ケア資格ナビ> 実務者研修ガイド> 「実務者研修」の修了は介護職のキャリアアップに必須です!

「実務者研修」の修了は介護職のキャリアアップに必須です!

  • 介護福祉士を受験するための必須資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護職のキャリアアップには「実務者研修」

実務者研修は介護の幅広い知識と技術を身に付けることができる研修で、介護職員初任者研修よりも上位の資格となっています。
実務者研修は、介護現場で働く人が国家資格の「介護福祉士」試験を受験する際に必要となる資格で、キャリアアップを目指す人には必須の資格です。

実務者研修の取得について詳しく知りたい人はこちら>>

介護職のキャリアパス

厚生労働省は、介護業界で働く人のキャリアパス(キャリアアップをするルート)として、
「介護職員初任者研修」⇒「実務者研修」⇒「介護福祉士」
を基本とするように示しています。*

介護職員初任者研修からのキャリアパス

実務者研修の上位資格となる介護福祉士は、介護資格の中で唯一の国家資格です。資格を持っていると介護スキルが高いことが証明されるため、周囲からの信頼や評価が得られます。就職や転職の際にも大きな武器になります。

また、介護福祉士の上位資格として認定介護福祉士が検討され、2016年より認定研修が実施され始めています。認定介護福祉士には、介護の現場で働く人を教育・指導したり、介護サービスのマネジメントをしたりする役割が期待されています。

2016年度の介護福祉士国家試験からは、受験資格として従業期間3年(1095日)以上かつ従事日数540日以上の実務経験に加え実務者研修の修了が義務付けられました。そのため、実務者研修は介護職のキャリアアップに必須の資格となっています。

参考: 厚生労働省 認定介護福祉士(仮称)制度の方向性について
一般社団法人 認定介護福祉士 認証・認定機構

「実務者研修」を修了すれば介護の現場でこんなに有利!

実務者研修を修了するとキャリアアップにつながるいくつものメリットがあります。確認してみましょう。

メリット1

介護福祉士を目指せる

介護職員として働いている人は、従業期間3年(1095日)以上かつ従事日数540日以上の実務経験と実務者研修を修了することで、介護福祉士の受験資格を得られます。
介護福祉士の資格を取得すると、現場のリーダーとしての活躍も期待でき、将来的にケアマネージャーを目指すことも可能です。

メリット2

「サービス提供責任者」になれる

訪問介護事業所には、サービス提供責任者の配置が必須となっています。
実務者研修を修了することで、サービス提供責任者として働くことができるようになり、管理職として責任のある立場で活躍することができ、給与アップが見込めます。

メリット3

たん吸引と経管栄養が学べます

今までは「たん吸引」や「経管栄養」の処置は、原則として医師や看護師だけに認められていました。
現在は実務者研修を修了し、認定特定行為業務従事者になるための実地研修を受ければ、「たん吸引」と「経管栄養」を実施できるようになります。
仕事の幅が広がることなり、経験値やスキルを上げることができます。

「実務者研修」を修了したときの給料は?

実務者研修を修了すると、無資格者や初任者研修修了者よりも基本給が上がったり、資格手当が支給されることもあります。平均月給で比較すると、無資格者よりも25,000円以上も給料がアップします。サービス提供責任者になると管理職としての給料となり、さらに給料は上がります。

実務者研修を修了することはキャリアアップにつながるだけでなく、給料アップにもつながります。

介護職員の保有資格別平均月給額(常勤)
保有資格 平均月給額
無資格 261,600円
介護職員初任者研修 285,610円
実務者研修 288,060円
職位別介護職員の平均月給額(常勤)
職位別 平均月給額 平均勤務年数
管理職 322,890円 9.2年
管理職でない 294,460円 7.1年

参考:厚生労働省 平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果

「実務者研修」の修了は転職にも有利!

実務者研修を修了することで、今働いている職場よりも条件の良い職場へ転職しやすくなります。介護の現場経験と実務者研修の資格を持っていれば、採用側からスキルの高い即戦力としてみなされるからです。
将来的に介護福祉士として活躍してもらえるビジョンを採用側が描きやすくなるため、好待遇の職場でも採用につながりやすくなるでしょう。

資格取得支援制度のある職場へ転職すれば、介護福祉士資格取得の費用を負担してくれることもあります。

介護の現場で働いている人でも「実務者研修」は修了しやすい!

ほとんどの実務者研修の講座は「通信+通学併用型」のカリキュラムで、多くの講義は通信講座で自分のペースで学べるようになっています。スクールに通う必要があるのは初任者研修などの資格を持っていない場合でも6~9日間なので、仕事をしながらでも修了することができます。

また実務者研修のカリキュラムには、実務に就いているからこそ役立つ知識が多いので、学んだ知識をすぐに現場で役立てることができます。

キャリアアップのための助成金で「実務者研修」を受講

自治体によっては実務者研修の受講費用を助成する制度があります。
例えば、実務者研修の費用として15万円支給されたり、実務者研修の費用を無利子で貸し付け、その後介護福祉士試験に合格して働き続ければ、返済を全額免除するというものです。
各自治体により内容や要件はさまざまなので、お住いの自治体で調べて活用しましょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?実務者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実務者研修ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.