ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 訪問ヘルパーの仕事。必要な資格とは?

訪問ヘルパーの仕事。必要な資格とは?

Home Carer
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

女性が活躍!訪問ヘルパーの仕事内容

訪問ヘルパーとは、「日常的な家事」が困難になった人々を支援するため、本人に代わって家事を行う人たちのことです。
全国で働いている訪問ヘルパーのうち、ほとんどの職員が女性です。家事全般に長けていること、同性介護を希望する女性客が多いこと、プライバシー面の安心感があることなどから、女性ヘルパーのニーズは極めて高くなっています。また、日頃の家事のスキルを生かしながら、自分にとっても役にたつ介護技術を身に付けることができるので、資格を取得して活躍する女性が増えています。

訪問ヘルパーができること

原則的には、日常生活に支障が生じる家事のうち、利用者本人に直接関わることのみを行います。

生活援助の1日(一例)

利用者の生活をサポートするため、調理や洗濯、清掃や整頓といった家事全般を行います。ホームヘルパーの仕事の中でも需要の多いサービスでもあり、親身になってサービス業務を行う姿勢が肝心です。

1.準備 1日に何軒かの家を訪問するので、1日の訪問リストに目を通して準備を整えます。
2.買い出し 利用者からお金を預かり、必要な食材や生活用品の買い出しをします。利用者と相談し、食べたいものをリサーチしてから献立を考えます。
3.薬の受け取り かかりつけ医師から処方された薬を、本人に代わって受け取ります。ただし、慢性の病気などですでに受診済みであること、前回と容態が変わらないことなどといった条件があります。
4.清掃 部屋・風呂・トイレ・台所の清掃や、ゴミ出しを行います。利用者によっては掃除方法が決まっていることがあるので、やり方を相談し許可を得てから行います。
5.洗濯 シーツ・衣類などの洗濯・取り込み・収納を行います。
6.調理 利用者の好みや健康状態に合わせて献立を考え、調理から配下膳までを行います。時には冷蔵庫の中身からメニューを編み出すこともあります。
7.帰宅 1件あたりおよそ60~90分程度の援助を行い、サービスが終了すると記録を残して終了です。

身体介護の1日(一例)

排泄・入浴・着脱の介助など、利用者の身辺介護を行います。生活援助よりも専門性が高く、利用者に怪我や怖い思いをさせないよう、高い介護技術が求められます。担当できる仕事が増えるだけでなく、事業所に支払われる介護報酬の単価も高いので、給料への上乗せが期待できます。

1.準備 訪問時間の10分前には利用者の居宅を訪問し、1日のサービスを説明します。
2.排泄介助 おむつ交換、またはトイレへの誘導、排泄介助、下半身の清拭や洗浄などを支援します。
3.清潔援助(1) 寝間着から洋服への着替え、洗顔や歯磨き、髪の手入れなどを行います。
4.食事介助 自力では困難な食事の介助、後片付けや食器洗いなどを行います。 また、投薬を必要としている利用者に対しては、必ず服薬の介助を行います。
5.外出介助 利用者が安全に通院・買い物・通所できるよう付き添います。この場合、福祉車両や介護タクシーへの乗り降りを介助したり、家を出て車に乗るまでは付き添えますが、病院や施設での介助は行いません。
6.清潔援助(2) 入浴や洗髪、または全身の清拭を行います。終わり次第、新しい衣服への着替えを行います。
7.帰社 1日の介護をすべて終えて帰社。サービス提供の記録を作成して、この日の業務は終了です。

医療行為について
これまでたん吸引などの医療行為は医師や看護師にしか許されていませんでした。しかし、介護職員であっても「たん吸引等研修」を受けて都道府県から認定証が交付されれば、医師の指示のもと看護師などと連携し、たん吸引などの提供を行うことが可能になっています。

