ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 介護職員初任者研修を受講するメリットとは?

介護職員初任者研修を受講するメリットとは?

  • 最短1ヶ月で資格取得をめざせる介護職員初任者研修
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護職員初任者研修を受講するか迷ったら

介護業界は無資格でも働けるということもあり、介護職員初任者研修を受講しようか迷う人もいるかもしれません。しかし、無資格で行える業務は多くありません。
ここでは受講のおすすめポイントや修了することで得られるメリットを紹介していきます。

介護職員初任者研修のおすすめポイント

①日本全国で通用する資格であり、年齢・性別を問わず誰でも受講できる

基本的に受講資格に制限はありません。受講者の年齢層は20代~40代が多いですが、50代や60代の受講者もいて、男女問わず人気の資格です。

②短期間で修了可能な介護入門資格

介護職員初任者研修の講座は完全通学よりも通学+通信(自宅学習)での開講が多いです。平均的な期間は通学可能日数が週4日であれば約1カ月、働きながら土日の週2日だけ通っても約2カ月程度で修了できます。通信(自宅学習)では3~5回のレポートを提出しますが、丁寧な添削でしっかり学べます。

③料金が実務者研修に比べて安く、給付金対応の講座もある

上位資格である実務者研修よりも受講時間や通学日数が少ないため受講料が安く済みます。クレジット払いや分割払い可とする講座も多く、中には条件を満たすことで職業訓練給付金として受講料の一部が返ってくる講座もあります。

④病欠などしても振替制度がある講座なら安心!

通学で受講する科目は、決められた日時に受講しなくてはなりませんが、どうしても受講できない日もあるでしょう。しかし多くのスクールでは振替制度があるので、急な用事や病気などで予定していた講義が受けられなくても他の日に受講が可能です。

⑤筆記試験の合格率ほぼ100%!

介護職員初任者研修ではすべての科目を修了すると最後に1時間程度の修了評価が義務付けられており、多くのスクールでは筆記試験として実施されます。これは理解度を確認するための試験なので学習が修了していればほとんどの人が合格できる内容です。もし不合格となっても補講等を行い、基準に達成するまで再評価を行ってくれるスクールが多いので、苦手な部分を学習し直すことができます。

求職中の人が受講するメリット

①就職サポートが充実している

修了後に就職先を紹介してくれるスクールや、直営施設に就業すると受講料がキャッシュバックされるスクールなどもあります。

②介護・福祉業界はもちろん、医療・サービス業界でも需要あり

高齢者が増えていることから求人は多くあり、修了後は介護・福祉施設や訪問介護事業所、病院などの保険医療機関などで活躍できます。またホテル・飲食店などのサービス業界でも介護の知識を持った人を求めており、旅行会社では介護が必要な人のために資格者が同行する介護旅行なども企画されています。

③働き方が自由に選べる

介護業界では特に求められる存在であり、正社員・パート・アルバイト・派遣社員・臨時スタッフなどさまざまな形態で働くことが可能です。そのため自分の生活スタイルに合った働き方を選ぶことができます。

介護職の人が受講するメリット

①実践的な知識や技術を再確認できる

介護の仕事をしているから無駄になるのでは?と考える人もいると思いますが、介護技術は日々進歩しています。また就業先の介護方法と最新の介護方法に違いがあることもあるので、受講することで新たな発見があるかもしれません。

②健康的に働く方法を学べる

骨格や関節、身体の仕組みについて学び、最小限の力で介助する技術を習得できるため介護者自身の身体に負担を与えない方法を学ぶことができます。長く働き続ける上では大切な知識や技術と言えます。

③やりがいやモチベーションのアップにつながる

通学講座では「介護者」や「要介護者」に分かれて学ぶ体験型のグループワークなどが行われます。また講師の貴重な体験談を聞くこともできます。同じ目標を持った仲間と関わることで自分を見つめ直すことができ、将来の目標設定をする良い機会となるでしょう。

④さらなるステップアップにつながる

介護職員初任者研修を修了していると実務者研修(ホームヘルパー1級相当)の受講時間が130時間免除されます。実務者研修を修了して3年以上の実務経験があれば介護福祉士試験を受験することができます。

その他の人が受講するメリット

①将来に役立つ知識や技術が学べる

介護職員初任者研修は介護資格の中では入門的な資格なので、事故や老化により家族に介護が必要となったときの備えとして受講する人も増えています。

②ボランティア活動に役立つ

地域のボランティアとして介護・福祉施設のレクリエーションに参加したり、自分の得意分野を生かしてイベントを企画する際にも介護職員初任者研修で学んだ「老化・認知症・障害の理解」や「介護におけるコミュニケーション技術」は役立つことでしょう。

介護職員初任者研修の受講には時間も費用もかかります。しかし修了することでさまざまなメリットがあるため、取得して損することはありません。少しでも気になったら無料で資料が取り寄せできるケア資格ナビをご利用ください。複数あるスクールの金額や特長などを一覧で比較&一括で資料請求ができます。あなたにぴったりの講座選びにご活用ください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.