ケア資格ナビ> 介護予防ガイド

介護予防の資格とは?

  • 介護保険制度改正でニーズが上昇中!今すぐ始めて3日間で取得「介護予防」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護予防とは、高齢者が要支援・要介護状態にならないように予防したり、要介護者の症状悪化を防ぐことです。例えば、運動や食事指導を行って筋肉量を増やし、転倒による寝たきり状態などを予防します。

高齢化の流れが加速する昨今、介護予防の分野は以前にも増して注目されるようになりました。医療費を削減し、介護保険制度を持続させるため、高齢者の自立した生活を守る取り組みが先決となっているのです。

介護予防の資格について

介護予防の資格には、最短3日間で取得できる「介護予防指導員」や、より専門性の高い「介護予防運動指導員」などがあります。
介護予防運動指導員についてはこちら >>
※介護予防運動指導員資格は3年ごとに登録更新が必要となります。

受講条件があります

《介護予防指導士の場合》

カテゴリ 資格名
医療系 医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、健康運動指導士 等
介護・福祉系 社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、精神保健福祉士、介護職員基礎研修課程修了者、実務者研修修了者、訪問介護員2級以上で実務経験2年以上の人、初任者研修修了者で実務経験2年以上の人

上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)が対象になります。

高い信頼性があり就転職に有利

受講条件となる医療や介護・福祉系の資格の知識に加え、介護予防の専門知識も持っているとみなされるので、活躍の幅がぐっと広がり就転職のアピールにも有効です。

こんな人におすすめです!
・身体を動かすのが好きな人
・人と話すのが好きな人
・活躍のフィールドを広げたい人
・長く使える技術を身につけたい人

介護予防の資格を取得するには

資格取得するには

介護予防のトレーニング技術を習得するには、スクールで実施されている講座を受講する必要があります。講座を全て受講する、または修了試験に合格することで、修了証や認定証が交付されます。

受講内容

  • 行動科学
  • 栄養学
  • 口腔ケア
  • 高齢者筋力向上トレーニング講義・実技
  • 転倒予防講義・実技
  • 認知症予防
などを中心に学習します。

詳細はスクールによって異なりますので、資料を取り寄せて確認しましょう。

受講費用

スクールや団体によって異なります。

受講期間

スクールや団体によって異なります。

なぜ今、介護予防の資格を取得するべきなのか

加速度的に進行する高齢化社会を懸念し、日本政府は要介護・要支援者の増加を抑制する対策を講じました。2017年から始まった総合事業では、要支援者が介護保険から切り離され、市町村での事業に移行されています。この流れを受けて、今後は市町村における介護予防事業の拡大が予想されており、介護予防の知識を備えた人材の確保が急がれているのです。

また介護予防の資格を取得することで、健康寿命の延伸に必要な運動や食事、さらには心理的なサポートについても学ぶことができます。これらの学びは、いずれ必ず必要とされる両親の介護や、日常生活においても役立つでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防の仕事とは?

主に高齢者施設や病院の機能訓練指導員として、下記のようなプログラムの立案からトレーニング、そして効果測定に至るまでの一連の流れを担当します。

  • 介護予防プログラムの立案と実施
    高齢者の心身機能の低下を予防するべく、プログラムを立案しトレーニングを行います。プログラムの内容は、栄養状態の改善から認知症予防まで、幅広く網羅している必要があります。
  • 事前・事後評価を行う
    トレーニングが終了したら、プログラムがどの程度の効果を上げたのか評価します。
  • 他の専門職と連携を取りながら仕事を進める
    医療、保健、福祉など専門職のスタッフと連携を取り、利用者のニーズに応じたサービスの提供を目指します。

こんな職場で活躍できます
・介護予防通所介護(デイサービス)または介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
・老人保健施設または社会福祉施設(老人ホーム、訪問介護事業所など)
・病院
・高齢者向けスポーツクラブ
・地方自治体運営の運動教室または地域包括センター
・利用者の自宅訪問 など

その他、介護用品のレンタル会社や運動機器メーカーにおいて、商品企画・開発をする際に知識をいかすこともできます。

ポイント1

働き方や勤務時間の選択肢が豊富

介護予防の仕事には正社員勤務とパート勤務の募集があります。例えば高齢者向けの運動教室でパートタイマーとして働く場合、毎日の勤務時間は2時間~3時間と短時間で済み、空き時間を活用して働くことができます。身体を動かすとリフレッシュ効果も期待できるので、家事や育児の息抜きとして働いている人もいるようです。

ポイント2

活躍次第で報酬アップが狙える

介護予防プログラムは実施の前後に検証を行い、効果測定の結果を報酬に反映させる制度があります。効果的なプログラムを立案し実行することで、より多くの報酬を得ることができるようになるでしょう。

介護予防の講座について

生活習慣の違いなどにより、人の身体のクセなどはさまざまで、当然ながら体力や筋力に違いがあります。そのため、ひとりひとりに合った個別の介護予防プログラムを立案し、改善を図ることが重要です。さらに、筋肉を向上させるためにはどのようなストレッチが必要なのか、生活習慣のアドバイスをするためにはどのような口腔ケアが必要なのかなどを、実際に運動器具等を用いながら学んでいくことになります。

受講生の声の一部を紹介!

介護職員として働く傍ら、体力をつけるためにスポーツクラブにも通っていたので、運動と介護の両方に興味があり受講しました。現在はシニアのための体操教室で指導を行っています。「関節の痛みがなくなった」「毎週来るのが楽しみ」と言ってもらえるのが嬉しく、皆さんの些細な変化に気を配りながら、日々やりがいをもって仕事に取り組んでいます。

身体を動かすことが好きで、仲の良いママ友と誘い合わせて受講しました。勉強についていけるか不安でしたが、経験豊富な講師の皆さんより、現場体験を交えながら丁寧に指導していただけました。現在は2つの教室で仕事をしています。「着替えが楽になった」「介助がなくても歩けるようになった」といった声をいただけると、この仕事に就いて良かった!と思います。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.