訪問ヘルパーができないこと

訪問ヘルパーの仕事の範囲は、あくまでも利用者「本人」の日常的な家事に限ります。そのため、同居している家族の分の食事や洗濯などを、同時にサポートすることはできません。また、「非日常的な家事」(庭の手入れやペットの世話、家具の移動や大がかりな調理など)も、同様にサポートすることができないと決められています。※
※保険者(役所など)への確認を行い、認められれば本人以外のサポートを同時に行うことができる場合もあります。

訪問ヘルパーの働き方

今やほとんどの家庭が共働きとなり、子育てと仕事を両立させたい人が増えました。また、育児に一段落がつき、次なる仕事を求めている人もいます。
こうした幅広い世代の女性におすすめしたいのが、訪問介護事業所への登録です。訪問ヘルパーとして働ける曜日、時間を事前に申請できるので、希望する時間帯のみ仕事を受け持つことが可能になります

訪問介護事業所(ヘルパーステーション)とは?
訪問介護事業所とは、利用者の自宅にヘルパーを派遣して、訪問介護サービスを提供している事業所です。ここから訪問ヘルパーが利用者のもとへ派遣され、快適な生活が送れるよう支援します。

訪問介護事業所への登録の仕方

求人広告や求人雑誌、ハローワークなどに掲載されている、訪問介護事業所の登録要項に応募します。空き時間に余裕があれば、複数の事業所を掛け持ちして登録しても良いでしょう。いずれにせよ求人の数は多いので、なるべく長く働き続けるためにも、適切な職場環境・労働条件を選んで応募することが大切です。

訪問介護事業所の選び方

  1. 近距離にある事務所がベスト
    通勤するのに苦にならない距離が理想的です。
  2. 時給・換算方法・待遇などをチェック!
    事業所によって勤務時間の換算方法が異なるため、金額だけを見ていても正確な比較はできません。時給計算には移動時間が含まれているか、交通費は出るのかなどをチェックしましょう。
  3. 社員登用制度はあるか
    ヘルパーで正社員を目指している人は『実務者研修』を修了しておくと大変優遇されます。訪問介護事業所では「サービス提供責任者」が必置だからです。アルバイト・パートからスタートし、人柄や実力が認められて正社員として雇用されるケースが多いようです。

実務者研修についてはこちら >>

登録ヘルパー(非常勤)のメリットとデメリット

  • メリット:希望するスケジュールに応じて働くことができるので、家事や育児と両立できる
  • デメリット:出来高制で給料が支払われるので、多額のお金を稼ぎたい人には不向き

平均的な時給は1,000円~1,500円程度ですが、1件あたりの時間が短く、移動時間は時給に含まれないこともあるため、なるべく近いエリアで複数のシフトを組むと良いでしょう。

訪問ヘルパーとして働くには?

介護職員初任者研修資格を取得する

訪問介護は施設介護と異なり、基本的には1人で状況判断を行わなければならないので、介護の資格を取得していないと対応できません。これから訪問ヘルパーを目指す人は、まずは無資格でも取得できる『介護職員初任者研修』を修了してから、好条件の求人を探すことをおすすめします。

介護職員初任者研修についてはこちら >>

さらなるキャリアアップを図るためには

訪問介護事業所で管理業務を担う、サービス提供責任者を目指すと良いでしょう。そのためには、実務者研修や介護福祉士資格など、ワンランク上の資格を取得する必要があります。

サービス提供責任者として働く方にインタビューしました! >>


今後進行する高齢化社会に備え、医療費の削減を目指している日本。その具体的な政策のひとつが、在宅介護を推し進める動きです。実際、特別養護老人ホームの入所条件が厳しくなり、病院では入院患者数を減らす取り組みが始まりました。こうした「医療よりも介護、施設よりも在宅」の影響から、今後は訪問ヘルパーの需要も賃金も、拡大し続けることが予想されます。
これから引く手あまたになるであろうこの仕事。ぜひ早めに注目しておいてくださいね。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、
当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.