ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> ケアマネの試験内容と合格ラインを知ろう!

ケアマネの試験内容と合格ラインを知ろう!

Keamaneshikentaisaku
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護支援専門員(ケアマネージャー)試験の問題数と合格ラインは?

ケアマネージャー試験の出題傾向を見てみましょう。出題は多岐にわたり、幅広い知識が求められます。設問は60問あり、試験は120分で行われます

分野 問題数
1:介護支援分野 25問
2:保健医療福祉サービス分野 35問


合格基準は介護支援分野と保健医療福祉サービス分野それぞれ7割以上正解することですが、その年の問題の難易度によって点数は補正されます。

気になる合格率は?

ケアマネージャー試験の合格率は、1998年(第1回)~2004年(第7回)は30%~40%台でしたが徐々に下降し、2005年(第8回)~2010年(第13回)は20%台、2010年以降は10%台と推移していました。
2017年(第20回)においては、無資格者でも受験資格を満たせば受験できた最終回ということもあり、21.5%に上昇し、2018年は受験資格の厳格化や処遇改善問題などが影響し、合格率が過去最低の10.1%に。受験者数は昨年度と比較して6割以上減、合格者数も8割以上減という結果になりました。

受験者 合格者 合格率 前年度比
2012年度(第15回) 146,586人 27,905人 19.0 % +3.7 %
2013年度(第16回) 144,397人 22,331人 15.5 % -3.5 %
2014年度(第17回) 174,974人 33,539人 19.2 % +3.7 %
2015年度(第18回) 134,538人 20,925人 15.6 % -3.6 %
2016年度(第19回) 124,585人 16,280人 13.1% -2.5 %
2017年度(第20回) 131,560人 28,233人 21.5% +8.4 %
2018年度(第21回) 49,333人 4,990人 10.1% -11.4 %

10人に2人程度しか受からないケアマネージャー試験。試験突破は、かなりの難関といえます。

これで合格!7割以上の得点を取得するには?

介護の専門家としてケアマネージャーになるために、試験対策を考えてみましょう。

試験の傾向と対策は?

配点は1問1点。5つの選択肢の中から正しい回答を選択して、マークシートを塗る形式です。近年の傾向として、選択肢の文章が短いために判断に迷い、回答を選択するのに時間がかかってしまう問題が増えているようです。幅広い知識はもちろんですが、問題を読み解く読解力とスピードが必要になってくるので、問題演習をたくさんこなして解答を導き出す練習をするとよいでしょう

試験問題を解くときのポイント

ケアマネージャーの試験問題のポイントは、問題量が多いのでイージーミスをしないようにすることです。たとえば以下のような方法で、1つずつ確実に、落ち着いて回答していくことが大切です。

  • 提示された問題には、回答しなければならない数やキーワードに印をつける
  • 5つの選択肢中の、引っかかりやすい単語や文章に印をつける

そして、中には答えるのが難しい問題も毎年数問出題されます。ですが、難問は正答率も低いので、そこで悩まず標準的な問題を確実に解答することが合格のポイントになります。

独学派?スクール派?それぞれの勉強スタート時期

独学の場合のフローチャート

ケアマネージャーの試験範囲は大きく3つに分かれています。各分野ごとに、1つずつしっかりと理解を深めていきましょう。1日の中でケアマネージャー試験の対策を行う時間を決めて、毎日必ず学習することが大切です。

時期 内容
~5月 介護支援分野の学習
6月 保健医療サービス分野の学習
7月 福祉サービス分野の学習
8月 全体の学習
苦手分野の克服
9月 過去問を繰り返し解く
10月 試験日まではあと少し!
これまでのテキストを復習する

スクールを利用する場合

ケアマネの試験勉強をいざ始めようと思っても、どの教材を使ってどのように勉強すればいいのか悩む人もいるかもしれません。そんなときはスクールを利用しましょう。
スクールには通学、通信ともに3カ月~6カ月のコースがあります。通学の場合は4月~6月に講座が開講するスクールが多いので、3月頃までにはスクールを比較検討し決定するのが良いでしょう。スクールに通う時間があまりない人は、通学でも直前講座などの短時間講座や通信講座を使うのもひとつの方法です。

ケアマネ―ジャー試験対策講座について詳しくはこちら>>

これまでの出題内容はどんなもの?

