ケア資格ナビ> 実務者研修ガイド> 実務者研修のカリキュラムが知りたい!

実務者研修のカリキュラムが知りたい!

  • 介護福祉士を受験するための必須資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

目次

実務者研修のカリキュラムについて

実務者研修のカリキュラムは、利用者の状態・状況に合わせた的確な介護が実践できる人材を育成することを目指しています。
カリキュラムでは、専門的な医学の知識、介護実践に関連する制度の知識、認知症ケアなどを学ぶことができます。

実務者研修のカリキュラムは、通学講座と通信講座で学べます。
どのように学習を進めていくのでしょうか。

実務者研修の通学講座と通信講座

実務者研修は、無資格者の場合、全20科目を450時間以上かけて学びます。
修了までは6カ月程度かかりますが、介護福祉士試験を受験する際の必須の資格として、介護福祉士になるためのベースとなる技術と知識を修得することができます。

学ぶ内容の充実している実務者研修ですが、実はそのほとんどを通信講座で学ぶことができます
通学講座で学ぶ科目は、次の2科目です。

実務者研修 通学で学ぶ科目
  • 介護過程Ⅲ
  • 医療的ケア演習

この2つの科目を通学で受講すれば、あと残りの科目は通信講座で学ぶことが可能なのです。
この実務者研修のカリキュラム内容は、具体的にはどんなものなのでしょうか。

実務者研修の科目別時間割

実務者研修の科目別時間割を見てみましょう。
以下が実務者研修のすべての科目です。

実務者研修の科目と時間

実務者研修の通信講座

科目(通信が可能な科目) 時間
人間の尊厳と自立 5時間
社会の理解 I 5時間
社会の理解 II 30時間
介護の基本 I 10時間
介護の基本 II 20時間
コミュニケーション技術 20時間
生活支援技術 I 20時間
生活支援技術 II 30時間
介護過程 I 20時間
介護過程 II 25時間
発達と老化の理解 I 10時間
発達と老化の理解 II 20時間
認知症の理解 I 10時間
認知症の理解 II 20時間
障害の理解 I 10時間
障害の理解 II 20時間
こころとからだのしくみ I 20時間
こころとからだのしくみ II 60時間
医療的ケア 50時間
合計 405時間


実務者研修の通学講座

科目 時間
介護過程 III 45時間
医療的ケア演習I 12~16時間
合計 57~61時間

*実務者養成施設によって時間数が異なったり、通学の必要な科目が異なることがあります。

上記の科目は介護職の資格を持っていない無資格者の場合は、すべての科目を受講し、修了する必要があります。
ただし介護職の資格を持っていると、科目の一部免除や受講料金の割引が適用されます。
科目免除について、くわしく知りたい方は以下をご覧ください。
実務者研修の科目免除についてくわしく知りたい方はこちら>>

実務者研修のカリキュラムのくわしい内容

実務者研修には全体を通して目標とされる到達目標と、科目ごとに定められた到達目標があります。
実務者研修の到達目標は以下のとおりです。

  1. 幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得
    *介護福祉士養成施設(2年以上の養成課程)における到達目標と同等の水準
  2. 今後の制度改正や新たな課題・技術・知見を自ら把握できる能力の獲得を期待

この目標は、介護福祉士として働くために求められている水準と同じ目標となっており、介護福祉士資格に関連した必須の資格であることがわかります。
科目ごとのくわしい内容を見ていきましょう。

