ケア資格ナビ> 簿記ガイド

簿記の講座料金を一覧比較

  • 年間50万人が受験!事務系資格人気No.1 簿記
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

簿記とは

簿記とは、会社の財務状態・経営成績などを記録し、いわゆる 決算書を作成するためのスキルです。
簿記を学ぶと、お金の流れを理解することができ、 家計の状態や会社の経営状態などを詳しく知ることができるようになります。

簿記資格を取得することのメリット

簿記は、全てのビジネス知識の基礎にあたります。
簿記の知識やノウハウを活かして取得できる専門資格、また 活躍の場は多岐に渡り、その可能性は無限大です。
簿記を勉強することで身につく知識や感覚は社会人としての基礎となってくれます。
また、就職を控えた学生の方には、簿記の知識の修得はビジネス社会で活躍するための大きな武器になります。
経済の動きがわかる、金銭感覚が身につく、経営戦略などのシミュレーションなどができるようになるなど、簿記を取得することにおいてのメリットは多岐に渡ります。

簿記の試験・資格データ

日商簿記検定試験

合格率 【1級】8.8%(H29年6月)
【2級】21.2%(H29年11月)
【3級】40.3%(H29年11月)
【簿記初級】54.9%(H29年4月~12月)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 各級の簿記検定試験に合格することでその級を取得できます。
レベル 【1級】公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。1級に合格すると税理士試験の受験資格が得られる。
【2級】企業の財務担当者として必要な高校程度の商業簿記、工業簿記の知識が身につき、株式会社の経営管理に役立つ。
【3級】簿記の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経営事務に役立つ。
【簿記初級】簿記入門レベル。業種・職種に関わらずビジネスパーソンに必要とされる簿記の知識が得られる。
試験内容 【1級】商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算にまつわる問題を70%以上の得点で合格、ただし1科目ごとの得点は40%以上。
【2級】商業簿記、工業簿記にまつわる問題を70%以上の得点で合格。
【3級】商業簿記にまつわる問題を70%以上の得点で合格。
【簿記初級】日常業務における実践的な簿記の知識にまつわる問題を70%以上の得点で合格。
受付期間 【1~3級】
5月上旬~5月中旬
10月上旬~10月中旬
1月中旬~1月下旬(2,3級のみ)
【簿記初級】
通年(各ネット試験会場による)
試験日 【1~3級】
6月中旬
11月中旬
2月下旬(2,3級のみ)
【簿記初級】
通年(各ネット試験会場による)
受験料 【1級】7,710円
【2級】4,630円
【3級】2,800円
【簿記初級】2,160円
問合せ先 日本商工会議所
「各都道府県の商工会議所」へお問い合わせ下さい。
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資格講座一覧

新着記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.