ケア資格ナビ> 特集記事> ヘルパーの資格に種類はあるの?仕事内容も確認しよう

ヘルパーの資格に種類はあるの?仕事内容も確認しよう

Helper Shikaku

ヘルパー(介護職員)とは?

介護サービスを提供する人

ヘルパーとは、ひとりで日常生活を送ることが困難な高齢者や障害者に、食事・入浴・トイレの手助けなど、生活に必要な介護サービスを提供する人です。ヘルパーの仕事である介護サービスには、「生活援助」と「身体介護」があります。「生活援助」は、掃除・洗濯・調理・買い物など日常生活全般を本人に代わって行うサービスです。「身体介護」は、入浴・排せつ・食事、整容・着替え・通院・外出など、直接要介護者の身体に触れて行う介助サービスです。

ヘルパーに資格は必要?
ヘルパーとして働くために、必ず介護の資格を取得しなければならないという決まりはありません。しかし、ヘルパーの業務内容の中にはヘルパー資格の取得が義務付けられている仕事や職種があります。また、就職・転職の際にも、介護スキルを証明できる資格を持っていることで、履歴書での審査や給与の面でも有利になると言えます。

介護現場で無資格でできること、できないこと>>

主なヘルパー資格は3つ

ヘルパーの資格にはいくつか種類があり、主な資格として「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」があります。受講条件がないのは「初任者研修」と「実務者研修」。「介護福祉士」は国家資格で、介護資格の中では上級資格と位置づけられます。

介護職員初任者研修

ヘルパーの入門資格

介護職員初任者研修は都道府県が指定した事業者の講座を受講し、130時間のカリキュラムを修了することで取得することができます。講座を受講するために必要な資格要件はなく、誰でも取得できるヘルパーの入門資格です。施設や在宅などの介護サービス事業所において、基本的な介護サービスを提供するために必要な基礎知識や技術を習得することができます。

介護職員初任者研修について詳しく知りたい人はこちら>>

訪問ヘルパーとして働けます

初任者研修を修了すると、日常生活に援助が必要な人の家を訪問し、介護サービスを提供する訪問ヘルパーとして働くことができます。訪問介護に従事する人は、介護保険法で初任者研修以上の資格取得を義務付けられているため、無資格では訪問ヘルパーとして働くことができません。訪問ヘルパーとして働きたい人は、就職活動の前に必ず取得しておきましょう。

訪問ヘルパーについて詳しく知りたい人はこちら>>

実務者研修

ヘルパーとしての活躍の場が広がります

実務者研修は、都道府県が指定した事業者が実施している講座を受講し、462時間のカリキュラムを修了することで取得することができます。講座は誰でも受講することができ、初任者研修などの他のヘルパー資格を持っている場合、受講時間が一部免除される制度もあります。
実務者研修では、初任者研修で学ぶ内容を理解したうえで、より実務的な知識や技術を身につけ、さらに医療的ケアについても学びます。 また、実務者研修は国家資格である介護福祉士の受験資格となっているので、取得することで介護福祉士を目指すことができます。

実務者研修について詳しく知りたい人はこちら>>

医療的ケアが行えます

たん吸引などの業務に従事する事業者として、都道府県に登録された施設において、一定の条件のもとで医療的ケアの行えるヘルパーとして働くことができます。ただし、ヘルパーが施設や居宅において「たん吸引」や「経管栄養」などの医療的ケアを行うためには、実務者研修を修了後、実地研修を修了し、「認定特定行為業務従事者」として都道府県の認定を受ける必要があります。

医療的ケアについて詳しく知りたい人はこちら>>

サービス提供責任者として働く

実務者研修を修了したヘルパーは、訪問介護事業所に配置を義務付けられている、サービス提供責任者として働くことができます。サービス提供責任者は、ケアマネージャーが作成したケアプランを元に、訪問介護計画書の作成を行います。また、訪問ヘルパーへの技術指導など、より良い訪問介護サービスを提供するために必要な業務を行います。

サービス提供責任者について詳しく知りたい人はこちら>>

介護福祉士

プロフェッショナルの証明

介護福祉士は介護業界で唯一の国家資格です。国家試験に合格することで、介護に関する豊富な知識と高度な技術を持っていることを証明できます。ですので、要介護者やその家族は安心して介護を任せることができ、より良い信頼関係を築くことができます。
また、介護福祉士を取得したヘルパーは、現場での経験を活かし、チームケアの中でリーダー的な存在として活躍することができます。経験の浅いヘルパーの技術指導など、人材育成にも重要な役割を果たします。

介護福祉士について詳しく知りたい人はこちら>>

生活相談員として働く

介護福祉士を取得したヘルパーは、資格要件は自治体によって異なりますが、施設やデイサービスなどに配置が義務付けられている生活相談員として働くことができます。生活相談員は、利用者の利用開始・中止に係る業務やケアマネージャーが作成したケアプランを元に、介護計画書の作成を行います。また、利用者とその家族が困っていることや要望を聞くなどの相談援助を行います。より良い介護サービスを提供するために、ヘルパーとしての実務経験を活かすことができます

ケアマネージャーを目指す

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護が必要だと認定された人が利用する介護保険サービスについて、利用者の状況や意向、介護サービスの種類や回数などを記したケアプランを作成します。また、円滑に介護サービスを提供するために、サービス提供責任者や医療機関など、ケアプランに関わるさまざまな職種との連携にも重要な役割を担います。2018年以降のケアマネージャー試験では、介護福祉士を取得してから5年の実務経験を積むことで、受験資格を満たすことができます

ケアマネージャーについて詳しく知りたい人はこちら>>

介護福祉士の今後は
現在、介護福祉士を取得したヘルパーがさらにキャリアアップできるよう、「認定介護福祉士」の仕組みづくりが進められています。介護福祉士としての実務経験を5年以上積み、認定介護福祉士養成研修I類II類を修了することで「認定介護福祉士」として認定されます。
「認定介護福祉士」は、高い介護実践力とマネジメントを行う力を備え、介護職チームのサービス向上やリーダーの教育指導、医療機関や他職種との連携・協働の中心的な役割を担います

認定介護福祉士について詳しく知りたい人はこちら>>

*「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.