ケア資格ナビ> 特集記事> 介護の仕事をやっていて良かったと思うこと5選

介護の仕事をやっていて良かったと思うこと5選

5great

介護職の皆様の本音をお届け!

「介護職って大変そう……」そんな印象を持っている人は少なからずいらっしゃるでしょう。介護の世界に足を踏み入れてみたいけれど、実際に仕事をするとなると、具体的なイメージがつかめず、戸惑いを覚えている方もいらっしゃるかもれません。
そんな皆さまの声にお応えして、今回は「介護の仕事をやっていて良かった!」という声をピックアップ。『良かった』と思う瞬間は十人十色ですが、ここでは代表的な5つに絞ってお届けします。
介護職に就くことによって、技術的・精神的にどのような変化があるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.利用者から嬉しい言葉をかけられる

利用者からお礼を言われたとき

最も多く聞かれたのは、サービスの利用者ご本人から、嬉しい言葉をかけられたというエピソードでした。利用者から『ありがとう』と笑顔で言われると、日頃の仕事に対するやりがいを感じ、温かい気持ちになれるといいます。

中でも最も嬉しいのは、「あなたで良かった」「あなたがいれば安心」と、自分自身に絶大な信頼を置いてもらえることです。「優しく接すれば、その分自分に返ってくる」という言葉の通り、真摯な気持ちで接すれば、利用者からの信頼も同じ形で返ってくるといいます。

利用者が回復したとき

似たような例として、「以前よりも調子が良くなった」「毎日が楽しくなった」など、利用者本人の抱える症状に改善が見られたとき、喜びを感じるといった声も聞かれました。

利用者の中には、歩くことが困難であったり、体調を崩しがちな方も大勢いらっしゃいます。そんな方が、介護を通じて日に日に元気になってゆく姿を見たとき――きっと自分自身が人の役に立てたと実感できることでしょう。

2.身内に介護者が出たとき役立つ

身体を動かす際に補助したり、寝かせたり……介護をするには、ある特殊な技術が必要です。こうした介助テクニックを、大切なご家族に役立てることができたとき、あるいは知人に教えることができたときは、このお仕事をしていて『良かった』と思えるに違いありません。

実際に、義理の母が倒れたとき、入浴や食事の介助の方法がわかっていたので、慌てず手際よく世話をすることができた――あるいは、母が認知症になったとき、介護体験が非常に活かされた、といった具体的なエピソードが数多く聞かれました。高齢化社会において介護問題はつきものですから、仕事で学んだことがそのまま役立つのは嬉しいですね。

介護の経験が無ければ、何から始めれば良いのかわからない人も少なくありません。それに比べ、たった1年でも介護職を経験しておけば、職場の先輩から技術のコツを学んだり、高齢者との接し方を身をもって経験することができます。
介護の仕事により得た知識やテクニックは、いざ身近な介護が始まった時に、必ず有益で役立つ情報としてあなたを助けてくれるでしょう。

3.人間としての幅が広がる

人に対して優しくなれる

介護の仕事は、相手の気持ちを汲み取らなければできない仕事です。そのため、仕事を通して自然と相手を理解するために動き、優しく接することができるようになるといいます。
優しい気持ちで人と接することができれば、あなたの日常はより豊かで満ち足りたものになるでしょう。

介護の世話にならない生活のありがたみが分かる

そしてもう一点、介護職として働く人の多くが感じることは、「健康な状態でいられる“今の"自分が、いかに自由で幸せであるか」ということです。
いつでも好きなところに出掛け、好きなことができる――そんな当たり前の生活が、当たり前ではないと教えられたとき、日々を大切にしようと考えるようになったといいます。

実際に介護をしていると、介護の世話にならないようするためには、どのようなことに気をつければ良いのか、いち早く気づき予防することもできます。
足を骨折して寝たきりにならないように、日頃から太り過ぎないように食生活をコントロールし、適度な運動をするようになった、そんなふうに生活習慣がガラリと変わった方もいらっしゃいます。

4.協力しあう環境にいられる

介護の仕事は、人と関わり協力し合うことによって成り立つ仕事です。人と人のつながりが希薄になりつつある現代において、必然的に関わりを持ち、生活に密着するこの仕事は、ある意味においては貴重な職業でもあります。

例えば多忙な医療機関などでは、一人の患者に対して接する時間が少なく、なんとなく日々がすぎていってしまう場合も少なくありません。その点、介護職では一人一人とゆっくり時間をかけて接することができるので、満足感とやりがいを得ることができるでしょう。

介護施設で働く人の中には、「施設入所者とともに大切な時間を共に過ごすことができた」ことこそが、何よりも良かったと語られる方もいます。入所者の生活支援を単なる作業とするのではなく、楽しいことも苦しいことも分かち合うことによって、施設全体が、まるで家族のように感じられることもあるそうです。

介護を受ける人も、世話をしてもらうならば気心の知れた人に世話をして欲しい、と思っているはずです。だからこそ介護職に携わる人は、「いかに身内のような存在になれるか」と考えながら、利用者の方々と日々接しています。

5.高齢者と接することで学べることがある

目上の人への敬意と礼儀作法

自分たちにとっては何の問題もなくても、年配の人から見ると礼儀に欠けていることはたくさんあるようです。
核家族化が進んでいる現在、ご自身の祖父母と同居していない人はたくさんいらっしゃいますので、そういった作法を知る機会がなかった方には、介護の現場は非常に良い環境だと言えるでしょう。こうして教えて貰った礼儀作法は、当然仕事外でも活きてきます

人の“最期"から学べること

「人の人生に関われる仕事」。これが、介護職を表す最たる言葉です。
たとえば認知症を患った患者さんの場合、その方がそれまで何を大切にして生きてきたのかが、症状に色濃く現れます。こういったケースを目にすると、もし自分が認知症を発症したら、何に固執するだろう――そんなことを日々考えさせられるといいます。

また、気難しい利用者さんの、頑なな表情の向こうにある苦悩や寂しさ、純粋さに触れることで、人の心の深さを知ることもあるでしょう。他の仕事では決して味わえない、現実と日常がここにあります。

もちろん、辛く悲しい別れに立ち会うケースも当然あるはずです。その別れから学べることは、あなたにとってかけがえのない財産となるでしょう。このとき得られた思いが、他の利用者をもっと大切にしよう、自身の祖父母や両親を大事にしよう、自分が最期を迎えるときも同じように強くあろう、という気持ちを育てることになるのです。

いかがでしたでしょうか。物質的な『良かった』から、感情的な『良かった』まで、幅広い声が集まりましたが、その後の人生に大きな影響を与えるような、数々のきっかけで満ちているのだということがわかりますね。

これから介護職を志す方も、今現在介護職に携わっている方も、ぜひ頑張っている皆さんの声を参考になさってください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.