ケア資格ナビ> 福祉用具専門相談員ガイド> 福祉用具専門相談員指定講習って何をするの?

福祉用具専門相談員指定講習って何をするの?

福祉用具専門相談員とは(Fy Curriculum)
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

「福祉用具専門相談員」とは介護保険の指定を受けた福祉用具貸与及び販売事業所に、2名以上の資格保有者の配置が義務付けられている専門職です。高齢者の暮らしには欠かせない福祉用具のスペシャリストとして、高齢者の自立した生活を他の専門職と連携しながらサポートします。

「福祉用具専門相談員」の資格を取得するには、都道府県知事の指定を受けた研修機関(指定講習事業者)が実施している、50時間の「福祉用具専門相談員指定講習」を受講する必要があります。講習の最後には習熟度を測るため修了評価(筆記)が行われます。

福祉用具専門相談員の指定講習内容

講習の概要

福祉用具専門相談員の資格を取得するための講習は、全国各地で開催されています。受験資格の制限はなく、誰でも受講することができます。講習の概要は以下の通りです。

科目 時間数
1 福祉用具と福祉用具専門相談員の役割 ・福祉用具の役割 1時間
・福祉用具専門相談員の役割と職業倫理 1時間
2 介護保険制度等に関する基礎知識 ・介護保険制度等の考え方と仕組み 2時間
・介護サービスにおける視点 2時間
3 高齢者と介護・医療に関する基礎知識 ・からだとこころの理解 6時間
・リハビリテーション 2時間
・高齢者の日常生活の理解 2時間
・介護技術 4時間
・住環境と住宅改修 2時間
4 個別の福祉用具に関する知識・技術 ・福祉用具の特徴 8時間
・福祉用具の活用 8時間
5 福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識 ・福祉用具の供給の仕組み 2時間
・福祉用具貸与計画等の意義と活用 5時間
6 福祉用具の利用の支援に関する総合演習 ・福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成 5時間
合計 50時間

参考:一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 / 指定講習ではどのようなことを学ぶのでしょうか?
一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 / 福祉用具専門相談員指定講習における目的、到達目標及び内容の指針

講習の内容

福祉用具を必要とする人へ福祉用具の適切な選定や援助を行えるよう、福祉用具の点検や使用方法の指導の仕方、福祉用具の案内後に行う適合状態の確認(モニタリング)、福祉用具貸与計画書等の作成方法など、実務を想定した内容を中心に学びます。 また、福祉用具の専門的な知識・技術だけでなく、 介護保険制度に関する基礎知識や食事・入浴などの介護技術、高齢者の生活についてなど、幅広く学んでいきます

講習形式は、テキストやビデオに沿った講義形式、福祉用具を実際に使用する実習、グループ発表など多岐にわたります。

福祉用具を使った実習

福祉用具を使うことで、介護する人される人の負担が軽減されることを実感できます。福祉用具というと、歩行が困難な方が車椅子を利用したり、起き上がりが困難な方が、昇降式のベッドを利用したりと、介護が必要な方の補助をするという印象が強いと思います。ただそれだけでなく、介護をする人も楽になるという効果もあります。

実際の介護現場ではヘルパーが利用者をベッドに移乗する際に腰を痛めてしまうケースが頻発しており、福祉用具を適切に利用し、介護をする人される人、双方に負担がないようにしていくことが重要といえます。

実習では実際に福祉用具を用いることで、使用方法だけでなく、介護を必要とする人や介護を行う人にもたらす効果などについて学びます。

福祉用具専門相談員指定講習を修了したら

スキルアップする方法

1 福祉用具専門相談員の研修ポイント制度を利用する!

一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会では、福祉用具専門相談員を個人ごとに評価できる研修ポイント制度を設けています。福祉用具専門相談員が研修を受講するたびに、実績をポイント(60分=1ポイント)に換算して評価しウェブサイトで公表しています。このポイントを公表することで、利用者やケアマネージャーなどに福祉用具専門相談員のキャリアを知ってもらい、サービス選択の判断材料として活用してもらうことを目指しています。

ただしこの研修ポイント制度は一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会のウェブサイトに、氏名、会社名、研修ポイント実績などが公表されることに同意できる人に限られています。

制度に参加できる流れとしては、本制度で認証されている研修をまずは受講し、証明書類とともに事務局に申請すると審査の上、ウェブサイトにポイントが反映されるようになっています。

2 他の研修・検定を受けて所定の成果を修める!

福祉用具専門相談員の研修を修了した後も、他の資格を得てキャリアアップをはかることができます。関連した資格は以下の通りです。

■福祉用具プランナー
公益財団法人テクノエイド協会
Tel:03-3266-6880
■福祉用具選定士
一般社団法人日本福祉用具供給協会
Tel:03-6721-5222
福祉住環境コーディネーター
東京商工会議所
Tel:03-3989-0777
■福祉用具供給事業従事者現任研修会
一般社団法人シルバーサービス振興会
Tel:03-5402-4880

福祉用具貸与・販売サービスは介護のサービスとして欠かせないものです。福祉用具には様々な種類があり、貸与できる物やそうでないもの、使いやすさ、便利さなどを介護度に応じて判断しなければなりません。

それに加え、法改正などの見直しで年を追うごとに基準も変わってきます。福祉用具専門相談員を目指す人は最新の情報や知識を身に付けるために、自身の学習は日頃から必要です。新聞やニュースからの情報をいち早くキャッチし、時代の変化に合った福祉用具に関する情報を提供することが求められるでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?福祉用具専門相談員>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉用具専門相談員ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.