ケア資格ナビ> 実務者研修ガイド> 訪問介護をするなら「実務者研修」を受講しよう

訪問介護をするなら「実務者研修」を受講しよう

Houmonkaigo
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

訪問介護をするには資格が必要です

訪問介護は自分の希望する時間や曜日で働くことができるので、主婦や扶養内で働きたい人などから人気です。ただし、訪問介護をするには、初任者研修や実務者研修などの資格を持っている必要があります

訪問介護にはなぜ資格が必要?

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活をおくることができるよう、介護職員が利用者の自宅を訪問し、以下のようなサポートを行います。

  • 身体介護サービス
  • 食事、入浴、排せつ などのサービス
  • 生活援助サービス
  • 掃除、洗濯、買い物、調理などのサービス

事業所によっては通院などを目的とした乗車・移送・降車の介助サービス提供も含みます。

訪問介護では施設勤務の場合とは異なり、介護職員は利用者の自宅へ一人あるいは少人数で訪問することになります。一人でもさまざまな環境やケースに対応する必要があるため、初任者研修や実務者研修などの資格の保有が定められています
資格を取得することで、介護に必要な知識・技術を習得することができます。

訪問介護には実務者研修がおすすめ

訪問介護は初任者研修の資格でもできますが、実務者研修を修了するのがおすすめです。実務者研修は「介護福祉士」受験の資格要件になるだけでなく、「サービス提供責任者」になることができるからです
サービス提供責任者は訪問介護事業所に不可欠な存在なので、役職手当がつくなど給料面での優遇が見込め、さらにやりがいもあります。訪問介護の仕事に就き、給料アップやキャリアアップを目指したい人は、ぜひ実務者研修を修了しましょう。

サービス提供責任者とは
訪問介護事業所には、必ず常勤の「サービス提供責任者」を配置することが介護保険法で定められています。
サービス提供責任者は訪問介護サービスを行う際の責任者で、ケアマネージャーの作成したケアプランに基づき計画書を作成したり、ホームヘルパー(訪問介護員)の取りまとめ役を担ったりします。実務者研修修了者や介護福祉士などがサービス提供責任者になることができます。

初任者研修を修了している人も実務者研修を!

すでに初任者研修を修了している人は、訪問介護事業所で働くことができますが、サービス提供責任者になることはできません。
キャリアアップを目指さないとしても、実務者研修を修了すれば資格手当が付くこともあり、現場でも重宝され転職にも有利に働くでしょう。 初任者研修修了者は実務者研修を受講する際にカリキュラムが一部免除され、通常よりも短期間で修了できるメリットもあります。

介護職員初任者研修について詳しくはこちら>>
実務者研修について詳しくはこちら>>

訪問介護の需要は今後ますます高まります

増え続ける高齢者と介護需要の対策として、国は「地域包括ケアシステム」を推進しています。これは介護を必要とする人が、なるべく自宅で自立した生活を送れるように、地域の病院や介護福祉サービス、地域包括支援センターなど、地域全体が連携して支援していこうという取り組みです。

介護を必要とする多くの人は、住み慣れた自宅での生活を継続することを望んでいます。その要望を叶えるためには、利用者の自宅を訪ねて行う訪問介護が欠かせません。今後ますます訪問介護の需要は高まっていくでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?実務者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実務者研修ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.