ケア資格ナビ> 実務者研修ガイド> 実務者研修って独学できるの?

実務者研修って独学できるの?

Jitsumushadokugaku
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

この記事にたどり着いた方は、できれば実務者研修の資格を独学で取得したいと思っている方だと思います。その理由はさまざまでしょうが「なるべくお金をかけずに取得したい」「忙しくてスクールに通うのが大変」「空いた時間に自分のペースで学びたい」などの理由の方が多いのではないでしょうか?

この記事では、「実務者研修を独学で取得したい」と考えている方へ、お役に立つ情報をご紹介したいと思います。

実務者研修は独学できますが、修了はできません

独学とは「学ぶにあたって先生などの指導を受けずに独力で学ぶこと」です。

「独力で学ぶこと」と考えると、実務者研修はスクールに通わず独学できるとも言えます。テキストは市販でも手に入れることができますので、そのテキストを元に学習をすることが可能です。

例えばネットで「実務者研修」「テキスト」で検索すれば、いくつかの市販テキストがヒットしてきますので、厚生労働省が定めるカリキュラムを網羅しているものを選んで学習すれば、独学できると言えるでしょう。

とは言え、そのテキストを勉強すれば実務者研修を修了できるのかと言うと、残念ながら修了はできません

なぜなら実務者研修はスクールに申し込んで必要な科目を必要な時間受講して、すべての科目を修了しなければ「修了証明書」をもらうことはできないのです。
そもそも「研修」ですので、スクールで学ぶことが前提となっている資格なのです。

独学を考えた方に実務者研修がおすすめな理由

「なんだ、独学できないのなら自分が取得するのは難しいかな?」と思われたあなた、ちょっと待ってください。

実務者研修は「通学」しなければならない科目もありますが、多くの科目は「通信」で学ぶことが可能なのです。

通信部分は独力で学ばなくてはならないので、「独学できるの?」と考えたあなたには、実務者研修はとても向いている資格と言えるのです。

実務者研修は介護系の資格を何もお持ちでない方の場合で、450時間の研修を受ける必要があります。「通信+通学」講座の場合、通学講座が50時間程度、残りの400時間は通信で学ぶことになります。多くの時間を自宅などで自ら学ぶことになりますので、実務者研修は「スクールに通うのは大変」「空いた時間に学びたい」と独学を考えたあなたに、とてもおすすめな資格なのです。

独学を考えた方には「通学」コースより「通信+通学」コースが断然おすすめ

独学できないかどうかを考えた方は、「通学」のみのコースよりも「通信+通学」のコースが断然おすすめです。通学コースはその場で先生に質問できるなどのメリットもある反面、費用も高めに設定されています。
また、講義の曜日や時間も決められていますので、忙しい方が講義の時間に合わせてスケジュールを調整するのは少し大変です。

実務者研修の「通信+通学」講座は、お持ちの資格によっても変わりますが、スクールに通学する日数は6日~9日程度です。その程度の通学日数なら、忙しい方でも日程の調整ができる方も多いのではないでしょうか。

実務者研修の「通信+通学」コースの独学のポイント

実務者研修では、「介護過程Ⅲ」と「医療的ケア」の科目が通学必須の講座となっています。その2科目は必ずスクールに通わなければなりませんが、「通信+通学」コースではそれ以外の科目は通信で学ぶことが可能で、スクールに通わずに自分でテキストを通して学ぶことになります。つまり、通信部分は独学することになります。

また、通信部分の学び方はスクールによって特色を出しているところもあります。
カリキュラムは厚生労働省により定められていますので、学ぶ内容はどのスクールも同じですが、学び方はそれぞれのスクールで工夫をしています。

自宅で紙テキストのみをこなしていくタイプの講座もあれば、PCやスマホ、タブレットなどを利用して場所を問わずWeb学習ができる講座もあります。紙テキストのみまたはWeb学習もできる講座の2種類から選べるスクールもありますので、自分が進めやすい学習形態の通信講座を選ぶと良いでしょう

通信講座の種類と特徴

テキスト学習

テキスト教材を使用し自宅で学習します。添削課題を行い郵送などでスクールに提出します。後日採点結果と解説が返信されてきます。机に向かってじっくりと勉強したい方におすすめです。

Web学習(eラーニング)

テキスト教材で学習後、課題をお持ちのPCやスマートフォン、タブレット等で行います。解答・解説は即時にわかり、途中中断や繰り返しも可能です。机に向かわなくてもいつでもどこでも学習ができます。課題提出の郵送の手間がありません。

忙しい方におすすめの実務者研修のスクールは?

独学を考えた方は、日々忙しく過ごしている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめのスクールを考えてみました。

まず上記に紹介したWeb学習の講座があるスクールは、仕事や育児などで忙しい方におすすめです。通勤電車の中やお仕事の休み時間、また家で机に向かうことが難しいときでもソファーなどで気軽に学習に取り組むことができます。

忙しい方の場合、スクールが通学しやすい場所であることも重要です。自宅や職場からできる限り通いやすい場所であると、時間を有効に使えるでしょう。やむを得ず講義を休んでしまったときの振替がしやすいスクールかどうかもポイントになります。

忙しい方におすすめのスクール

  • Web学習ができる
  • スクールが通いやすい立地にある
  • 振替が柔軟にできる

実務者研修の受講コストを少しでも抑える方法

独学を考えた方の中には、「できるだけお金をかけずに資格を取得したい」という方もいるかと思います。受講費用は他の介護資格を持っていない方で10万前後~20万円台、初任者研修やホームヘルパー2級をお持ちの方で8万台~17万円台となっており、気軽に出せる金額とは言えません。

そこでできるだけ費用を抑えたい方におすすめしたいのが、キャンペーンや制度の利用です。上手に利用することができれば、実務者研修の受講料がお安くなったり実質無料になることもあるのです。
スクールで行うキャンペーンには、例えば「紹介割引」や「友達と同時申込で割引になるペア割」、「期間限定割引」などがあります。
他にハローワークの「教育訓練給付金制度」や社会福祉協議会が行う「受講資金貸付制度」を使えば、受講料が実質無料になることもあります。

詳しく知りたい方はぜひ下記のリンク記事を読んでみて下さい。

キャンペーンや制度について詳しく知りたい方はコチラ>> 「実務者研修の費用を補助で安く受講する4つの方法」

介護の世界で働き続けるなら、実務者研修は取得したい資格!

実務者研修は独学では修了できない資格ですが、介護の仕事を長く続けていきたいと思うなら、ぜひ取得しておきたい資格です。将来的に国家資格である介護福祉士になるために、実務者研修は経験3年とともに必須の資格だからです。

比較的取得しやすい初任者研修よりもコストも時間も多少かかりますが、知識やできることも増えスキルアップや給料アップを目指せます。
「通信+通学」講座で空いた時間に学習を進めることができ、キャンペーンや制度を利用すれば費用もかなり抑えられますので、この記事を参考にぜひ取得を目指してみてください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?実務者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.