ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 介護資格が取得できるハローワークの制度ってどんなもの?

介護資格が取得できるハローワークの制度ってどんなもの?

  • 最短1ヶ月で資格取得をめざせる介護職員初任者研修
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ハローワークでは資格を取得できる制度があります

ハローワーク(公共職業安定所)は職業紹介事業などを行う機関で、厚生労働省が所管しています。1日の利用者数は約17万人(推計)で、非常に多くの人から利用されている機関です。

ハローワークには、希望する職種に就くために必要な技術や知識を学べる「ハロートレーニング」という公的制度があります。ハロートレーニングで取得できる資格には技術系・事務系などさまざまありますが、介護職を希望する人向けには介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士の講座が用意されています

しかしハローワークで実施されている資格取得講座はハローワークに求職申し込みをして、講座開始時に無職である人が対象です。専業主婦は対象となりますが、自営業、会社員や派遣社員など仕事をしている人は受講できないため、民間のスクールを利用しましょう。

ハローワークで資格を取得するメリット・デメリット

ハローワークで介護資格を取得するメリットは講座の受講料が無料のためスクールより安く受講できるという点です。また訓練中は通所手当(交通費)や寄宿手当の他に、雇用保険受給資格者であれば基本手当と受講手当、ハローワークが定める特定求職者の条件を満たす人には職業訓練受講給付金(月10万円)が支給されるため、資格取得にかかる費用を抑えることができます。

これらの点に魅力を感じて、ハローワークでの受講を考える人も多くなっていますが、ハローワークの資格取得講座にはいくつかのデメリットも存在しています。

1)募集定員には限りがある!

講座は募集人数(定員)が決まっており、募集人数・応募者数はコースによって異なります。また応募者数が募集人数に満たないなど、応募状況によって開講中止することがあるため、必ずしも希望講座を受講できるとは限りません。

2)すぐに受講をスタートできるとは限らない!

ハローワークの講座は、常に募集が行われているわけではありません。募集は地域によって年間の開講回数にばらつきがあり、募集していない地域もあるので注意が必要です。また募集時期の2~3カ月後に受講開始となるため、すぐに資格を取りたい!という人には向いていません。また受講するコースによっては書類選考・筆記試験・作文・面接などが行われるため、準備や手間がかかります。

3)受講スケジュールが厳しい!

ハローワークの講座の授業は、多くの場合、平日朝9時頃から16時頃まで、週5日の体制で組まれます。病気やけがなどによる、やむを得ない理由でない限り休むことができず、出欠席のチェックは厳しく行われます。また基本的に振替はできず、補講などを受けられたとしても科目ごとや時間ごとに料金が発生することがあります。
出席管理は 1 時限単位で行われ、遅刻・早退・欠課があった場合はその1時限が「欠席」となります。半数以上の時限に出席した場合は「1/2日出席」、半数未満の時限にしか出席しなかった場合やすべての時限を欠席した場合は「1日欠席」となります。

4)テキスト代などは実費負担!

講座の受講料は無料ですが、各コースには自己負担額(テキスト代など)が設定されています。自己負担額は自治体および提携先のスクールによって異なりますが、初任者研修であれば5,000円~15,000円前後です。その他職場体験・職場見学・企業実習における交通費、欠席による補講費用などが発生した場合には各自の実費負担となります。「すべて無料で資格が取れるわけではない」ということは認識しておきましょう。

介護職員初任者研修をスクールで受講する利点

ハローワークより融通が利く

ハローワークで実施される介護職員初任者研修の講座は「定員が限られている」「募集時期が自治体によってばらつきがある」など、自分の希望に合う講座を受講することは難しく、最近はスクールの「資格取得講座」を選ぶ人が増えています。

ハローワークの求職者支援制度を利用した場合には、平日の朝から夕方まで受講しながら、月に一度、決められた日にハローワークに行かなければならず、スケジュール調整も大変です。

「介護職員初任者研修」のカリキュラムは「講義」と「演習」で構成され、民間スクールでは通学学習と通信学習を組み合わせた通信講座が多く開講されています。この通信講座は「講義」の一部を通信学習(自宅学習)で学ぶことができるため、通学時間の短縮が可能です。また夜間や週末に受講できる講座もあるため働きながらでも通うことができ、受講にあたっての筆記試験や面接などもありません

ハローワークより金額はかかるが、メリットは多い

「スクールの講座はハローワークに比べてお金がかかるのでは」と心配する人もいますが、介護職員初任者研修は介護の資格の中でも比較的安価で受講できます。対象者であれば教育訓練給付金制度を利用できる講座を受講することで最大10万円が返ってきます。
ハローワークと比較すると出費は増えますが「自分の時間に合わせて勉強ができる」「すぐに受講がスタートできる」「最短1カ月程度で修了できる」など、それを上回るメリットもたくさんあります。

「思い立ったが吉日」という言葉がありますが、資格の取得についても「取得しよう!」と思ってすぐにスタートした方が、熱意や集中力も持続しやすいものです。

ハローワークもひとつの選択肢ではありますが、スクールも視野に入れて講座選びをした方が、きっと資格取得への近道となるはずです。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.