ケア資格ナビ> 福祉用具専門相談員ガイド> 福祉用具専門相談員の将来性は?

福祉用具専門相談員の将来性は?

Detail
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

福祉用具専門相談員の気になる将来性は?

世界的な高齢化の進行にともない、施設に頼りきりの介護から脱却し、在宅介護へ移行する流れが活発化しています。また、高齢者が可能な限り自立して元気に過ごしていけるよう取り組むことが重要だとして、介護予防が注目されています。

介護予防では、生活に必要な身体機能を維持または向上させることを目的とし、簡単な運動やリハビリテーション、レクリエーション、脳トレなどを通して、利用者が要介護状態となることを遅らせます。介護予防を促進させるためには、介護予防の専門家だけでなく、日常生活をサポートする福祉用具が必要です。

福祉用具専門相談員の知識が役立つ

福祉用具は、介護現場はもちろん、自宅で高齢者を介護する際や身体機能の維持において欠かせないものです。数多く存在する福祉用具の中から、利用者ごとに適切なものを選ぶには、専門の知識が必要になり、専門家が必要不可欠になってきます。このような背景から、福祉用具専門相談員の活躍の場は広がるものと予測できます。
福祉用具専門相談員として学んだ専門的な知識や技術は、正しい福祉用具を選定した上で、ケアマネージャーや利用者、その家族をサポートできるため重宝されます。

介護予防資格についてはこちら >>

資格を取得したら、どんなところで活躍できるの?

福祉用具をレンタル、あるいは販売する会社には、事業所ごとに2名以上の福祉用具専門相談員を配置しなければならないと介護保険法で定められています。専門的な知識持ち、的確な助言ができる福祉用具専門相談員は、なくてはならない重要な職種とされ、さまざまな活躍の場があります。

福祉用具の販売スタッフとして

福祉用具専門相談員の勤務先は、ホームセンター・ドラッグストアなどの介護福祉用品売り場が中心となっています。在宅介護の拡大によって、福祉用具の種類や取扱い店が急増しています。最近では、訪問介護事業所や福祉用具メーカーなど、活躍の場はよりいっそう多岐にわたって広がっています。

住宅リフォームの相談員として

介護保険制度の適応範囲には、住宅のバリアフリー化・リフォームも含まれています。手すりの設置やスロープへの改築、あるいはドアをスライド式に変更する、などといった住宅改修も、介護保険制度の対象となります。

福祉用具専門相談員は、利用者が住み慣れた住居で暮らし続けるために、介護保険を利用して何ができるのか、利用者家族やケアマネージャーと連携してアドバイスを行います。このような役割から、住宅関連のリフォーム部門や、リフォーム用品製造会社、介護用品製造会社などのメーカーで活躍することが可能です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?福祉用具専門相談員>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.