ケア資格ナビ> ガイドヘルパー・同行援護従業者・行動援護従業者ガイド> ガイドヘルパーの資格は必要?

ガイドヘルパーの資格は必要?

Guidehelper Shikaku

ガイドヘルパーは障がいがある人の外出をサポートして、自立支援を行います。例えば1人で外出することが困難な障がい者が、冠婚葬祭や買い物などで外出したいとき、ガイドヘルパーの付き添いがあれば安心・安全に外出することができます。
障がい者の手助けをするガイドヘルパーですが、仕事をするには資格は必要なのでしょうか?

ガイドヘルパーの資格はこんな場合に必要です

ガイドヘルパーの資格は、以下の場合に必要です。

  • 視覚障がい者の移動を支援するとき
  • 全身性障がい者の移動を支援するとき

どちらも市町村主体の移動支援サービスを行う場合に必要です*

市町村主体の移動支援サービスは知的障がい者に対しても行われますが、知的障がい者の場合は介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上の資格があれば、ガイドヘルパーの資格がなくても移動支援サービスを行うことができます。

*市町村によってはガイドヘルパーの資格がなくても移動支援を行える場合があります。

安全な支援に資格が役立ちます!

ガイドヘルパーの資格は比較的短期間で取得することができるため、基本的な介護の資格に加えて取得すると、サポートできる範囲が広がりスキルアップにつながります。また、市町村により資格が必須でないとしても、障がいの特徴や移動支援の正しい知識を得ることは、障がいのある人へ安全に移動支援を行うために必要なことと言えるでしょう

ガイドヘルパーの資格について詳しくはこちら>>

ガイドヘルパーの資格は3種類

ガイドヘルパーは、以下の3つに分類されます。

  • 視覚障がい者移動介護従業者
  • 全身性障がい者移動介護従業者
  • 知的障がい者移動介護従業者

ガイドヘルパーの資格は、自治体の研修を受講し修了すると取得できます*。受講要件は自治体によって定められています。

* ガイドヘルパー(行動援護従業者)の研修は、自治体によって異なります。研修の実施がないところもあります。

研修内容

視覚障がい者移動介護従業者

視覚に障がいがある人に対するホームヘルプサービスや、移動介助の方法を学びます。

全身性障がい者移動介護従業者

四肢に機能障がいがある人に対するホームヘルプサービスや、移動介助の方法を学びます。

知的障がい者移動介護従業者

知的障がいがある人に対するホームヘルプサービスや、移動介助の方法を学びます。

同行援護従業者・行動援護従業者とは?

障がい者の移動支援に役立つ資格は、ガイドヘルパー(移動介護従業者)の他にも同行援護従業者・行動援護従業者があります。

同行援護従業者

視覚障がいを持つ人の外出をサポートします。ヘルパーとして働きたい人は「同行援護従業者養成研修」の一般課程を、サービス提供責任者として働きたい人は応用課程を修了する必要があります。

行動援護従業者

知的障がいや精神障がいを持つ人の外出をサポートします。2021年4月から行動援護を行うヘルパーやサービス提供責任者は「行動援護従業者養成研修」を修了し、知的障がい者(児)または精神障がい者の直接業務に、一定期間従事することが必要になります。*

*ヘルパーとして働くには知的障がい者(児)または精神障がい者の直接業務に1年かつ180日以上、サービス提供責任者については3年かつ540日以上、従事していることが必要となります。


ガイドヘルパーなどの移動支援の資格は、社会に貢献できる有用な資格です。移動支援事業所では、障がいを理解し移動介助を心得ていると証明されるガイドヘルパーの資格を持った人が、今も求められています。
資格に興味を持った人は、まずはお住いのエリアで養成研修が行われているかをケア資格ナビで確認してみてくださいね!

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ガイドヘルパー・同行援護従業者・行動援護従業者>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.