ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 介護福祉士になるには実務経験が必要?

介護福祉士になるには実務経験が必要?

  • 介護職唯一の国家資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

受験ルートによっては実務経験が必要です

「介護福祉士国家試験」の筆記試験を受けるには「実務経験ルート」「福祉系高校ルート」「養成施設ルート」がありますが、介護現場で働く人たちにとって一般的なのは「実務経験ルート」です。「実務経験ルート」の人は、実務者研修の修了かつ介護施設などで3年以上の実務経験を積むことで受験資格を得られます
では、実務経験ルートの「3年以上の実務経験」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

従業期間と従業日数について

介護福祉士国家試験の受験資格として定められている「3年以上の実務経験」は、「従業期間」が3年(1,095日)以上で、なおかつ「従事日数」が540日以上です。
「従業期間」と「従業日数」とは以下の通りです。

従業期間とは

「従業期間」は実務経験の対象となる施設や事業所などに在職した期間です。産前・産後休業や育児休業、病気などで休職をしていた場合でも、施設や事業所に籍がある状態ならば「従業期間」とみなされます。

従事日数とは

「従事日数」は実際に介護などの仕事に従事した日数のことです。パートやアルバイトなど、介護業務が短時間の場合も従事日数は「1日」としてカウントされます。有給休暇や傷病による欠勤、研修、出張などで「介護の業務」に関わらなかった日は従事日数としては数えられません。

注意点

複数の施設や事業所で勤務した経験がある場合は、その「従業期間」「従事日数」を足した「通算期間(日数)」が規定を満たしていれば受験資格を得ることができます。ただし、複数の事業所で同じ日に介護等の業務を行なった場合は、「従業期間」「従事日数」は1日として扱われますので注意しましょう。
なお、受験の申込をする時点で実務経験の日数が規定に足りない場合でも、受験する年の3月31日までに従業期間や従事日数を満たす見込みがあれば、「実務経験見込み」ということで受験の申込をすることが可能です。

実務経験の範囲

受験資格となる実務経験は「高齢者分野」「児童分野」「障がい者分野」など、各分野で対象になる施設や事業が決まっています。対象外となる場合もありますので事前に確認しましょう。

参考:(財)社会福祉振興・試験センター

介護福祉士試験を受験するために

いかがでしたか?介護福祉士受験に必要な実務経験について、確認できたでしょうか?
介護福祉士試験を受験するには、上記の実務経験のほか実務者研修の修了も必要なので、修了していない人は、まずは実務者研修を受講しましょう。要件が整った人は、介護福祉士の試験対策をいますぐ始めましょう。
介護福祉士の学習を進めるにはスクールの力を借りると合理的です。仕事をしながらでも学べるので負担が軽減できます。仕事の休憩時間やスキマ時間を効率よく使いたいなら通信講座、土日や夜間を利用してしっかり学びたい人は通学講座がおすすめです。資料請求すると複数のスクールを比較できるので、検討するには最適です!

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.