ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 講座の選び方

介護職員初任者研修の講座情報 | 講座の選び方

  • 最短1ヶ月で資格取得をめざせる介護職員初任者研修
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護職員初任者研修の講座について

介護職員初任者研修の講座は、 厚生労働省に認可を受けた全国の教育機関(民間スクールなど)で開催されています。カリキュラムは全国共通で、どこで受講しても全国で通用する介護職員初任者研修の資格が取得できます。

受講制限は?

受講制限がなく誰でも受講できます。 介護職員初任者研修は、介護の仕事をするために必要な最低限の知識、技術、思考プロセスを身につけ、基本的な介護業務を行なえるようになるための研修です。介護の基礎資格とも言えます。

資格を得るためには?

厚生労働大臣が定めた基準に基づき、都道府県が指定した事業者が実施する 130時間の研修を受講します。

認定試験のようなものはありませんが、終了時に1時間程度の 筆記による修了試験 を行い、知識・技術の習得が十分でない場合は補講などを行なうことになります。

不合格者に対しては速やかな補講と再試験の実施が都道府県の指定要領に入っており、スクールも再試験対応を行なっているので、 万が一不合格でも心配することはありません。

介護職員初任者研修講座の選び方

介護職員初任者研修の講座はカリキュラムがどこでも同じということは、何をポイントに選べばよいのでしょうか。選ぶポイントは 受講料金、立地、受講期間、スクールの知名度・実績などが挙げられます。

受講料金で選ぶ

介護職員初任者研修の受講料金は10万円前後が一般的ですが、 スクールによって6万円~15万円と価格帯は幅広くなっています。この価格差はどこからきているのでしょうか。

初任者研修の受講スタイルは、130時間すべて通学で受講する完全通学制と一部(最大40.5時間分)を自宅学習で行う通信・通学併用制の2つの受講スタイルがありますが、 通学時間の少ない通信・通学併用制の方が受講料金が安い傾向があります。

また介護職員初任者研修は 完全通学制、通信・通学併用制問わずホームヘルパー2級よりも演習の時間が増えたため、(講師の方の人件費など)開講のためのコストも増えていると言えます。そのためヘルパー2級よりも受講料金も高くなっている傾向がありますが、スクールによっては新資格スタートの特別価格としてヘルパー2級と同程度の料金設定をしているスクールもあり、これも価格幅が大きい要因となっています。
受講料金を第一に選ぶ場合はこのような背景も考慮し、 スクールの開講実績(ホームヘルパー2級で開講していたスクールか)も確認するなどすると良いでしょう。

立地で選ぶ

介護職員初任者研修の通学日数は、通信・通学併用制の場合は15日間程度、完全通学制の場合は22日間程度です(スクールによって多少異なります)。いずれにしても 通学日数がある程度かかることから、通いやすさも選択のポイントにしたいものです。ニチイ学館や三幸福祉カレッジ、ソラストなど全国各地で開催している大手スクールと地域密着型のスクールの立地条件と各校の開催日程を確認して比較してみるのも良いでしょう。

受講期間で選ぶ

カリキュラムはどのスクールで受講しても同じですが、開講コースによって 受講期間は1カ月~4カ月まで幅があります
開講コースは、週に2~5日間通学し短期間で修了する短期集中コースや土日のみ開催するコース、夜間のみ開催するコースなど、 受講者のニーズに合わせて各校が様々なコースを用意しています。平日も通学可能でなるべく短期間で受講したい場合は、短期集中コースを選択すると良いでしょう。
例えば完全通学制の場合、通学日数は22日程度となので、週1日コースの場合は4カ月強かかる計算です。週5日コースであれば1カ月で修了します。
通信・通学併用制の場合は通学日数は16日になるので、通信学習の期間を除けば週3日コースで1カ月ほどで修了します。

スクールの知名度で選ぶ

ニチイ学館や三幸福祉カレッジなど全国各地で開催している大手スクールは知名度も高く、開講実績が豊富なため安心感があります。一方地域密着型のスクールでも医療・介護期間が母体となっていたり、地域の協力機関とのパイプが強く実績豊富なスクールが多くあります。このようなスクールは 就業相談を行なっていたり、資格取得後の就職状況を開示するなどしていることが多いので、資料を取り寄せて講座選びの参考にしてみましょう

職業訓練校を探す

介護職員初任者研修は 都道府県のハローワークが主催する職業訓練校で開催していることがあります。職業訓練校で受講すると受講料金は格安で受講することが可能です。しかし職業訓練は開催数がそれほど多くなく、募集人数も少ないため倍率が高く、さらに面接によって受講可否が決定します。特に介護分野は人気が高いので狭き門ですが、受講費用は安く抑えられるのでタイミングがあえば検討してみても良いでしょう。

(更新日2016.10.06)

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

「介護職員初任者研修」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.