2018年ケアマネージャー試験の出題は以下の60問でした。

介護支援分野 25問

介護支援分野では、まず介護保険制度が創設された経緯や目的、概要を理解しましょう。見直しで改正された内容も多く出題されるので、しっかり押さえておくことが大切です。
ケアマネージャーの業務として重要なサービス計画書の作成に関する内容や介護保険で利用できるサービス内容、保険給付の手続きや種類などはしっかりと把握する必要があります。要介護認定の基本調査項目や審査判定基準なども含めて、これらは必ず得点したい問題です。

  • 1:介護保険法第1条について
  • 2:認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)について
  • 3:介護医療院について
  • 4:介護保険制度における国や地方公共団体の責務について
  • 5:介護保険の被保険者資格について
  • 6:介護保険の保健給付について
  • 7:支給限度基準額について
  • 8:地域密着型サービスについて
  • 9:共生型居宅サービスについて
  • 10:第1号保険者の保険料について
  • 11:介護給付に要する費用に係る公費負担について
  • 12:財政安定化基金について
  • 13:地域支援事業の在宅医療・介護連携推進事業について
  • 14:介護サービス情報の公表制度について
  • 15:国民健康保険団体連合会の業務について
  • 16:指定居宅介護支援事業の人員・運営に関する基準について
  • 17:指定居宅介護支援の居宅サービス計画の作成について
  • 18:指定介護予防支援事業者の担当職員の業務について
  • 19:指定介護老人福祉施設での身体的拘束などの取り扱いについて
  • 20:介護認定審査会について
  • 21:要介護認定について
  • 22:介護認定審査会について
  • 23:介護保険と他制度との関係について
  • 24:事例問題
  • 25:事例問題
保健医療サービス分野 20問

保健医療サービス分野においては、高齢者によくみられる疾病や障害についての問題が頻出します。高齢者の特徴について十分に理解しておく必要があるでしょう。急変時の対応やターミナルケアについての問題も押さえておきたいところです。また自宅に住んでいる要介護者がサービスを受ける通所リハビリテーションや、訪問リハビリテーションにもふれておきましょう。介護の必要な人を支えるには、ケアマネージャーの対応が欠かせません。実際に自分が担当したケースと想定して学習すると、おのずと理解が深まります。

  • 26:高齢者に多い症状や疾病について
  • 27:深部静脈血栓症他、適切な記述を選択
  • 28:感染症と完成経路の組み合わせについて
  • 29:メタボリックシンドローム他、適切な記述を選択
  • 30:バイタルサインについて
  • 31:高齢者に多い症状や疾病について
  • 32:認知症について
  • 33:在宅での医療機器使用における留意点について
  • 34:BMI他、適切な記述を選択
  • 35:在宅時の呼吸管理について
  • 36:低栄養状態他、適切な記述を選択
  • 37:在宅時の医療管理について
  • 38:高齢者に起こりやすい急変や急変時の対応について
  • 39:死亡診断書について
  • 40:定期巡回・随時対応型訪問介護看護について
  • 41:訪問看護について
  • 42:看護小規模多機能型居宅介護について
  • 43:通所リハビリテーションについて
  • 44:介護医療院について
  • 45:介護老人保健施設について
福祉サービス分野 15問

福祉サービス分野においては、面接時のコミュニケーション技術や介護保険が利用できる居宅サービスと施設サービスなどについて理解しておきましょう。居宅サービスでは「訪問介護」「通所介護」「短期入所生活介護」などをしっかり押さえ、施設サービスは「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」、そして地域密着型サービスの「地域密着型通所介護」などにも触れておきたいところです。その他、「福祉用具」「障害者総合支援法」「生活保護法」に関する問題の出題率は高いので、チェックしておいた方が良さそうです。

  • 46:面接場面でのコミュニケーション技術について
  • 47:インテーク面接について
  • 48:ソーシャルワークにおける集団援助について
  • 49:ソーシャルワークにおける地域援助について
  • 50:短期入所生活介護について
  • 51:福祉用具貸与について
  • 52:訪問介護について
  • 53:通所介護について
  • 54:訪問入浴介護について
  • 55:夜間対応型訪問介護について
  • 56:小規模多機能型居宅介護について
  • 57:介護老人福祉施設について
  • 58:成年後見制度について
  • 59:生活保護制度について
  • 60:後期高齢者制度について

ケアマネージャー試験の合格は、非常にハードルの高いことです。ケアマネージャー試験を受ける人は、介護職に携わりながら受験する人が多いでしょう。勤務の他、主婦としての家事などを並行して行っている人もいると思います。そのような中で受験勉強を継続していくことは大変なことです。

そんなときは、勤務先や自宅に近いスクールを利用してみませんか?。ケアマネージャー試験の対策を十分に行ってくれます。講師のサポートもありますし、なにより同じ目標を持つ仲間もたくさんいます。毎年、秋に行われるケアマネージャー試験に向かって、さあ今から受験勉強を始めましょう!

ケアマネージャーについて詳しく知りたい人はこちら>>

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ケアマネ―ジャーを取得した後は

ケアマネージャーは幅広い仕事を担当するため、専門知識があればあるほど役に立ちます。特に将来的に主任ケアマネを目指している人は、業務の合間でも取得しやすい短期間の講座を受講することで、さらなるスキルアップを図ることが可能です。

今すぐ取れる!無資格で取得できるお役立ち資格

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2019 Network21, Inc. All rights reserved.