実務者研修の教育内容

実務者研修は多くの科目を学びます。
科目ごとに制定されている到達目標を見ていきましょう。

人間と社会

人間の尊厳と自立(5時間)
教育に含むべき事項 ①人間の尊厳と自立
到達目標
  • 尊厳の保持、自立・自律の 支援、ノーマライゼーション、利用者のプライバシー の保護、権利擁護等、介護 の基本的な理念を理解している。
社会の理解Ⅰ(5時間)
教育に含むべき事項 ①介護保険制度
到達目標
  • 介護保険制度の体系、目的、サービスの種類と内容、利用までの流れ、利用者負担、専門職の役割等を 理解し、利用者等に助言できる。
社会の理解Ⅱ(30時間)
教育に含むべき事項 ①生活と福祉
②社会保障制度
③障害者自立支援制度
④介護実践に関連する諸制度
到達目標
  • 家族、地域、社会との関連から生活と福祉をとらえることができる。
  • 社会保障制度の発達、体系、財源等についての基本的な知識を修得している。
  • 障害者自立支援制度の体系、目的、サービスの種類と内容、利用までの流れ、利用者負担、専門職の役割等を理解し、利用者等に助言できる。
  • 成年後見制度、生活保護制度、保健医療サービス等、 介護実践に関連する制度の概要を理解している。

介護

介護の基本Ⅰ(10時間)
教育に含むべき事項 ①介護福祉士制度
②尊厳の保持、自立に向けた介護の考え方と展開
③介護福祉士の倫理
到達目標
  • 介護福祉士制度の沿革、法的な定義・業務範囲・義務等を理解している。
  • 個別ケア、ICF(国際生活 機能分類)、リハビリテーション等の考え方を踏まえ、尊厳の保持、自立に向けた介護を展開するプロセス等を理解している。
  • 介護福祉士の職業倫理、身体拘束禁止・虐待防止に関する法制度等を理解し、倫理を遵守している。
介護の基本Ⅱ(20時間)
教育に含むべき事項 ①介護を必要とする人の生活の理解と支援
②介護実践における連携
③介護における安全の確保とリスクマネジメント
④介護福祉士の安全
到達目標
  • 介護を必要とする高齢者 や障害者等の生活を理解し、ニーズや支援の課題を把握することができる。
  • チームアプローチに関わる職種や関係機関の役割、 連携方法に関する知識を修得している。
  • リスクの分析と事故防止、 感染管理等、介護における 安全確保に関する知識を修得している。
  • 介護福祉士の心身の健康 管理や労働安全対策に関する知識を修得している。
コミュニケーション技術(20時間)
教育に含むべき事項 ①介護におけるコミュニケーション技術
②介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
③介護におけるチームのコミュニケーション
到達目標
  • 利用者・家族とのコミュニケーション・相談援助の技術を修得している
  • 援助関係を構築し、ニーズや意欲を引き出すことができる
  • 利用者の感覚・運動・認知等の機能に応じたコミュニケーションの技法を選択し活用できる
  • 状況や目的に応じた記録、報告、会議等での情報の共有化ができる
生活支援技術 I(20時間)
教育に含むべき事項 ①生活支援とICF
②ボディメカニクスの活用
③介護技術の基本(移動・移乗、食事、入浴・清潔保持、排泄、着脱、整容、 口腔清潔、家事援助等)
④環境整備、福祉用具活用等の視点
到達目標
  • 生活支援におけるICFの意義と枠組みを理解している
  • ボディメカニクスを活用した介護の原則を理解し、実施できる
  • 介護技術の基本(移動・移乗、食事、入浴・清潔保持、排泄、着脱、整容、口腔清潔、家事援助等)を修得している
  • 居住環境の整備、福祉用具の活用等により、利用者の環境を整備する視点・留意点を理解している
生活支援技術 II(30時間)
教育に含むべき事項 ①利用者の心身の状況に合わせた介護、福祉用具等の活用、環境整備
・移動・移乗
・食事
・入浴・清潔保持
・排泄
・着脱、整容、口腔清潔
・睡眠
・終末期の介護
到達目標
  • 以下について、利用者の心身の状態に合わせた介護、福祉用具等の活用、環境整備を行うことができる
  • 動・移乗
  • 食事
  • 入浴・清潔保持
  • 排泄
  • 着脱、整容、口腔清潔
  • 睡眠
  • 終末期の介護
介護過程 I(20時間)
教育に含むべき事項 ①介護過程の基礎的知識
②介護過程の展開
③介護過程とチームアプローチ
到達目標
  • 介護過程の目的、意義、展開等を理解している
  • 介護過程を踏まえ、目標に沿って計画的に介護を行う
  • チームで介護過程を展開するための情報共有の方法、各職種の役割を理解している
介護過程 II(25時間)
教育に含むべき事項 介護過程の展開の実際
①利用者の状態(障害、要介護度、医療依存度、居住の場、家族の状況等)について事例を設定し、介護過程を展開させる
②観察のポイント、安全確保・事故防止、家族支援、他機関との連携等についても考察させる
到達目標
  • 情報収集、アセスメント、介護計画立案、実施、モニタリング、介護計画の見直しを行うことができる
介護過程 III(45時間)
教育に含むべき事項 ①介護過程の展開の実際
・多様な事例を設定し、介護過程を展開させるとともに、知識・技術を総合的に活用した分析力・応用力を評価する
②介護技術の評価
・介護技術の原理原則の修得・実践とともに、知識・技術を総合的に活用した判断力、応用力を評価する
到達目標
  • 実務者研修課程で学んだ知識・技術を確実に修得し、活用できる
  • 知識・技術を総合的に活用し、利用者の心身の状況等に応じて介護過程を展開し、系統的な介護(アセスメント、介護計画立案、実施、モニタリング、介護計画の見直し等)を提供できる
  • 介護計画を踏まえ、安全確保・事故防止、家族との連携・支援、他職種、他機関との連携を行うことができる
  • 知識・技術を総合的に活用し、利用者の心身の状況等に応じた介護を行うことができる

