ケア資格ナビ> ホームヘルパー2級ガイド> 取得方法

ホームヘルパー2級の取得方法 【ケア資格ナビ】

  • 2013年4月から「ホームヘルパー2級」は「介護職員初任者研修」に移行されました
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

現在、介護の資格で基本的な技術が身に付けられる資格といえば、「介護職員初任者研修」です。初任者研修が導入される以前の入門的資格は「ホームヘルパー2級」で、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、2013年3月まで行われていたホームヘルパー2級の研修内容を振り返ってみます。

目次

ホームヘルパー2級は講座を受講するだけで取得可能

ホームヘルパー2級は、各自治体や民間スクールなどが開講している講座を受講することで取得できた資格です。すべてのカリキュラムを修了すると、修了証がもらえる仕組みです
なお、ホームヘルパー2級も、移行された初任者研修も国家資格ではありません。

実践的な知識と技術を学べる講座内容

ホームヘルパー2級のカリキュラムは、「介護に関する知識の学習」と「どのように介護を行うかを学ぶ実技」、「実際に介護施設で行う実習」の3つで構成されていました。
研修時間は130時間で、その内訳は、講義58時間、実技42時間、実習30時間でした。

ホームヘルパー2級講座は「通信・通学」か「完全通学」

ホームヘルパー2級は実技と実習が必要なので、独学では取得できない資格でした。スクールなどで開催されている講座に通って、修了することで取得できました。

受講スタイルは、「知識・実技・実習」のすべてのカリキュラムを指定された場所で受講する「通学型」と、基本的な知識部分は自宅で学習し、実技と実習のみ通学して受講する「通信・通学型」の2つで、どちらの講座も受講期間は約2~3カ月間でした。

通信型のメリット・デメリット

メリット
  • 比較的に費用が安い
  • 自分の都合が良い時間に勉強ができる
  • 自分のペースに合わせて学習することができる
  • 要点がまとまったわかり易い教材が揃っている
  • 講座によっては電話やメールで質問が受けられるものもある
デメリット
  • 最新の情報が入りにくい
  • 通信講座では友達ができないので孤独
  • 自分で学習のスケジュール管理する必要がある
  • モチベーションを維持するのが難しい

通学型のメリット・デメリット

メリット
  • 講師のアドバイスで要領よくポイントを押さえることができる
  • 資格取得のサポートだけでなく、就職サポートもある
  • 同じ目標を持った仲間ができる
  • わからないことがあったときにはすぐに質問できる
デメリット
  • 費用は少々高め
  • 自分のペースで学習しづらい

通信と通学のメリット・デメリットは現行の初任者研修にも通じるものがあります。特徴ををよく理解して講座を選ぶと良いでしょう。

ホームヘルパー2級の実習について

ホームヘルパー2級の実習は介護施設実習2日間、訪問介護実習やデイサービス実習をそれぞれ1日ずつ行うことになっていました。介護技術を実践的に学ぶことで、講義やスクーリングで学んできた知識や技術の理解を深められるカリキュラムとなっていました。
すべてのカリキュラムを修了すると「修了証明書」が授与され、研修修了というシステムでした。

ホームヘルパー2級から移行した介護職員初任者研修とは

ホームヘルパー2級は廃止され、代わりに現在は初任者研修の資格があります。これから介護の仕事に就きたいと思う人は、まずは初任者研修の資格を目指すことになります

ホームヘルパー2級も初任者研修もどちらも介護のスタート資格で、学ぶ内容も重なる部分がほとんどですが、変更となった部分もあります。

なぜホームヘルパー2級から初任者研修へと変更になったのでしょうか。

初任者研修に変わった背景は?

高齢化が進み介護職員不足が課題となっている日本では、介護人材の確保が至上命題です。人材確保と同時に、介護職員の質の維持や向上をさせる必要もあります。

国では優秀な介護人材をより多く育成することを目的に、2013年に介護資格制度の見直しを行いました。その際にホームヘルパー2級は廃止され初任者研修となりました。

同時に、介護のプロフェッショナルである介護福祉士を目指しやすくするために、キャリアアップするためのルート(キャリアパス)も整備されました。 初任者研修→実務者研修→介護福祉士のように資格を取得することで、スムーズにキャリアアップができるようにしたのです。

ホームヘルパー2級と初任者研修の違いは?

ホームヘルパー2級は基本的に、訪問介護に必要な知識と技術を習得する研修でしたが、初任者研修では訪問介護だけでなくすべての介護事業所に必要な知識と技術を学びます。

また、初任者研修では実際の現場での実習が必須でなくなり、すべて演習となりました。修了試験が行われるようになり、認知症についての講義も新設されました。

変更点はありますが、ホームヘルパー2級と初任者研修は同等の資格とみなされ、待遇などに相違はありません。

初任者研修はここが違う
  • 施設実習は必須ではなくなり、すべて演習へ
  • 修了試験あり
  • 認知症についての講義が追加

初任者研修についてくわしく知りたい人はこちら>>

介護職員初任者研修の取得方法

初任者研修はスクールの130時間の講座を受講し、修了試験に合格することで資格を取得できます

ホームヘルパー2級にはなかった修了試験があり、難しくなったのではと心配になるかもしれませんが、試験は講義内容を理解できているかの確認レベルですので、講義をしっかり受けていれば合格できる試験です。万が一不合格でも、再試験を受けられるスクールがほとんどです。

通学+通信が主流です

初任者研修のスクール講座は「通学+通信」講座が主流です。自宅でテキストをもとに介護の知識を学び、通学で実際に体を動かしながら介護技術を学びます。学習期間は1~4カ月程度です。


介護の世界に興味を抱いている人、家族のために介護を学んでみたい人など、初任者研修ならどなたでも受講可能です。受講するには、どのスクールが良いのか……まずは資料請求からはじめてみましょう。

  • 気になるスクール資料を無 料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料 を無料でお取りよせ!
  • 料金を一 覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ホームヘルパー2級>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームヘルパー2級ガイド

特集記事

 
自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2021 Network21, Inc. All rights reserved.