ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> 施設ごとにも違う!ケアマネージャーの仕事内容

施設ごとにも違う!ケアマネージャーの仕事内容

Shigoto
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ケアマネージャーは、ケアプランの作成をはじめさまざまな相談援助業務を行いますが、具体的にはどのような仕事を行うのでしょうか?
さらにケアマネージャーは「介護施設で働くか」「居宅介護支援事業所で働くか」「どのような種類の施設で働くか」など、働く場所によっても仕事内容が変わりますが、どのような違いがあるのでしょうか。

一般的な仕事内容をはじめ、施設や居宅の仕事の違い、さらに施設ごとの仕事の違いについて紹介します!

ケアマネの仕事内容を確認!

まずはケアマネージャーがどのような仕事をしているのか、詳しく見ていきましょう。

1.相談業務・アセスメント(課題の分析)

サービスを利用したい高齢者やその家族から相談を受けます。日常生活の中で困っていることなどをヒアリングし、助言や支援の準備を行います。
ヒアリング後は、何が必要なのかをアセスメントし、支援が必要な場合は要介護認定の申請準備をします。

2. 要介護認定の申請代行・訪問調査

要介護認定の申請は高齢者や家族が書類を作成して役所へ提出することもできますが、高齢者や家族に代わってケアマネージャーが書類作成し、申請を代行することがあります
また、ケアマネージャーは市町村より委託された認定調査員として介護認定の訪問調査を行うこともあります。

3. ケアプラン作成・介護サービス調整

アセスメントによって明らかになった問題に対応するため、ケアマネージャーは事業者や施設、介護サービスの内容などを選びます。
支援の内容が決まったら、ケアプランの原案を介護サービス利用限度額に応じて作成します

4.サービス担当者会議の開催

具体的な支援が決まったあとは、高齢者とその家族、各サービス担当者を集めたサービス担当者会議を開き、ケアプランについて検討します
会議での検討内容を加え、高齢者と家族から同意を得ることでケアプランが完成します。ケアプラン変更時にもサービス担当者会議を開催します。

5.モニタリング・介護サービスの再調整

介護サービスの利用が始まったあとは、定期的に事業者や利用者宅を訪問し、モニタリングを行います。その際には現状のケアプランが適切かどうかを判断し、場合によってはケアプランを見直すこともあります。

6.給付管理

介護サービスの予定表を作成し、実施後は予定表と差異がないか確認します。実績をもとに介護給付費を請求するための「給付管理表」を作成し、国保連に提出します

ケアマネージャーの一日の業務の流れ

上記のように、多くの業務をこなすケアマネージャーですが、1日の流れはどのようなものなのでしょうか? 居宅介護支援事業所に勤務しているケアマネージャーの1日を紹介します。

■9:00 出社・ミーティング
一日のスケジュール確認やスタッフとの情報共有を行います。
■9:30 Aさん宅を訪問
利用者の心身状態をチェックしたり、本人や家族がどのような介護サービスを必要としているかを確認します。(アセスメント)
■11:00 サービス担当者会議
利用者に関わる各機関のサービス担当者を集め、ケアプランの内容が適切かなどを検討します。会議資料を作成したり、各担当者の招集、司会進行もケアマネージャーの役割です。
■12:00 帰社・お昼休み
■13:00 Bさん宅を訪問
利用している介護サービスが適切か確認します。(モニタリング)
■16:30 帰社・デスクワーク
利用者のアセスメントをもとにケアプランの作成を行ったり、介護サービス事業者への依頼(サービス提供票の作成)などを行います。
■18:00 業務終了

一日の業務は、その日により変わります。
上記の業務の他、家族の相談を受けたり、申請業務などにより役所に出掛けたりすることもあります。

このようにケアマネージャーは介護サービスを利用したい高齢者を中心に、家族、事業所や施設、自治体や国保連などと関係してさまざまな業務を行います

知っていますか? 施設ケアマネと居宅ケアマネの違い

ケアマネージャーとして活躍する場所は、介護を必要とする人が「介護施設」にいるのか、「居宅(自宅)」にいるのかによって、大きく2つに分けることができます。施設ケアマネとは介護施設に勤務するケアマネージャーのことで、居宅ケアマネとは居宅介護支援事業所に勤務するケアマネージャーのことです
施設ケアマネと居宅ケアマネにはさまざまな違いがあるので、その違いを見ていきたいと思います。

