ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは?全国の講座料金を一覧比較

  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)
  • 資料請求無料
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

ケアマネージャーの役割

ケアマネージャー*1(介護支援専門員)とは介護サービスを必要とする人に対して、適切なケアプランを提案して生活をサポートする専門職です。

介護福祉士が利用者に身体介護や生活援助などの介護サービスを行うのに対し、ケアマネージャーは相談援助やアセスメント、モニタリング、ケアプランの作成を行うなど、介護サービスにおける利用者のマネジメント役を果たします。

*1 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事とは?

仕事内容は?

  • 利用者や家族の相談援助
  • 利用者のアセスメント・モニタリング
  • 介護認定の書類作成および申請・更新代行
  • ケアプランの作成・更新
  • 施設や事業所・保険医療機関などとの連絡調整
  • サービス担当者会議の開催
  • 給付管理

上記のようにケアマネージャーは利用者や家族から相談を受け、介護認定の書類作成や申請代行、ケアプランの作成を行います。
利用者が適切な介護サービスが受けられるように、施設や保険医療機関・福祉用具専門相談員などと連絡を取り、介護サービスの提供依頼や利用者の情報共有を行います。サービス担当者会議開催のため日程の調整なども行います。

介護職と言うと現場で高齢者を介助する仕事のイメージを持ちますが、ケアマネージャーはどちらかというと、パソコンによる書類作成や電話やメールでの連絡調整業務など事務的な仕事が多くなります。そのためケアマネージャーとして働くには実務経験と専門知識に加え、事務処理能力やコミュニケーション能力も必要です

詳しくはこちら>>ケアマネの仕事内容。ケアマネージャーってどんな人?

こんな職場で働けます!

  • 居宅介護支援事業所
  • 介護保険施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設)
  • 民間施設(介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホーム)
  • その他施設(小規模多機能型居宅介護・グループホームなど)
  • 介護予防支援事業所(地域包括支援センターなど)

ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所や施設、地域包括支援センターなどで働けます。仕事内容は基本的には同じですが、勤務先によって担当する利用者の数や業務の流れは多少変わってきます。規模やサービス内容によって介護職を兼務する場合もみられます

詳しくはこちら>>施設ごとに違います!ケアマネージャーが受け持つさまざまな仕事

働き方も選べます!

ケアマネージャーは正社員でもパートタイムでも求人募集があります。介護職員に多い土日出勤の必要がない事業所もあり、比較的自分の希望に合わせて働き方を選ぶことができます
ケアマネージャーとしての実務経験を積み、居宅介護支援事業所を開業することもできます。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得するには?

ケアマネージャーは年に一度実施される「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、「実務研修」を受講することで資格を取得できます。

受験資格

  • 法定資格を持ち、保健・医療・福祉に関する資格に関わる実務に5年かつ900日以上従事した人
  • 特定の施設において、生活相談員・支援相談員・相談支援専門員・主任相談支援員として、5年かつ900日以上、相談援助業務に従事した人

詳しくはこちら>>これでわかる!ケアマネージャー試験の受験資格

試験情報

試験日 2018年10月14日(日)
受験要項・受験申込書の配布 5月下旬頃から配布
受験申込期間 5月下旬頃~7月上旬頃
合格発表 例年11月
受験料 各都道府県により異なる

受験申込期間は各都道府県により異なります。詳細については、各都道府県から指定を受けた「指定実施機関」へお問い合わせください。

ケアマネージャーの試験対策と通学・通信講座

ケアマネージャー試験は難関と言われる試験です。効率よく合格するための対策を紹介します。

試験対策

スクール講座が活用できます!

ケアマネージャー試験は出題範囲が広い試験なので、できるだけ効率よく学習を進めたいものです。そのための対策として、スクールの講座を利用することがオススメです。
スクールではケアマネージャー試験の内容を分析し、厳選した内容のテキストを使用するので効率よく学習できます。忙しい人にはスマホで学習できる講座もあります。通学タイプの講座や通信タイプの講座が多数あるので、自分のライフスタイルに合わせて受講形式を選ぶことができます。

受講料も幅広く設定されているので、気になる人はスクールの講座を比較してみてください。お手頃価格の講座も存在します

通学講座通信講座について

ケアマネージャー試験を受験するためには5年かつ900日以上の従事期間が必要なこともあり、働きながら資格取得を目指す人も多くいます。自由な時間が少ない中、独学で受験勉強を進めることは簡単なことではありません。そのようなときにもスクール講座の利用はおすすめです。

講座にはプロの講師から直接学ぶことのできる「通学講座」と自宅で学べる「通信講座」があります。数カ月間かけてじっくりと学習する講座から短期の直前試験対策講座まで期間もさまざまです

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

ケアマネージャーを取得したら

ケアマネージャーは、介護の分野で特に専門性の高い業務を担うため、居宅介護支援事業所をはじめ、多くの施設の運営になくてはならない人材です。介護付き有料老人ホームなどの施設で生活相談員として働ける他、一部の施設では管理者の役職に就くことも可能です。
事業所によって資格手当が支給されることもあり、介護の仕事を長く続けながら給与アップを目指す人におすすめの資格です。

居宅介護支援事業所や介護付き有料老人ホーム以外で活躍できる介護施設

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.