ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 「介護職員初任者研修」と「ホームヘルパー2級」 はなにが違う!?

「介護職員初任者研修」と「ホームヘルパー2級」 はなにが違う!?

Shoninsha Chigai
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

「ホームヘルパー2級」は2012年度に廃止され、2013年度からは「介護職員初任者研修」に移行されました。ここでは、2つの資格の違いについて見ていきたいと思います。

訪問介護の資格から施設でも評価される資格へ

旧ホームヘルパー2級は、もともとは訪問介護を行うにあたり必要な資格としてスタートしました。要介護認定を受けた高齢者や障がい者の家を訪問し、調理、入浴、排泄など、生活全般の介護サービスを提供することを前提とした資格です。

介護職員初任者研修は、介護職の基本的な知識と技術の習得においては旧ホームヘルパー2級と変わりません。ですが、在宅における介護と施設における介護の両方を想定した内容になりました。また、認知症に関する知識や理解についても重点が置かれるようになりました。

研修内容はここがちがう!

研修時間は130時間で同じですが、内訳が変更になりました。

旧ホームヘルパー2級 介護職員初任者研修
研修時間 130時間 130時間
講義時間 58時間 40時間
実技実習時間 42時間 90時間
施設実習時間 30時間 なし
修了試験 なし 筆記試験(1時間)
内容 おもに在宅サービスを念頭においた内容 在宅・施設を問わず共有できる内容

おもな変更点は3つあります。

  • 旧ホームヘルパー2級ではあった実際の施設での実習が、介護職員初任者研修ではなくなりました。
  • 介護職員初任者研修では、施設実習の代わりに生活支援のための実技実習時間が大幅に増えました。
  • 旧ホームヘルパー2級は全過程を修了することで資格を取得できましたが、介護職員初任者研修では全過程修了時に1時間の筆記試験が必須になりました。

介護職員初任者研修は将来のキャリアアップにつながります

旧ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修は上記のように違いはありますが、2013年4月1日以降、旧ホームヘルパー2級の取得者は介護職員初任者研修の修了者とみなされます。

2013年度の制度改正により、介護職のキャリアパスは介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士(仮)のように明確化されました。それにともない、将来的には介護福祉士の資格を取得することを想定し、介護職員初任者研修は、より専門的な知識と技術を習得する内容になりました

また、介護福祉士を受験する場合、実務者研修を取得しなければなりませんが、実務者研修には介護職員初任者研修を取得すると免除される科目もあります。

介護の基本的な知識と技術を学ぶことができ、将来のキャリアアップにもつながる介護職員初任者研修は、ぜひ取得しておきたい資格です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.