ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> ケアマネージャーの役割と必要な能力

ケアマネージャーの役割と必要な能力

  • 介護福祉系資格の中で最高のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例(直前対策講座・模擬試験を除く)であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネ(介護支援専門員)の役割 求められること

ケアマネージャーは、利用者が自立した生活を保つための相談援助業務を行います。また、利用者が適切な介護サービスを受けられるように「利用者と家族」と「介護サービス事業所」の橋渡し役も担います。

ケアマネージャーの業務は利用者に必要な介護サービスが円滑に実施されるよう、関係各所との連絡調整をはじめ、ケアプランの作成やモニタリングなど、幅広い業務を行います。

ケアマネージャーが幅広い業務を円滑にこなしていくためには、いくつかの能力が求められます。

ケアマネに必要な能力

コミュニケーション能力

ケアマネージャーは利用者や家族からヒアリングを行いますが、利用者や家族と言っても、その健康状態や置かれている生活環境はさまざまで、希望することも一人ひとり違います。適切なケアプランを作成するためには、利用者や家族から多くの必要な情報を正確に把握する必要があります

高いコミュニケーション能力があれば、希望や必要な情報を要領よく聞き取ることができます。利用者や家族が知りたいことにもしっかりと答えることができるので、信頼にもつながります。
関係機関とスムーズに連絡調整を行うにも、コミュニケーション能力は不可欠です。

業務コントロール能力

ケアマネは多岐に渡る業務を行うので、スケジュールが多忙になりがちです。多忙になり過ぎると利用者とのコミュニケーション不足にもつながりかねないので、できるだけ上手にスケジュールを組む必要があります。

無駄のないスケジュール管理や優先度をつけて業務を行う能力を身につければ、気持ちにも余裕ができミスも防げます。利用者に接する時間もしっかり確保できるので、不満やクレームを防ぐことにもつながります

豊富な知識で的確に判断する能力

ケアマネージャーは、1人ひとりの利用者が適した介護サービスを受けられることを目標に、調整を行っていきます。ケアプランを作成する際にそれぞれに合ったサービスを選択するには、ケアマネージャーとしての豊富な経験と知識、それらに基づいた判断能力が必要です

ケアプランは利用者や家族が作成することもできますが、点数の計算や介護サービス事業所との連絡・調整などが必要なため、専門的な知識も欠かせません。そのため一般的にはケアマネージャーがケアプランの作成を担っています。

事務処理能力

ケアマネ―ジャーが作成する書類はケアプランだけではありません。介護サービスの利用予定を記入する「サービス利用票」や事業所との調整に使用する「サービス提供票」、毎月の給付管理に必要な「給付管理表」など、他にもいくつもの作成すべき書類があります。

ケアマネージャーは数多くの書類を作成しなければならないので、正確で効率の良い事務処理能力が求められます


いかがでしたか? ケアマネージャーは必要とされる知識や技術が幅広く、求められる能力もさまざまあり難しい職業のようにも感じられるかもしれません。ですが、あなたがこれまで培ってきた介護の経験や知識があれば、ケアマネージャーになってもより能力を高めていくことができるでしょう

ケアマネージャーは高齢者がいきいきと暮らしていくためのお手伝いができる、やりがいのある仕事です。あなたもケアマネージャーとして、社会で活躍してみませんか?

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では 「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.