ケア資格ナビ> 心理カウンセラーガイド

心理カウンセラーとは?

  • 現代社会になくてはならない心の専門家 心理カウンセラー
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

心理カウンセラーはこんな資格

こんな資格

「こころ」のケアをする仕事

心理カウンセラーは悩みを抱えている人の話を聞き、その悩みの解決に至るまでを援助し、導いていくことが主な仕事です。ストレス社会と言われる現代では、なくてはならない職業で心の健康が重要視されるようになった近年、とても注目されている職業です。
心理学や医学的に解明されている脳の働きなどの知識を利用してクライアントをケア・サポートしていきます。もちろん、カウンセリングの知識を身に付けて、自分や家族に役立てることもできます。

こんな職場

幅広い分野で活躍できる

心理カウンセラーとして活躍できる場所は医療施設はもちろん、学校や企業、介護施設、自治体と豊富です。もちろん開業して自分でカウンセリングを行うこともできます。心理的支援が必要と思われる分野なら、どのような場所でも活躍できることでしょう

将来性は?

なぜ心理カウンセラーが今、必要なのか

現代社会は電子機器を用いる機会が増え、人と人とのコミュニケーションを持たなくても、ある程度のことが満たされてしまう世の中となっています。スマートフォンなどの出現により、人間関係も複雑化しています。子どもたちの社会では、ツールなくしてはコミュニケーションが図れないといったことも増えており、それは年齢が高まるにつれて、深刻な傾向が見られます。子どもたちの人間関係の複雑化は、食欲減退・不眠などを引き起こしてしまい、ひいては不登校へとつながってしまうこともあります。

一方、企業などに属した社会人においても「上司の指示が多く仕事が終わらない」「同僚との人間関係が上手くいかない」「仕事内容が自分のできる範囲を超えている」などの問題を抱え、子どもたち同様、食欲減退・不眠などを起こし、うつ状態になってしまう人が増加しています。
このような現代日本の中では今、専属としてカウンセリングを行う心理カウンセラーが求められています

取るなら今!需要が急増?!

ストレスチェック義務化とは?

ストレス社会と言われる現在、労働者のメンタルヘルスが深刻な問題と化しています。職場におけるメンタルヘルス対策として、従業員数50人以上の全ての事業場にストレスチェックの実施を義務付ける「ストレスチェック義務化」が2015年12月に施行されました。
これに伴い、今後ますます心理カウンセラーの需要が高まることが見込まれます。

ストレスチェック義務化について詳しくはこちら>>

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

心理カウンセラーの資格を取得するには

取得方法

心理カウンセラーは認定資格になります。大学の心理学部などで学ぶ方法もありますが、養成する講座を受講し、認定試験に合格することで取得できる資格もあります。各認定団体により異なります。

受講内容

話の聞き方などコミュニケーションスキル、各種カウンセリングの技法、心のプロセスの知識など。

受講資格

受講資格は特にありません。
どなたでも受講することができます。

受講期間

コースによって異なりますが、
通信の場合3~6カ月
通学の場合1~6カ月程度です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

きちんと知っておこう!心理カウンセラーについて

ポイント1

聞き上手に最適のお仕事

心理カウンセラーに求められることは、心に悩みを抱えている人の話を聞き、不安を取り除くサポートをすることです。治療行為は行いません。相手を観察して客観的に分析し、心のケアを行います。相手から話をじっくりと聞き出し、気持ちによりそうことが必要です。適度な距離を保ち、冷静な判断ができる人物が良いでしょう。

ポイント2

目的に合った講座・スクールを探す

心理カウンセラーには養成するスクールが認定する資格、日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士、民間団体が主催となる資格など、心理カウンセラーと呼ばれる資格はたくさんあります。
人気の職業ですので、今後はますます心理カウンセラーの資格取得者のニーズは広まり、就職・転職する場合には重視されていくことでしょう。
一口に心理カウンセラーと言ってもスクールやコースによって取得できる資格は異なるので、自分がどんな心理カウンセラーになりたいのかを決め、必要な知識が学べる講座を選びましょう

講座選びに悩んだら…目的別のおすすめ講座をチェック!

カウンセラーとして働きたい!

企業内カウンセラー、講師、検定対策講座のインストラクター
EAPメンタルヘルスカウンセラー講座一覧へ
メンタルヘルス・マネジメント検定講座一覧へ
日本応用カウンセリング審議会認定 心理カウンセラー講座一覧へ
カウンセリング業として独立したり、相談室を開業したい
メンタルケア心理士講座一覧へ
メンタルケアカウンセラー講座一覧へ
メンタルケア心理専門士講座一覧へ

行政や教育、介護、医療療系の職場で活かしたい!

行政機関、教育関係機関の相談員
EAPメンタルヘルスカウンセラー講座一覧へ
メンタルケア心理専門士講座一覧へ
日本応用カウンセリング審議会認定 心理カウンセラー講座一覧へ
教育関係機関、介護・看護・医療関係
全心連認定プロフェッショナル 心理カウンセラー講座一覧へ

専門家でなくても今の職場やプライベートに役立てたい!

総務部・人事部といった部署や管理職
日本カウンセリング普及協会認定 心理カウンセラー講座一覧へ
人を癒やすこと、家族や自分のこと
医療心理学協会認定 初級心理カウンセラー講座一覧へ

ポイント3

通学と通信の2種類から選択

スクールの受講スタイルには通学と通信教育があります。
通学タイプのスクールはカウンセリングに興味を持った人を対象とした入門コースから、より深く学習し、プロを目指すコースまであります。直接講師から学ぶことができるので、実践を含め必要な知識が学べます。実際にカウンセリングの実習を行う講座も多くあります。スクールの認定を目指し、しっかり勉強したい方にオススメです。
通信教育タイプのスクールは、学校に通う時間がなく自分のペースで心理やカウンセリングの知識を学びたい方にオススメです。レポートなどで実習と代替できる講座もあります。
自分の目的に合ったスクールを探しましょう。

心理カウンセラーに関するギモンにお答えします。

心理学を勉強したことがないので不安です。
ご安心下さい。心理学の基礎や実際にあったケースを取り上げての学習、
カウンセリング実習のある講座など、希望に合ったスクールがあります。
心理カウンセラーとして仕事をするなら資格は必要ですか?
資格があるとクライアントの信頼感や安心感が違います。
またスクールでの学習により、心理カウンセラーとしての技量が高まります。
どのような目的で受講する方が多いですか?
以下のような理由で始められる方が多いです。
  • 家族・友人・同僚のため
    心の悩みを抱えている身近な方のために、何か力になりたい!と学び始める方。
  • 自分のため
    ストレスケア、職場や家庭での人間関係やコミュニケーションを円滑にしたいなど、
    自分自身のために始める方。
  • 仕事のスキルアップのため
    介護や医療、販売、学校の先生、営業職、管理職など・・・
    人と関わることの多い方が、スキルアップのために。
  • 目指しているため
    ずばり「心理カウンセラー」になりたい! という方。

(更新日2016/8/25)

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

「心理カウンセラー」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーガイド

特集記事

新着記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.