こころとからだのしくみ

発達と老化の理解 Ⅰ (10時間)
教育に含むべき事項 ①老化に伴う心の変化と日常生活への影響
②老化に伴うからだの変化と日常生活への影響
到達目標
  • 老化に伴う心理的な変化の特徴と日常生活への影響を理解している。
  • 老化に伴う身体的機能の変化の特徴と日常生活へ の影響を理解している。
発達と老化の理解 Ⅱ(20時間)
教育に含むべき事項 ①人間の成長・発達
②老年期の発達・成熟と心理
③高齢者に多い症状・疾病等と留意点
到達目標
  • 発達の定義、発達段階、発達課題について理解している。
  • 老年期の発達課題、心理的な課題(老化、役割の変化、 障害、喪失、経済的不安、うつ等)と支援の留意点について理解している。
  • 高齢者に多い症状・疾病等 と支援の留意点について理解している。
認知症の理解Ⅰ(10時間)
教育に含むべき事項 ①認知症ケアの理念
②認知症による生活障害、心理・行動の特徴
③認知症の人とのかかわり・支援の基本
到達目標
  • 認知症ケアの取組の経過を踏まえ、今日的な認知症 ケアの理念を理解している。
  • 認知症による生活上の障害、心理・行動の特徴を理解している。
  • 認知症の人やその家族に対する関わり方の基本を理解している。
認知症の理解Ⅱ(20時間)
教育に含むべき事項 ①医学的側面から見た認知症の理解
②認知症の人や家族への支援の実際
到達目標
  • 代表的な認知症(若年性認知症を含む)の原因疾患、 症状、障害、認知症の進行による変化、検査や治療等についての医学的知識を理解している。
  • 認知症の人の生活歴、疾患、家族・社会関係、居住 環境等についてアセスメントし、その状況に合わせた支援ができる。
  • 地域におけるサポート体制を理解し、支援に活用できる。
障害の理解Ⅰ(10時間)
教育に含むべき事項 ①障害者福祉の理念
②障害による生活障害、 心理・行動の特徴
③障害児者や家族へのかかわり・支援の基本
到達目標
  • 障害の概念の変遷や障害 者福祉の歴史を踏まえ、今日的な障害者福祉の理念を理解している。
  • 障害(身体・知的・精神・発達障害・難病等)による生活上の障害、心理・行動 の特徴を理解している。
  • 障害児者やその家族に対 する関わり・支援の基本を理解している。
障害の理解Ⅱ(20時間)
教育に含むべき事項 ①医学的側面からみた障害の理解
②障害児者への支援の実際
到達目標
  • 様々な障害の種類・原因・ 特性、障害に伴う機能の変化等についての医学的知識を修得している。
  • 障害児者の障害、家族・社会関係、居住環境等についてアセスメントし、その状況に合わせた支援ができる。
  • 地域におけるサポート体制を理解し、支援に活用できる。
こころとからだのしくみⅠ(20時間)
教育に含むべき事項 ①介護に関係した身体の仕組みの基礎的な理解(移動・移乗、食事、入浴・ 清潔保持、排泄、着脱、整容、口腔清潔等)
到達目標
  • 介護に関係した身体の構 造や機能に関する基本的な知識を修得している。
こころとからだのしくみⅡ(60時間)
教育に含むべき事項 ①人間の心理
②人体の構造と機能
③身体の仕組み、心理・ 認知機能等を踏まえた介護におけるアセスメント・観察のポイント、 介護・連携等の留意点
・移動・移乗
・食事
・入浴・清潔保持
・排泄
・着脱、整容、口腔清潔
・睡眠
・終末期の介護
到達目標
  • 人間の基本的欲求、学習・記憶等に関する基礎的知識を修得している。
  • 生命の維持・恒常、人体の部位、骨格・関節・筋肉・神経、ボディメカニクス等、人体の構造と機能についての基本的な知識を修得している。
  • 身体の仕組み、心理・認知機能等についての知識を活用し、アセスメント、観察、介護、他職種との連携が行える。

