ケア資格ナビ> 介護予防ガイド

介護予防の資格を3日間で取得

  • 介護保険制度改正でニーズが上昇中!今すぐ始めて3日間で取得「介護予防」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護予防はこんな資格!

こんな資格!

高齢者が介護の手を必要としないようサポート

介護予防とは、高齢者が要支援・要介護状態にならないようにすることが目的です。
介護予防運動指導員などの介護予防の有資格者は、高齢者が介護が必要な状態にできる限りならないようにサポートします 。また介護が必要な状態であっても機能を回復するように指導し、今以上に悪化しないようにします。そして心身機能を回復することによって高齢者がいつまでも元気で自分らしく、いきいきと暮らしていけるようにサポートします。
体の変化に合わせ適切な対策を施すことによって、支援を必要とする状態であっても改善されることがわかっているので、予防は有効な手段です。
今後も高齢化社会の流れは加速すると予想されます。それに伴って介護予防のニーズも増加していくと予想されますが、予防することで高齢者がいつまでも健やかで自立した生活を送れることを目指します。

どんな職場?

高齢者をサポートする現場

施設や病院などで、心身機能の低下を予防するための機能訓練プログラムの立案から、筋力向上トレーニングなどを行います。すでに取得している医療分野や介護分野の専門知識をいかしながら、介護予防の知識を加えることによって、よりよいサポートを行うことができます。

こんな職場で活躍!

  • 介護予防通所介護(デイサービス)
  • 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
  • その他の社会福祉施設
  • 病院・医院
  • 利用者の自宅 など…

将来性は!

高齢者が増加しているので需要大

2006年の介護保険制度の改正に伴って介護予防サービスが導入され、現在の介護保険制度の一端を担うようになりました。このことにより、 介護予防がより注目されるようになりました
また、介護を必要とする人は今後ますます増え、2025年には介護職員が38万人不足すると予想されています。介護される人をできるだけ増やさない政策が求められ、介護予防がより重要となっています。介護サービスの利用者が増加するなか、介護予防のスキルを身につけている人材が不足している現状があり、介護予防の資格を プラスアルファのスキルとして身につけておくことは、就転職に有利になるといえるでしょう

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防の資格を取得するには

資格取得するには

介護予防のトレーニング技術を習得するには、 まずスクールで実施されている講座を受講することが一般的です。
スクールによって独自のカリキュラムを実施していますが、東京都老人総合研究所が開発した「介護予防運動指導員」をもとにしたカリキュラムが広く実施されています。講座を受講後に修了試験を受け、合格すると修了証や認定証が発行されます。
≫介護予防運動指導員についてはこちら

受講内容

行動科学、栄養学、口腔ケア、高齢者筋力向上トレーニング講義・実技、転倒予防講義・実技、認知症予防などを中心に学習します。
詳細はスクールによって異なりますので、資料を取り寄せて確認しましょう。

受験資格

《介護予防運動指導員の場合》

  • 医師
  • 歯科医師
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 准看護師
  • 臨床検査技師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 介護予防
  • 社会福祉士
  • 歯科衛生士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 柔道整復師
  • 栄養士(管理栄養士を含む)
  • 介護支援専門員
  • 健康運動指導士等
  • 介護職員基礎研修課程修了者、訪問介護員2級以上で実務経験2年以上の方
  • 実務者研修修了者、初任者研修修了者で実務経験2年以上の方
  • 上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)
    が対象になります。

受講費用

約20,370円~
スクールや団体によって異なります。

受講期間

3~5日間
スクールや団体によって異なります。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

資格取得は今がチャンス!介護予防の受講をおすすめする3つのポイント!

ポイント1

取るなら今がオススメ!介護保険制度改正でニーズが上昇中!

介護保険制度の改正に伴い、要支援者は介護サービスだけではなく介護予防サービスも受けられるようになりました
日本はますます高齢化が進み、介護が必要な高齢者が年々増加しています。要介護者の増加を少しでも抑制する政策が求められ、「要介護状態までにはいかないものの、家事や身の回りの支度などの日常生活に支援を必要とする状態」という軽度の高齢者が要介護状態にならないように、「介護予防」は今ますます注目されているのです。

ポイント2

予防が介護のありかたを変えます

高齢者が要介護状態になる原因としては、「高齢による衰弱」「膝や腰などの関節疾患」「転倒」「骨折」が上位をしめています。高齢者になると回復する力が衰え、体の機能も低下して動けなくなるおそれがあります。そればかりか心理的にも不安定になっていってしまします。
このような要介護状態になることを予防するためには、「体を動かす」ということはとても大切です。これまでの介護職員は介護状態になった高齢者をサポートすることがメインでしたが、これからは高齢者それぞれにあった運動プログラムを提案、実行して介護状態になることを予防していくことが重要になっています

ポイント3

活躍の場を選びません

介護予防の講座のほとんどに受講要件が必要です。医療や介護の現場で直接高齢者と向き合う仕事なので、安易な気持ちで取得できないからです。
この資格を取得することで、現在の専門職の知識にプラスして介護予防に関する専門知識があるとみなされるので、信頼度はとても大きくなります。
したがって活躍の場は多岐にわたり、就転職のアピールにはとても有利です。

(更新日2016.9.21)

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

「介護予防」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.