ケア資格ナビ> 介護職員初任者研修ガイド> 介護職員初任者研修のカリキュラムを知りたい

介護職員初任者研修のカリキュラムを知りたい

  • 最短1ヶ月で資格取得をめざせる介護職員初任者研修
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護職員初任者研修のカリキュラム構成

初任者研修のカリキュラムは、全10科目。授業は講義+演習で構成されています。

講義で学ぶもの

  • 業務に必要な知識と方法
  • 家事援助に関する知識と方法
  • 被保険者など、高齢者との接し方
  • 社会福祉制度 など

演習で学ぶもの

  • 高齢者の移動・食事・入浴など
  • 基本的な介護技術 など

また、通信学習で学習できる時間が科目ごとに限られています。(下表参考)

科目 通信形式で実施できる上限時間 合計時間
1. 職務の理解 * 6時間
2. 介護における尊厳の保持・自立支援 7.5時間 9時間
3. 介護の基本 3時間 6時間
4. 介護・福祉サービスの理解と医療の連携 7.5時間 9時間
5. 介護におけるコミュニケーション技術 3時間 6時間
6. 老化の理解 3時間 6時間
7. 認知症の理解 3時間 6時間
8. 障害の理解 1.5時間 3時間
9. こころとからだのしくみと生活支援技術 12時間 75時間
10. 振り返り * 4時間
合計 40.5時間 130時間

* 通信形式で受講ができない科目は「-」としています。

各科目で学ぶ内容について

カリキュラムの内容を科目ごとに確認してみましょう。

1.職務の理解(6時間)
これから研修をするにあたって、より具体的なイメージを持って実践的に研修に取り組めるよう、まずは介護の種類やサービスの分類、実際に働く施設や職務内容などについて学び、介護職がどのような仕事かを理解していきます。

2.介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
介護サービスを利用する側である高齢者・障害がある人の「人権」と「尊厳」について学習します。また、サービス利用者の能力に応じた「自立支援」や、「介護予防」という考え方に基づいたケアについても学んでいきます。

3.介護の基本(6時間)
介護職に求められる「専門性」と「職業倫理」、また事故や感染などの介護における主要なリスクを予防するための知識や、介護に係る他の職種との連携の重要性など、介護の基本的な理念を学びます。

4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携(9時間)
「介護保険制度」や「障害者自立支援制度」などの制度の目的やその仕組みなどについて学習します。また、医療との連携やリハビリテーションについても学んでいきます。

5.介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
サービス利用者一人ひとりのコミュニケーション能力の違いの理解と配慮、利用者の家族とのコミュニケーション、また職場における情報共有など、コミュニケーションの重要性について学びます。

6.老化の理解(6時間)
加齢や老化によるこころとからだの変化や日常生活への影響について学習します。また、それに伴う高齢者の疾病と生活上の留意点についても学んでいきます。

7.認知症の理解(6時間)
「認知症ケア」の理念や、認知症についての医学的な基礎知識などを学び、認知症の利用者を介護する時の判断の基準となる原則を理解していきます。

8.障害の理解(3時間)
障害を持つ人とその家族の心理や「かかわり支援」について、また障害者福祉の基本的な考え方などを学び、「介護における障害」についての理解を深めていきます。

9.こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)
介護に関するこころとからだのしくみの基礎と、生活支援技術について学びます。 生活支援技術については、実際に「車いすの介助」や「体位変換」、「入浴介助」などの技術を、受講者同士がサービス提供者と利用者の立場になり演習を行って学習していきます。

10.振り返り(4時間)
上記9つのカリキュラムを終えると、最後に「10.振り返り(4時間)」の講座があります。これは今までのカリキュラムの総復習、まとめとなる講座です。加えて、介護職として就職するにあたっての備えなども教わります。

ホームヘルパー2級と比較。カリキュラム内容の変更点とは?

「介護職員初任者研修」とは、2013年度から施行された資格で、従来の「ホームヘルパー2級」に相当する介護資格となっています。単純に名称が変わったというだけではなく、資格取得のためのカリキュラム内容にも変更点があります。

「認知症の理解」と「障害の理解」が追加されました

日本社会では65歳以上の高齢者の15%以上が認知症患者であり、更にこの数の増加が見込まれています。介護職として働く上で「認知症」への理解と学習の重要性がより高まっているため、カリキュラムに「認知症の理解(6時間)」が追加されました。

また障害者支援や障害福祉サービスの更なる充実が望まれている現在、介護・福祉に関わる有資格者達の「障害がある人へのより深い理解」が必要とされてきたため、学習内容に「障害の理解(3時間)」が増やされました。

通信学習可能時間が大幅に削減

カリキュラムの変更点として、130時間のうち「通信講座」で学習可能な講座の比率変更が行われている点も重要です。

「ホームヘルパー2級」でも「介護職員初任者研修」でも、カリキュラムの中の「テキストによる座学」の多くは「通信講座」での学習が可能となっています。

ただし「ホームヘルパー2級」での通信講座による最大学習可能時間が52時間であったのに対し、「介護職員初任者研修」では最大でも40.5時間となり、その分スクーリング(通学)で学ぶ時間が、12時間近く従来より多く配分されることになります。

難易度が上がった?

働きながら資格取得をしたい人や、通学する時間をできるだけおさえたい人の場合、通信講座の比率が下がったというのは少々難点に感じられるかもしれません。しかし、 資格取得のための難易度についてはむしろ低下しているという意見もあります。

「ホームヘルパー2級」では、受講者同士での介護技術実践演習が42時間あるのに加えて、高齢者施設などに実際に赴いての「実習」が30時間義務付けられていました。

ところが「介護職員初任者研修」では、この「実習」が全廃。食事・入浴・移動などの介助技術については、全て「受講者同士による実技演習のみ」という講座内容に変更されています。

「施設での実習」がなくなったということで、資格取得のための受講負担は軽減されたと言えるのではないでしょうか。なお、就職前に「より実践的な技術」を習得しておきたいという人に対しては、希望者のみを対象とした追加講習として「実習」を行っている講座もあります。

介護職員初任者研修の到達目標とは?

「到達目標」とは、 「この資格を取得した人は、ここまでのことができますよ」という指針のこと。「介護職員初任者研修」は厚生労働省の定める資格なので、同省がガイドラインにより、一定の到達目標を設けています。内容は全11項目に渡りますが、簡単にまとめると以下の3つになります。

  • 基本介護のための「最低限の技術」を有し、介護の実践にあたり正確な知識や技術が要ることを理解している
  • 介護職の役割や職業倫理、やってはいけないこと、介護・福祉制度の基礎を理解している
  • 利用者とのコミュニケーションや相手への共感、同時にチームとして一緒に働く人達や他業種との連携の重要性を理解している

さらに簡素に言えば 「介護・福祉の基礎部分を学習できている」というのが到達目標ということになります。同ガイドラインでは上記の目標について「概略を理解し説明できるレベル」が理想としています。

全カリキュラムを修了後、筆記試験に合格すると、介護の基礎学習・技術を習得した「有資格者」となり、介護ヘルパーとしての勤務ができるようになります。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護職員初任者研修>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職員初任者研修ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.