域にいるボランティア、家族介護者、介護福祉士などの介護力を引き出し、地域の介護力の向上を図る役割

介護のニーズは多様化してきており、介護福祉士は生涯学び続けることが必要になっています。認定介護福祉士資格のために学ぶことは、介護福祉士として継続的に新しい知識を得る機会となり、その資質を高めることにつながります。認定介護福祉士はキャリアアップのための仕組みとも言えるのです。

「認定介護福祉士」資格の取得方法は?

認定介護福祉士資格を取得するには、一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構で実施している「認定介護福祉士養成研修」を受講することになります。受講要件*1を確認しましょう。

資格名 受講要件
認定介護福祉士養成研修I類
  • 介護福祉士としての実務経験を5年以上積むこと*2
  • 現任研修受講による内省や学習習慣の獲得
  • 介護職の小チームのリーダーとしての実務経験*3
  • 居宅や居住系サービス双方での生活支援の経験*3
認定介護福祉士養成研修Ⅱ類
  • 認定介護福祉士養成研修Ⅰ類を修了
  • 介護職の小チームのリーダーとしての実務経験
  • 居宅や居住系サービス双方での生活支援の経験*3

*1 受講要件は各実施団体によって異なるので確認が必要です。

*2 科目によっては実務経験を問わない場合があります。

*3 必ずしも必要ではありません。

現任研修受講による内省や学習習慣の獲得とは、一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構が認める研修*4を、100時間以上200時間未満受けている人が、レポートを提出したり試験を受けたりすることです。200時間以上、受講している人はレポート提出や試験は免除されます。

*4 介護職員初任者研修や実務者研修などが含まれます。

「認定介護福祉士」の学習内容

専門性が求められる認定介護福祉士ですが、どのような内容を学ぶのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

資格名 受講時間 学習内容
認定介護福祉士養成研修Ⅰ類 345時間
  • 新たに医療、リハビリ、福祉用具と住環境、認知症、心理・社会的支援等の知識を修得する。
  • 他職種との連携・協働を含めた認定介護福祉士としての十分な介護実践力を完成させる。
  • 介護職の小チームのリーダーに対して指導するために必要な知識を獲得する。
認定介護福祉士養成研修Ⅱ類 255時間
  • Ⅰ類で学んだ知識を持って、根拠に基づく自立に向けた介護実践の指導をする力を獲得する。
  • 認定介護福祉士に必要な指導力や判断力、考える力、根拠をつくりだす力、創意工夫する力などの基本的知識に基づいた応用力を養成する。
  • サービス管理に必要なツールを整理・改善し、それらから根拠を導き出し、根拠に基づいた指導をする力を獲得する。
  • 生活支援の視点から、地域の介護力を高める力を獲得する。
  • チーム・サービス・人材マネジメントを実践し、利用者を中心とした地域づくり(地域マネジメント)に展開できる力を獲得する。

認定介護福祉士は介護の現場で管理職的な役割を果たすので、自分の職場事例を用いた演習や地域に対するプログラムの企画など、実際の業務に則した内容を学びます

介護の現場をより効率的にするために

介護の現場では人手不足が続いていることから、一人ひとりの介護職員に負担がかかりがちで、不満の声が現場から上がることもあります。
介護の現場をより働きやすくするために、認定介護福祉士のような専門的な知識を持った管理職が、職場のバランスをとることも必要となってくるでしょう。

認定介護福祉士は現在2団体で取り組みが行われており、介護福祉士の先に続く上位のキャリアパスとして広がりを見せ始めています。実施団体の受講料は会員価格で35万円前後と決して安くはない料金ですが、資格を取得すれば介護の現場のプロフェッショナルとして、さらなる活躍とスキルアップが見込めるでしょう。

参考:一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構

  :認定介護福祉士制度構築に向けて平成25年度検討結果の概要

  :社会・援護局関係主管課長会議資料

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.