ケア資格ナビ> ホームヘルパー2級ガイド> 講座情報

ホームヘルパー2級の講座情報 | 費用・期間などについて

  • 平成25年4月から「ホームヘルパー2級」は「介護職員初任者研修」に移行されました
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

現在、介護の基本的な知識や技術が身に付けられる資格と言えば、「介護職員初任者研修(以下、初任者研修)」です。
2013年4月に初任者研修が導入される以前の入門的資格は「ホームヘルパー2級」でしたが、聞いたことがある人も多いことでしょう。
ではホームヘルパー2級の講座とは、どのようなものだったのでしょうか。本ページでは、ホームヘルパー2級についてお伝えします。

ホームヘルパー2級の講座情報

介護保険法により示されている介護業務を行う「訪問介護員」は、一般的にホームヘルパーと呼ばれています。
これまでホームヘルパーの資格にはホームヘルパー1~3級がありましたが、2013年に新たな資格、初任者研修が創設された際にホームヘルパー1~3級は廃止されています。

講座の費用

かつてホームヘルパー2級の講座を開講していたスクールでの費用は、70,000~90,000円程度のものが多かったようです。
現在、ホームヘルパー2級の同等レベルとして取り扱われている初任者研修の費用は、資格ナビの掲載スクールですと東京都の場合、4万円程度~7万円程度で受講できます。
費用が気になる方には、教育訓練給付金制度の利用もおすすめです。教育訓練給付金制度を上手に利用して初任者研修を受講すれば、費用を抑えることが可能なのです。
ケア資格ナビでは、教育訓練給付金の対象講座を一覧で確認できます。初任者研修講座一覧給付金が目印です。
ぜひご活用ください。

教育訓練給付制度について確認したい方はこちら

講座の受講時間

ホームヘルパー2級の受講時間は、講義や演習・実習などの130時間と施設実習が30時間あり、修了試験はありませんでした。130時間のうち58時間は講義で、その中の52時間は通信により受講可能となっていました。
受講期間は実施機関によりますが、一例としては「完全通学制で50日ほど通学し、3カ月かけて取得する」といったタイプもありました。

現在、行われている初任者研修の受講時間は時間数としてはホームヘルパー2級と変わりませんが、施設実習がない分、受講期間はホームヘルパー2級よりもやや短期間で取得できる傾向があります。
130時間のうち40.5時間は通信で学ぶことが可能なため、最短1カ月ほどで修了できる人もいます。ただし科目受講後、修了試験が実施されるようになっています。

参考:厚生労働省 訪問介護員養成研修等

受講スタイル

ホームヘルパー2級の受講スタイルは、通学と通信型を組み合わせた実施機関もありましたが、カリキュラムのすべてをスクールで学ぶスタイル、いわゆる受講生を教室に集めて講師が直接指導する完全通学制が主流でした。
一方、初任者研修の受講スタイルは、通学+通信型で受講するスタイルが一般的です。

現在は、新型感染症の感染拡大防止のため、特例的に完全通信型で初任者研修を行っているスクールもありますので、お住いの近くのスクールではどんな受講スタイルで開講しているかをチェックしてみると良いでしょう。

受講資格

ホームヘルパー2級や初任者研修を受講するのに、必要な資格は特にありません。
どなたでも受講できます

介護の基本的な知識と技術を学べる講座内容

ホームヘルパー2級や初任者研修の講座内容は、いずれも介護の基本的な知識や技術を学びます。
ただしホームヘルパー2級の場合は、資格名がホームヘルパーと言うだけあって訪問介護員を養成するために位置づけられた資格です。
科目に「生活援助に関する知識と方法」や「ホームヘルプサービスに関する知識」などがあり、在宅介護サービスを意識した内容になっています。

一方、初任者研修では介護の基本はもちろんのこと、「認知症・老化・障害の理解」や「こころとからだのしくみと生活支援技術」などを学びます。
要介護者に対する介護現場で通用するような知識や技術を学ぶので、在宅介護サービスの他に施設介護サービスにも対応できるような介護職員を養成するような内容になっています。

仕事の幅が広がる!

ホームヘルパー2級の資格を持っていると、身体介護や生活介護などの仕事に就くことができます。初任者研修の資格も同様です。
無資格の人は身体介護の業務に就くことができないので、訪問介護で身体介護の仕事に就くことはできません。

訪問介護の仕事は需要があり、夜間業務がない事業所や土日休みの事業所もあるので、ホームヘルパー2級や初任者研修の資格を持っていると、仕事の幅が広がります!

通信講座について

現在、ホームヘルパー2級の講座は行われていませんが、初任者研修で通信型を選択した場合、介護の基礎知識はテキストに沿って自宅で学べます。そのため自分のペースで無理なく学習できます
スクールによっては添削問題や課題が出されることもありますが、分からないことなど質問がある場合は、メールやFAXで問い合わせができるようになっています。

初任者研修は通信型を利用しても90時間の通学は必須なので、都合が悪い場合は振替制度を利用するといいでしょう。ケア資格ナビに掲載されているスクールは、振替制度が充実しています!

2021年の介護報酬改定で介護職に従事している無資格者向けに「認知症介護基礎研修」を義務付ける動きがあります。国としては、これまで以上に一定基準を満たした介護職員を育てたい意向があります。
無資格では介護業界で働けなくなる可能性が伺えるので、これからは資格取得が得策です。資格を持っていると資格手当が出る場合があり、給与アップが見込めます。
介護職には先を見据えたキャリアパスがあります。いまなら初任者研修取得がおすすめです。

まずはケア資格ナビで資料請求をして、その第一歩を踏み出してみませんか
資料を比較すると受講するにはどのスクールが良いのか、分かります! 資料は無料でご自宅までお届けします。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ホームヘルパー2級>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームヘルパー2級ガイド

特集記事

 
自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2021 Network21, Inc. All rights reserved.