担当件数の違い

施設ケアマネ

介護施設では100人の利用者に対し最低1人のケアマネージャーの配置が義務付けられているので、ケアマネージャーが担当する利用者の数は最大で100人になります。

居宅ケアマネ

居宅介護支援事業所でケアマネージャーが担当する利用者の上限は35人なので、担当件数を単純比較すると施設のケアマネージャーと倍以上の差があります

ケアプランの違い

施設ケアマネ

施設に入居している利用者は、ほとんどの介護サービスを施設内で利用するので、施設ケアマネは基本的に施設内で行えるケアプランを作成します

居宅ケアマネ

居宅ケアマネは自宅で介護サービスを受ける人を担当するので、一人ひとりの自宅を訪問し、利用者の過ごす環境や身体状況に合わせてケアプランを作成します。ケアプランの内容は人それぞれで、関連する介護サービス事業所との連絡調整業務も多いので、居宅のケアマネージャーが1件にかける時間は施設ケアマネよりも長くなるので、必然的に担当件数も少なくなります。

ケアプランの内容については、介護施設の場合は利用者が施設内で快適に過ごすための介護サービスを考える必要があり、居宅の場合は快適に生活することはもちろんのこと、自宅でできるだけ自立した生活が送れるような介護サービスを考慮します。

仕事内容の違い

施設ケアマネ

施設ケアマネは、入所している利用者のケアプランの作成をメインに行います。施設ケアマネを目指す人は、大規模施設の場合100名程度の利用者を担当することになるので、書類作成などの事務作業をスピーディーに行うスキルが求められます。小・中規模な施設ではケアマネージャーとしての業務以外に、現場の介護業務を兼務することもあります
施設ケアマネを目指す人は介護保険法について熟知していることはもちろん、ケアプラン作成のためパソコンスキルも上げておくと良いでしょう。

居宅ケアマネ

居宅のケアマネージャーは事務所に出勤するので、基本的には利用者の身体介護などを行うことはほとんどありません。ケアプランの作成はもちろん、アセスメントやモニタリングのため自宅訪問を行い、関連する介護サービス事業所などとの連絡調整を行います。担当する利用者の自宅訪問は頻繁にあるので、一日の中での移動が多くなります。
居宅ケアマネを目指す人は、多様な事例に対応できるように高齢者の疾患についてや住宅改修、成年後見制度についてなど幅広い知識を身に付けておくと良いでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

施設ケアマネは施設の種類によっても仕事が変わります

施設ケアマネは施設の種類によっても仕事内容に違いがあります。

介護保険施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設など)

特別養護老人ホームや介護老人保健施設で働くケアマネージャーは、生活相談員や現場の介護業務を兼任することがあります。生活相談員として利用者やその家族の悩みを聞いたり、現場の介護職員と同じように食事介助などの身体介護を行うこともあります。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは主に民間企業が運営しているので、それぞれの企業の方針により特徴を持ったサービスを展開しています。それにより、独自の業務が発生する場合があります。介護保険施設のように現場の介護業務や夜勤を任されることもあります。

グループホーム

グループホームは基本的に利用者が少人数なので、ケアマネージャー単体としての仕事はそれほど多くはなくほとんどのグループホームが管理者や現場の介護と兼務となります。介護職員としての仕事の方が多いこともあり、夜勤があることもあります。

地域包括支援センター

介護予防のケアプラン作成の他地域の高齢者のさまざまな相談を受けます。相談範囲が介護についてだけではなく、成年後見制度や高齢者虐待に関すること、地域のケアマネージャーの困難事例に対する対応などもあり、幅広い知識が必要になります。地域包括センターは、介護サービスを提供する施設とは異なるので、基本的に現場の介護業務を行うことはありません。

あなたに向いている職場は?

あなたがケアマネージャーとして働く場合、どのような職場が向いているのでしょうか? タイプ別におすすめの職場を紹介します。

  • 体を動かすことが好き
  • ケアマネの仕事はもちろん、現場の介護にも携わりたい
  • チームプレイが得意
  • 夜勤があっても大丈夫
そんな人は…
  • ケアマネージャーとしてのスキルを極めたい
  • フットワークが軽い
  • 単独行動が得意
  • なるべく昼間の時間帯に働きたい
そんな人は…
  • 高齢者のさまざまな相談に乗りたい
  • 介護についてだけでなく福祉などの知識を生かしたい
  • 昼間の時間帯に働きたい
そんな人は…

ケアマネージャーの職場として多いのは居宅介護支援事業所です。こちらは基本的にケアマネージャーの資格を持っている人が募集されるので、大きい事業所では20名ほど在籍しているところもあります。
また、2021年度から居宅介護支援事業所の管理者は、質の高い人材が必要とのことから主任ケアマネに限定されるので、主任ケアマネの需要が高まるとみられています。

主任ケアマネについて詳しくはこちら>>居宅介護支援事業所の管理者 主任ケアマネージャーに限定


いかがでしたでしょうか。ケアマネの仕事は職場によって、さまざまな違いがあることが分かります。あなたが持つケアマネージャーとしての能力を生かすヒントとして、ぜひ役立ててください。
これからケアマネを目指す人も、自分に合う職場をイメージしながら資格取得に取り組んでくださいね!

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.