医療的ケア

医療的ケア(50時間)
教育に含むべき事項 ①医療的ケア実施の基礎
②喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)
③経管栄養(基礎的知識・実施手順)
④演習
到達目標
  • 医療的ケアを安全・適切に実施するために必要な知識・技術を修得する。
引用:社会福祉士及び介護福祉士法施行規則等の一部を改正する省令の施行について 厚生労働省
介護福祉士資格の取得方法について 厚生労働省 第4回福祉人材確保対策検討会

実務者研修のカリキュラムの難易度は?

実務者研修は、初任者研修よりも学習時間数や学ぶ内容が多い研修ですが、どなたでも受講が可能です。
介護の基本的な知識や技術を身につける目的で行われているため、学習期間の途中でふるい落とされるようなことはありません。

学習の後に復習をしっかり行えば修了できる研修なので、難易度は高くないと言えるでしょう。

実務者研修に修了試験はありません

実務者研修では科目ごとに課題を出し、受講者が理解できているかを確認しながら評価していくスクールがほとんどです。
研修終了時に初任者研修にあるような「修了試験」はありません

スクールによっては独自で修了試験を行うこともありますが、試験はあくまで理解の確認ですし、再試験を行ってくれるところがほとんどです。
しっかり学んで理解をしていれば問題ないでしょう。

実務者研修をはじめる時期

実務者研修は、基本的にはいつでも受講をスタートすることができます。
ただし、スクールにおいては通学しなくてはならない日程が決まっていることがあるため、通学講座の日程を確認して申し込みを行いましょう。

また、介護職の実務経験が3年以上あり介護福祉士試験の受験を考えている人は、試験が行われる年度の12月末には、実務者研修を修了させておく必要があります。
きちんとスケジュールをたてて、実務者研修の受講をスタートさせましょう。

実務者研修は所定の科目を修了すれば、サービス提供責任者として勤務することができ、介護福祉士も目指せます。実務者研修を修了して、ぜひ介護職でスキルアップを目指しましょう。
サービス提供責任者の仕事についてもっとくわしく知りたい人はこちら>>

実務者研修はさまざまなスクールで開講されています。
どこのスクールで学ぶか迷ったら?! ケア資格ナビでは、無料でスクールの資料が請求できます。
スクールごとにサービス内容も変わります。
キャンペーン情報がある場合もありますので、おトクに受講したい人は、ぜひ資料請求をしてみてくださいね。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?実務者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実務者研修ガイド

特集記事

 
自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2021 Network21, Inc. All rights reserved.