ケア資格ナビ> 介護食ガイド

介護食アドバイザーの資格を4ヵ月の通信講座で取得!

  • 介護食のスペシャリスト
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護や医療施設で調理を行っている人、高齢の家族のために食事を作っている人におススメの「介護食アドバイザー」の資格。食事は人間にとって栄養摂取の最たる方法ですが、高齢になってくると加齢や病気のために嚥下困難が起こってしまうことがあるので注意が必要です。
スクールの講座では介護食の調理方法や高齢者向けのアイデアレシピなどを学んで、介護食アドバイザーの取得を目指します。目標を持つと生活にちょっとした新鮮さが加わり、毎日の暮らしにリズムがつきます。気分も新たに自分へ投資してみませんか?

介護食を学べる資格は?

こんな資格!

高齢者の食事づくりのスペシャリスト

高齢者の食に関する資格は多数ありますが「介護食アドバイザー」は、高齢者の食事づくりのスペシャリストとして注目されている資格です。高齢者にとって「食事」は一日の中でも楽しみな時間の一つ。メニューは好みや体調を考えながら、栄養バランスにも気を配り、誤嚥(ごえん)にも注意しなければなりません。
高齢者の食事に関して専門的なことを学びたいときは、介護食アドバイザーの講座を受講すれば高い知識や技術を身に付けることができます!

こんな職場!

さまざまな場所で働けます

一日3回、ていねいに食事作りを行っている介護・医療施設では、日ごろから調理担当職員への求人があります。介護食アドバイザーの資格を取得しておけば専門的な知識を生かすことができ、採用への強みとなることでしょう。

こんな人におススメ!

就・転職や日常生活に生かしたい人へ

  • 介護・医療施設で調理を担当している人
  • 介護・医療施設で働きたい人
  • 家族に高齢者がいる人
  • 料理が好きな人

将来性は!

高齢者社会となっていく中で……

高齢者の食生活に合った工夫を行うと、安心で安全な食事につながります。「介護食アドバイザー」の講座を受けると職場で役に立つことはもちろん、日々の食事作りがきっと楽しくなるはずです。今後はさらなる高齢化が予測されているため、資格を取得すれば、仕事や家庭内でおおいにその技術や知識が生かされるでしょう。

介護食アドバイザーとは?

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の「介護職アドバイザー」は、介護食のスペシャリストとして証明される資格です。協会指定の認定教育機関であるキャリアカレッジジャパンの通信講座で、全カリキュラムを修了すると受験資格が与えられます。試験は自宅で受験することができるので、じっくりと取り組むことができます。もちろん学習サポートや資格取得後のアフターフォローも万全です!
カリキュラム内容は高齢者の心理をはじめ、高齢者に見られるそしゃく力の低下・内臓機能低下などの身体的特徴、栄養学、病気と食生活の知識など、体調に合わせた食事の作り方を学びます。
これらが実践的に分かりやすくDVDに収められているので、何度も繰り返し視聴することができます。家族に喜んでもらえるようなおいしくて食べやすい食事を作りたい人、医療施設や介護施設で働きたい人におすすめの資格です。

ケア資格ナビから資料請求の上、キャリアカレッジジャパンのホームページから受講申し込みの場合は、受講料が10,000円引きとなります!
資料請求は無料です。いますぐお取り寄せを。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.