ケア資格ナビ> 福祉用具専門相談員ガイド> 福祉用具専門相談員の試験と仕事内容

福祉用具専門相談員になるには?筆記試験や仕事の内容を知ろう!

  • 介護用品の選び方や使い方をアドバイスする専門職「福祉用具専門相談員」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

福祉用具専門相談員の試験とは?

福祉用具専門相談員の仕事をするためには、福祉用具専門相談員の資格が必要です*。資格を取得するには、スクールなどで開催されている「福祉用具専門相談員指定講習」を50時間、通学講座で学びます。修了時には50時間とは別に1時間の筆記試験が行われます。実技試験はありません
筆記試験の内容は「習熟度を測るもの」としているスクールもあるので、難易度はそれほど高くはありません。講習内容を丁寧にしっかりと学べば、修了証明書を手にすることができるでしょう。

* 保健師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・義肢装具士などの国家資格取得者は、福祉用具専門相談員の業務にあたることができます。

福祉用具専門相談員の仕事とは?

福祉用具専門相談員は高齢者や障がい者が福祉用具を利用したいときに、ケアマネージャ-*1などからの依頼を受けて、どの福祉用具が利用者に最適かを提案します
福祉用具で利用者の生活が、安全で暮らしやすいものとなるようサポートします。

福祉用具を選定するまで

福祉用具のレンタル・販売専門店などの福祉用具専門相談員は、どのような流れで業務を行うのでしょうか?仕事の流れを見てみましょう。

仕事の流れ

  • アセスメント(情報収集)と福祉用具の選定
    利用者を訪問し、利用者の状態・住居環境・希望などをヒアリングして、福祉用具の選定を行います。
  • 福祉用具サービス計画書の作成
    表計算ソフトあるいは専用のソフトなどを用いて、福祉用具サービス計画書を作成します。
  • 福祉用具の設置・取扱方法の説明
    利用者の状態に応じて福祉用具の調整を行い、安全に使ってもらえるよう説明した上で同意を得ます。
  • モニタリング
    定期的に利用者を訪問し、使用している福祉用具が現状に合っているかの調査を行います。
  • サービス担当者会議への参加
    ケアマネージャーと課題を共有し、使用する福祉用具に変更が必要な場合はケアプランの見直しを行います。

*1 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

福祉用具専門相談員になりたいと思ったら?

福祉用具専門相談員の資格は、5日~7日程度の通学講座で資格を取得することができます。福祉用具専門相談員の講習は、地域によって開催される時期や時間などが異なります。まずは資料請求をして、どのスクールがあなたに最適か調べてみましょう!

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?福祉用具専門相談員>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉用具専門相談員ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.