ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> ケアマネの仕事内容

ケアマネの仕事内容。ケアマネージャーってどんな人?

  • 介護福祉系資格の中で最高のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャー(介護支援専門員)は高齢者などが介護を必要としたときに、介護サービスがスムーズに受けられるようなサポートを行います
その内容は、介護サービスを利用するための相談・連絡・調整・ケアプランの作成・サービス担当者会議の開催・給付管理など多岐に渡ります。
ここではケアマネージャーの仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

ケアマネージャーの役割

利用者の問題を解決するため調整する

ケアマネージャーの業務には利用者を中心に、以下のような人や機関が関わります。

  1. 利用者・家族
  2. 施設・事業所
  3. その他(国保連・自治体など)

ケアマネージャーは、利用者に日常生活の中で困ったことが起きた場合、何がどんな風に困っているのかを聞き取って、その問題を解決していくため関係機関との連絡や調整を行う役割を果たします。

利用者の悩み・心配事・不便さなどにはさまざまなケースが存在します。ケアマネージャーはそれらのケースに応じて、その人にふさわしい介護サービスを選択していくことが重要な役割となっています。

ケアマネージャーの業務の進め方

それではケアマネージャーが利用者や家族から相談を受けて、介護サービスを利用できるようになるまでの業務の進め方を見ていきましょう。

1.相談業務・アセスメント(課題の分析)

まずは利用者や家族からの相談を受けます。現在、日常生活の中で困っていることなどをヒアリングし、助言や支援の準備を行います。
相談内容は利用者自身からの「病気やけがによって日常生活のサポートを受けたい」というような相談や、家族からの「仕事と介護の両立をしたい」「介護保険サービスや要介護認定について知りたい」という相談など、介護に関わる全般に渡ります。

ヒアリング後は解決するべき課題を明確にして、何が必要なのかをアセスメントします。支援が必要な場合で、介護認定を受けていない人には要介護認定の申請準備をします。

2. 要介護認定の申請代行・訪問調査

要介護認定は利用者が日常生活において介護サービスが必要なのかどうかを判断するものです。
要介護認定の申請は書類を作成して役所へ直接届けるか、または郵送しなければならないため、利用者や家族に代わってケアマネージャーが書類作成および申請代行することがあります
また、認定調査員研修を修了したケアマネージャーは、市町村より委託された認定調査員として介護認定の訪問調査を行うこともあります。

3. ケアプラン作成・介護サービス調整

アセスメントを行い、その上で明らかになった問題に対応するため、ケアマネージャーは利用者と相談しながら事業者や施設、介護サービスの内容などを選びます。
支援の内容が決まったら、ケアプランの原案を介護サービス利用限度額に応じて作成します
ケアプランの原案には、利用者と家族の情報や意向、生活全般の解決すべき課題や介護サービスの内容などが盛り込まれています。利用者は今、何に困っていてそれをどう解決するべきか、ケアプランで方向性を定めます。

4.サービス担当者会議の開催

具体的な支援が決まったあとは、利用者とその家族、各サービス担当者を集めたサービス担当者会議を開きます。専門的な視点からケアプランの内容について検討・調整を行います。
利用者と家族の意向、課題と目標の確認、介護サービス内容、医師から得た医学的所見など情報の共有を行います。

会議での検討内容を加え、利用者と家族から同意を得ることでケアプランが完成します。また、モニタリング後のケアプラン変更時にもサービス担当者会議を開催します。

5.モニタリング・介護サービスの再調整

介護サービスの利用が始まったあとは、定期的に事業者や利用者を訪問し、利用者や家族についてモニタリングを行います
その際には利用者や家族の生活状況、心身の変化、利用している介護サービスの満足度や目標の達成度などを確認し、今のケアプランが適切かどうかを判断します。場合によってはケアプランを見直すこともあります

利用者の短期目標や長期目標に沿った介護サービスが実施されるよう、サービス事業者との調整を継続していきます。

6.給付管理

利用者が介護サービスを利用する際に、サービスの利用予定を記入する「サービス利用票」と支給限度額管理や利用者負担計算などが記載された「サービス利用票別表」を月ごとに2部作成します。2部のうち1部は利用者分、残りはケアマネージャーの控えとして作成します。

それと同時に、事業所に配布するためのサービス内容などが記載された「サービス提供票」と支給限度額管理や利用者負担計算などが記載された「サービス提供票別表」も作成します。
月が終わったら、事業所が記した実績の入ったサービス提供票・サービス提供票別表とサービス利用票の予定を照らし合わせ、差異はないかを確認しながらサービス利用票に実績を記載します。

実績の入ったサービス利用票をもとに給付管理票を作成し、国保連に提出します

ケアマネージャーの一日の業務の流れ

さまざまな勤務先で活躍し、多くの業務をこなすケアマネージャーですが、ここでは居宅介護支援事業所に勤務しているケアマネージャーの1日の業務の流れを見てみましょう。

■9:00 出社・ミーティング
一日のスケジュール確認やスタッフとの情報共有を行います。
■9:30 Aさん宅を訪問
利用者の心身状態をチェックしたり、本人や家族がどのような介護サービスを必要としているかを確認します。(アセスメント)
■11:00 サービス担当者会議
利用者に関わる各機関のサービス担当者を集め、ケアプランの内容が適切かなどを検討します。会議資料を作成したり、各担当者の招集、司会進行もケアマネージャーの役割です。
■12:00 帰社・お昼休み
■13:00 Bさん宅を訪問
利用している介護サービスが適切か確認します。(モニタリング)
■16:30 帰社・デスクワーク
利用者のアセスメントをもとにケアプランの作成を行ったり、介護サービス事業者への依頼(サービス提供票の作成)などを行います。
■18:00 業務終了

一日の業務は、その日により変わります。
上記の業務の他、家族の相談を受けたり、申請業務などにより役所に出掛けたりすることもあります。

このようにケアマネージャーは介護サービスを利用したいとする利用者を中心に、家族、事業所や施設、自治体や国保連などと関係してさまざまな業務を行います

勤務先によっては他の担当者が給付管理を行うところもあるので、一概にはすべての業務を一人のケアマネージャーが行うと言えません。また有料老人ホームなどではケアマネージャーが、介護職員と同様の業務を兼任して行うところもあります。

ケアマネージャーは、勤務先次第で業務に違いがあります。就職や転職の際には業務内容をチェックしてみると良いでしょう。

詳しくはこちら>>施設ごとに違います!ケアマネージャーが受け持つさまざまな仕事

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚生労働省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.